インジケーターの種類と基本的な活用法を学ぶことで見えてくること

テクニカル編

インジケーターとは、為替レートのデータをさまざまなテクニカル指標をもとに加工して売買の判定に利用しようというツールです。インジケーターの種類は無数にあるといっていいですが、考え方としては「トレンド系」「オシレーター系」の2つの流れがあり、いずれもテクニカル指標によるものです。トレンド系、オシレーター系それぞれに相場の動向に関する考え方に特徴があり、どちらが正しいとはいえません。

インジケーターの種類

トレンド系インジケーター

トレンドとは為替が動く状態をいい、レンド系インジケーターはその大きな値動きを捉えてディールするタイプのツールです。トレンド系ツールは、大きな為替に流れに乗れば大きな利益を得られますがリスクも大きい傾向があります。トレンド系インジケーターには「一目均衡表」「移動平均線」「ボリンジャーバンド」などが知られています。

オシレーター系インジケーター

オシレーターとは「買われすぎ」「売られすぎ」の状況を発見するシステムです。相場は上下したのち、ずれそれぞれ適正な状態に向かうため、その適正化に向かう動きによって売買タイミングを察知するツールがオシレーター系インジケーターです。オシレーター系では、MACDやRSI、ストキャスティクスが知られています。

インジケーターの予測には限界がある

どんなインジケーターでも、そのもとになるテクニカル分析が過去の相場から未来を予測するという性質をもっている以上、あくまでも予測であって、その精度にも限界があることは知っておきましょう。

結局いずれのインジケーターにもそれぞれ強味弱みがあるため、複数のインジケーターを組み合わせて使うことも有効だという考え方も成立します。ただし、あまりに多くの指標を参考にすると選択に迷ってしまうこともあるので、注意したいところです。

インジケーターの正しい使い方

インジケーターは有能だが万能ではありません。くれぐれもインターネットに出回っている高額なインジケーターには投資しないようにしてください。中身がブラックボックスの怪しげなツールに大事な資金を預けるのは得策ではありません。

大切なのは、自分の得意とするテクニカル分析をみつけることで、それに合致したインジケーターを採用してじっくり研究することが重要だと思います。もっとも、初心者の場合は複雑な検討作業は難しいと思いますので、最初は多くのトレーダーが利用しているインジケーターを使ってみてください。興味があればそのほかのツールを取り入れて、最終的に複数組み合わせてみるといいでしょう。

複数のツールを組み合わせる場合は、2種類のインジケーターにしぼって利用することが肝心です。たとえば、トレンド系インジケーターの代表格であるボリンジャーバンドと、オシレーター系のストキャスティクスの組み合わせがおススメです。あたらしいインジケーターを試す場合はデモトレードで試してみて操作に慣れてから実戦に投入すべきです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP