自動売買システムの多用は「諸刃の剣」になる危険性がある

FXの基礎編

自動売買システムはトレーダーが直接売買をしなくとも、自動的にトレードしてくれるシステムです。FX会社が独自に運用しているシステムのほか、インターネット上でもいろんな種類のシステムが出回っています。

自動売買システムは使い方によっては頼りになる

これらの自動売買システムは、トレーダーが事前に設定した条件にあわせて売り買いをおこないます。FXの市場は24時間動いています。普通の人は一日中PCの前に張り付いているわけにはいかないですが、システムは人間の都合に関係なく決められたルールに従って自動的に稼働してくれます。市場は24時間動いているので、トレーダーにとって自動売買システムはチャンスを逃がさないための有力なツールになり得ます。したがって、上手に活用すればサラリーマンや初心者にとって頼りになるツールとなる可能性があります。

自動売買システム頼みのトレードには限界がある

ただし経験上、販売されているソフトについてその機能が明確に示されているものは少ないと感じています。ユーザーが決めた基準にしたがって為替の上下にあわせて売買する、いたってシンプルな構造のように思えるのですが、機種ごとにプラスアルファの機能が準備されているほか、機械ゆえの限界もあります。

なぜなら自動売買ツールは複雑な取引を実現することが難しく、市場が急変した場合に臨機応変に対応することができない欠点があるからです。

ただし自動売買システムは万能ではない

FX会社が運用している無料の自動売買ツールのほかに有料のものもあり、ネットでは怪しげなツールも無数に出回っています。

ロシアの会社が開発した「MT4」という有名なFX取引のプラットフォームは、無数のテクニカル指標を表示しています。MT4には世界中のシステム開発者が制作したオリジナルのテクニカル指標が公開されていて、それらを自由にインストールして使用することもできます。MT4の機能を用いて独自のEAを作成することも可能です。日本国内で流通している自動売買システムの多くが、MT4から派生したものだといわれていて、自身でオリジナルの自動売買システムを制作しているトレーダーもいるようです。

どの自動売買システムも機能性には一長一短があります。当然ながら完璧といえるシステムは存在しないので、このことを理解したうえでシステムを導入すべきかどうかを決めるべきだと思います。そしてなにより、システムの中身がブラックボックスになっているものには手を出さないようにしたいものです。システムの不備や限界で負けても、その結果はトレーダーが負うことになるわけですから。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP