為替の値動きを予測するためにテクニカル分析の基礎を学習しよう

テクニカル編

今回は為替の値動きを予測するための手法である「テクニカル分析」について解説します。少し専門的な内容も含まれますので、詳しく説明すると混乱してしまうかもしれません。したがって、ここではおおまかな仕組みを理解していただければと思います。

テクニカル分析とファンダメンタル分析

現在為替を予測するための手法として2つの分析方法が知られていいます。それがテクニカル分析とファンダメンタル分析です。早速テクニカル分析を紹介していきましょう。

テクニカル分析は、通貨の値動きの推移をグラフ化した「チャート」から、今後の動向を分析するという手法です。テクニカル分析は数十種類以上あるといわれていますが、プロのトレーダーが使用しているのは、そのうちの数種類です。

テクニカル分析は大きく、「トレンド系分析」と「オシレーター分析」に分類されます。トレンド系ではチャートのトレンド(値動き)そのものを予測するのに対して、オシレーターでは「買われすぎ」「売られすぎ」といった変数に注目しています。

トレンド系分析の特徴

トレンド系のテクニカル分析は、「トレンドライン」「移動平均線」「水平線」「反転パターン」「三角保ち合い」「ポリンジャ―バンド」などが知られています。ここでは個々の分析方法は説明しませんが、少しだけ用語を紹介すると、トレンドラインとは、過去の高値と高値、安値と安値を斜めに結んだ線のことをいい、移動平均線とは過去の一定期間の終値の平均値を結んだ線のことをいいます。

為替相場は要するに上がるか下がるかしかないのですが、初心者や勝てないトレーダーは難しく考えすぎていて、あるいは勝手な自己判断によって、明らかな上昇トレンドなのに買いに向かわなかったり、下降トレンドなのに買ってしまうなどのミスをしてしまいがちです。しかし、トレンド系のテクニカル分析が使えるようになると、このような負けを減らせるようになるはずです。

オシレーター分析の特徴

トレンド系に対して、相場の強弱をはかる場面で使用されるのが「オシレーター分析」です。方向性のない相場やトレンド分析だけでの判断が難しいケースでは、トレンド系との組み合わせによって、分析の精度をあげることができます。

テクニカル分析のまとめ

今回は為替分析のためのテクニックの基本であるテクニカル分析と、その類型であるトレンド系分析とオシレーター分析を解説しました。ネットや教本などで「トレンド系1~2種類とオシレーター1種類を組み合わせて為替を予想する」といったテクニックが紹介されていることがありますが、そのような複雑な手法が必要かどうかは、実際の運用を考えても疑問が残るところです。あまり頭でっかちになりすぎるのも問題ありともいえるでしょう。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP