FXで稼いだお金は課税対象になることを知っておこう 

FXの基礎編

FXで一定の利益を得た場合には確定申告して税金を支払わなければなりません。具体的には、所得税と住民税などの課税対象となります。サラリーマンと主婦やフリーランスの場合、それぞれ扱いが異なるので注意が必要です。

今回はFXの収益に対する課税に関して、具体的に仕組みを説明します。

サラリーマンの場合

本来、給与所得者で年収2000万円以下の場合は、勤務先が本人に代行して、年末調整をおこないます。年末調整では、源泉徴収済みの金額(前年に想定した納税額)と本来治めるべき納税額の差額が精算されるので、確定申告する必要はありません。しかし、給与所得や退職金以外に、FXなどで利益を得た収入の合計が年間で20万円を超えると、個人で確定申請をしなければなりません。

ちなみに、元々、年収2000万円以上の高給取りはすでに確定申告していますし、給料以外に20万円以上の雑所得のあるサラリーマンは、すでに確定申告をしています。したがってこれらの人たちがあらたにFXをおこなって損益が発生した場合は、FXによる損益をこれまでおこなってきた確定申告に加えて申告することになります。

FX収益が課税対象になる仕組み

少し専門的な用語ですが、税法上FXによる収入は、年金や原稿料などと同じカテゴリー(雑所得)に分類され、「申告分離課税」の対象になります。FXの利益が年間20万円以下であれば確定申告をする必要はないのですが、FXによる利益が少なかった年や損失が出た年にもかならず確定申告をしておくべきです。

具体的には、確定申告で損失繰越と損益通算の手続きもおこなうことになります。株式の場合は、特定口座という口座を申し込み、源泉徴収ありに設定すれば確定申告をせずに源泉徴収によって納税することが可能ですが、FXには特定口座制度がないので、確定申告をしなければならないのです。

FXの収益は「(売買収益+スワップ収益)-(必要経費)」という計算式で決まり、この母数に税率を掛けて税額が決定します。

必要経費には、売買手数料やセミナー参加費、関連書籍購入代などが含まれますが、このほか、取引のために購入したPCやスマホも経費として認められるようです。FXの必要経費については定説がないようなので、申告できるかどうか迷った場合は、お近くの税務署に尋ねられるとよいと思います。

FXの収益に対する税率は以下の計算によります。

20%(所得税15%+住民税5%)+0.315%(復興特別所得税)=20.315%

ちなみに復興特別所得税は2013年から25年間の期間限定で導入されているので、2037年以降は20%になります。

FX収益の節税方法

FXでは繰延控除と損益通算というルールを活用すれば、上手に節税することができます。損失を確定申告しておくと、3年以内は利益が出た年に相殺することができます。これを繰延控除といいます。

たとえば開始1年目と2年目が赤字で、3年目に黒字になった場合は、3年目の黒字を過去年分の赤字で相殺して、課税対象から除外することができるというわけです。繰延控除を適用するためには、かならず3年連続で確定申告をしなければならないので注意してください。

また、FXの課税対象額は、ほかの金融商品の収益と合算して申告することもできます。合算できるのはデリバティブ取引とよばれる金融商品で、CFD、日経225先物、商品先物、バイナリーオプションなどです。

面倒だからといってFXの収入を申告しないと、追徴課税されたりして面倒なことになるかもしれません。ちゃんと納税すると同時に、税金の仕組みをうまくつかって節税してください。

主婦やフリーランスの場合

サラリーマンのFXトレーダーを例にとって税金の仕組みを説明しましたが、専業主婦やフリーランスの人の場合は少し基準が異なります。専業主婦やフリーランスの人たちが、FXによる収入によって所得の合計額が38万円以上になれば課税申告が必要です。専業主婦の場合には、配偶者控除という仕組みがあります。専業主婦の所得が38万円を超えるとご主人の配偶者控除から外れることになるので注意が必要です。

ここでいう「所得」は「収入」から経費を差し引いた金額(利益)のことです。したがって、配偶者控除から外れないためには上手に経費を使いこなして、所得を抑える工夫をしてください。

パート主婦の103万円の壁と130万円の壁

また、パート主婦の場合は、いわゆる「103万円の壁」があります。パート収入が103万円の場合、給与所得控除(65万円)を差し引くと、所得が38万円になるわけです。

さらに「130万円の壁」もあります。こちらは、健康保険や厚生年金などの扶養に入るための収入の限度額です。これを超えると個人事業主とみなされて、自分で社会保険料を納めなければならず、社会保険と厚生年金の合計で年間20~30万円も負担がましてしまいます。こちらの130万円という数字は、103万円の基準である「所得」ではなく、「収入」なので注意してください。

もちろん、FXによる収入が大きくなればこのような心配はしなくてもいいわけですが、くれぐれも一か八かのギャンブルにならないように、FXと上手に付き合っていきたいものですね。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP