Pips(ピップス)という単位に早くから慣れておく必要がある

テクニカル編

「Pips(ピップス)」とはFX取引で使用される単位で、「通貨単位の1%」あるいは「値動きの最小単位」を示し、通貨ペアのスプレッドの計算や売買によって生じる損益計算に用いられます。FXにおいて頻繁に使用される指標なので、最初に慣れておく必要があります。

米ドル円の場合⇒日本円の日本円の最小単位1円の1%なので、1ピップス=0.01円
ユーロ米ドルの場合⇒最小単位1ドルの1%なので、1ピップス=0.0001ドル

それでは、実際にピップスがどのように表現されているのかを見てみましょう。

ユーロ米ドルの通貨ペアでは、かりに為替が1.1600から1.1601に変動した場合は1ピップス変動したことになります。米ドル円の通貨ペアをみてみると、120.00から120.01の上昇は1ピップスの変動に相当します。

FXの世界で通貨単位ではなくピップスによる表示が普及している理由は、ピップスを利用することによって投資効率を見やすくすることができる点にあります。たとえば、証拠金100万円で100ピップスの利幅で稼いだ人と、証拠金1億円で1ピップスの利幅で稼いだ人がいるとすると、利益は同じ100万円ですが、前者は少額の証拠金で大きな利益を出しており投資効率がよいと判断されるわけです。ここまでのところで、なんとなく理解はできましたか? まだ難しいですよね。

計算が苦手な人の場合は「100ピップスの利益」=1円と覚えておくと便利です。これに1000とか1万など通貨単位を掛けると利益の実数が出ます。

理解を深めるためにもうひとつ例題を解いてみましょう。たとえば米ドル円の通貨ペアで「1万ドルで30ピップスの利益」のケースは実額でいくらの利益になるでしょうか?

このときの計算式は「30ピップス=0.3円なので、0.3円×1万(ドル)」となって、答えは「3000円の利益」となります。実際にトレードに慣れてくるとピップスについても自然に理解が深まるので、現時点ではあまり心配することはありませんが、永遠に理解しないままトレードを続けていくのはご法度です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP