初心者トレーダーにもぜひ習得してほしい「押し目買い」のテクニック

テクニカル編

FXのトレード手法はいくつかありますが、その中でも習得しやすく汎用性が高いのが「押し目買い」です。多くのトレーダーに人気がある手法で運用もシンプルなので、初心者やトレードで勝てない人にもぜひ身につけて欲しいテクニックです。

今回は、具体的な実践形式で押し目買いのポイントをお伝えします。

押し目買いの基本

押し目買いと戻り売り

「押し目買い」は相場が上昇トレンドにある場面で使用するテクニックです。FXの相場はチャートで確認すればわかるように、ゆるやかなカーブを描くのではなくジグザグに動きます。そのため、相場が上昇トレンドのときでも一時的に安値をつける瞬間があるのです。このタイミングで購入し、相場がふたたび上昇トレンドに戻って利益が出たら売るという手法が押し目買いです。

ちなみに「戻り売り」という手法もあります。これは押し目買いとは反対に、下落トレンドが発生している際に起こる一時的な上昇のタイミングで売り入れるテクニックです。

今回は押し目買いの解説をしていきますが、戻り売りとあわせて理解すれば、上昇下落どちらの局面でも対応することができるでしょう。

押し目買いの人気の理由

押し目買いや戻り売りがトレーダーに人気がある理由はズバリ「わかりやすいから」です。極端にいえば、押し目買いは多少タイミングがずれても利益になりやすいという特徴があります。「方向感さえ合っていれば高い確率で利益になる」ということです。

押し目買いのデメリットも理解しよう

押し目買いは確率的に勝ちやすい手法とはいえ、その特徴を理解したうえで実戦に活用しなければなりません。デメリットとしては、買いのタイミングが難しい点が挙げられます。理由は後述します。

実際に押し目買いにチャレンジしてみよう

上昇トレンドで一時的な下落を見極める

一時的な下落のタイミングを見極めるためには「トレンドライン」を引いて購入のタイミングを計ります。これは、さほど難しいことではありません。上昇トレンドが始まったときに付けた安値と、値動きの先に付けた複数の安値を直線で結んだ線がトレンドラインです。

相場がトレンドラインの上に位置していれば上昇中のサインです。その後、少し下がりはじめてトレンドラインにタッチした瞬間が「買いのサイン」というわけです。赤丸のポイントがそうです。

トレンドが反転すると最悪のケースになる

相場はトレンドラインにそって常に上昇し続けるわけではありません。一時的な下落だと思って買い注文をいれたのに、いきなり反転して下降トレンドになるケースももちろんあります。いわゆる「高値掴み」の状態で、これが押し目買いにおける最悪のパターンです。

成功する確率をアップさせるテクニック

トレーダーは「待つのが仕事」といわれることがあります。したがって、トレンドラインを切った場合にはすぐさま買いの判断をするのではなく、高値掴みを回避するためにしばらく相場の様子をみる余裕が必要です。

チャンスが来る瞬間まで待ち続けられるかどうかが成功と失敗の分かれ道です。チャートを見ていると気持ちがウズウズして、すぐにエントリーしたくなりますし、チャートの全てがエントリーチャンスに見えてしまいますが、まずは我慢です。その後、下降トレンドに入った場合は一旦気持ちを落ち着けて、今度は戻り売りを狙うか、あるいは次の上昇トレンドのチャンスを待って、あらためて押し目買いを窺います。いずれのケースにおいても、トレンドラインを引き直して一時的な上下のポイントを見極めることが重要です。

分析力と経験値を身につけよう

これは押し目買いに限らないことですが、トレードの成功確率を上げるためには「分析する習慣」をつけることが重要です。押し目買いの失敗パターンは高値掴みですから、そうならないように分析力を上げ、経験値を多く積みましょう。

マイナスで終わったトレードだけでなく、利益確定で終わったトレードについても放置せずに分析する習慣をつけ、「なぜ利確できたのか?」「なぜここでエントリーしたのか?」といった自分の判断理由を振り返り、記録をつけるようにしましょう。

トレーダーとして成長するためには、トレードをして終わりではなく、学習しながらトレードスキルをあげる努力を忘れないでください。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP