FX初心者をターゲットにする詐欺には充分注意してほしい

初心者を狙う罠

FXに限らず人間の欲を追求する投資やギャンブルは詐欺の宝庫だといえます。とくに知識のない初心者は、このような甘い罠に引っかからないようにしてもらいたいものです。詐欺の誘惑にのってしまうと大きな損害を被ることがあるばかりか、二度と立ち直れないような状況に陥るケースもありますから、充分に注意しましょう。

海外FX会社の誘惑

日本国内のFX会社は「レバレッジは25倍まで」と法律で制限されています。しかし海外のFX会社はレバレッジが高いものもあり、100倍とか200倍といった刺激的な設定がされているケースがあります。そのほか日本の業者にはないボーナスがあるなど魅力的なのですが、相手が信頼できる業者かどうかの判断ができないので、慎重にならなければなりません。

なかには、取引で発生した利益を引き出そうとしても出金できないというトラブルもあるそうです。相手との接点はネット空間だけなので、トラブルが発生しても誰も対応してくれず、最終的には泣き寝入りするしかありません。国内のFX会社は金融庁の許可を得て運営をしているので、同様のトラブルについてはほとんど考えられません。

初心者は必ず信頼できる国内大手FX会社と取引するようにしてください。

自動売買システムにも有害なものがある

ネット検索では、自動売買システムを無数に目にします。

これらのシステムは、ほとんどがテクニカル分析を利用したものです。いくつかの指標を使ってトレンド分析をするソフトなのですが、基本的には、指標を人間が見るか機械が見るのかの違いだけです。人間は24時間観察することができないので、うまく使いこなせば頼りになるソフトですが万能ではありません。したがって盲目的に信じてトレードを機械任せにしてしまうのは厳禁です。

まず、販売されているソフトにどんな指標が組み込まれているのかを確認できないシステムは購入しないほうがいいでしょう。エビデンスが掲載されている広告についても、偽造であることがほとんどです。むしろエビデンスを掲載すること自体が怪しいと疑ったほうがいいでしょう。よもや「一週間で100万円が1億円に!」といった煽り広告に騙される人はいないと思いますが、絶大な効果を謳った異常に高額なシステムについては要注意です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP