システムリスクに対処するために複数のルートを確保しておく

FXの基礎編

FXはインターネットを通じて取引をおこないます。FX業者の取引システムのエラーで取引ができないというケースはまれですが、絶対というわけではありません。一方で自分が取引に利用しているPCやスマホが急に壊れて取引できないというケースはときどき見られます。そのほか、天災などによる障害やシステム回線の故障によって注文が出せない場合もあります。

PCなどの取引ツールの不調で売り買いができなくてもすべて自己責任ですから、誰も保証してくれません。

システム回線障害で補償は受けられない

 

回線障害によってネット配信会社から補償を受けることはできません回線が切れて売買のタイミングを逃したとしても「回線が途切れて損切りが遅れた。どうしてくれる!」などというクレームが通じないのは当然です。FX業者のシステムトラブルであっても、損失の内容が断定できないので、損害賠償は難しいと考えた方がいいと思います。

システムトラブルはすべて自己責任だということを知っておきましょう。

複数の取引ルートを確保しておこう

自分が取引に利用しているPCやスマホが急に壊れて取引できなくなる事故が発生する可能性もあるでしょう。自分の取引ツールの不調に関しては、PCとスマホ、どちらからでも取引ができるようにしておくことが重要です。

FX業者のシステムトラブルに関しては、複数の業者に口座をもってトレードできるようにじゅんびしておくなどの対策を取っておくことが有効です。売買のタイミング遅れで一番怖いのはロスカットを食らってしまうリスクです。したがって、すべての取り引きにおいて、かならずロスカット注文を事前に入れ、もし取引ができない状況で相場が動いても損失を限定しておくことが大事です。

PCやスマホの不調のほか、誤作動によってユーザーに損失が生じた場合も、ユーザーがすべての責任を負うことになります。事故対策としては、普段からPC、スマホの両方で取引をして操作に慣れておくことが肝心です。もしものときは慌てずに対処できるようにトレーニングしておきましょう。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP