「元手1万円で年間10万円稼ぐ方法」が荒唐無稽である理由を解説

テクニカル編

ときどき「元手1万円で始めるFX」といった記事を目にすることがあります。「頑張れば年間10万円稼ぐことも可能」「初心者でも少ない元手でコツコツ稼ぐことができる」といった謳い文句が添えられています。

今回はこのような低額トレードの可能性と「10万円稼ぐ方法」の真偽について解説します。初心者が最初に取り組むべきトレード方法についても合わせて紹介していきます。

FXは元手1万円でできるのか

FXはドル/円取引の場合、最低4円から取引できます。FXにはレバレッジという仕組みがあって、最大で証拠金(元手のこと)の25倍までの取引ができるからです。

各FX会社では、取引するための最低単位が設定されています。1通貨単位から注文できるFX会社の場合は、1ドル=100円とした場合、1通貨つまり100円からドルを購入する取引が可能です。レバレッジの最大が25倍ですから、(100円÷25)=4円が必要証拠金ということになります。「最低4円から取引できる」というのは、こういう意味です。

したがって元手が1万円あればFXがスタートできることについても理解できると思います。

少額トレードのメリットとデメリット

1回4円のトレードは問題外としても(なぜなら収益よりも手数料が大きいので)、少額で始める取引についてはメリットもあり、その一方でデメリットもあります。

大損のリスクを避けることができる

ほとんどのFX会社は証拠金維持率50%以下でロスカットします。そのため1万円の元手の場合、最大でも5000円の損失で済み、大損する可能性が低いのです。

少額だとロスカットの危険が高まる

現実的には、1回の取引は数千円単位になると思います。証拠金が少ないのでハイレバレッジな取引になり、相場が急変した時にロスカットされる危険性が高まります。

チャンスで複数のポジションをもつことができない

元手が少ないために、相場が上昇局面にある時にポジションを買い増して利益を膨らませるという手法が使えず、早めに利益確定せざるを得ないのがデメリットです。

実際にシミュレーションしてみよう

証拠金1万円の場合にいくら稼げるかを試算してみましょう。シミュレーションの前提を以下のように設定します。

取引単位1000通貨
一日20~30Pipsで利益確定
勝率60%

すると、利益の期待値はこのようになります。

2000通貨×20Pips×60%=240円
2000通貨×30Pips×60%=360円

結果として一日の収益は240~360円ということになります。月に20日トレードするとして、月間収益は4800~7200円です。年間では57600~86400円となって、「年間10万円」には届かないものの、積もり積もればまとまった金額になります。

ただし、これには数字のマジックがあります。理解しておきたいのは、どんなに少額であってもコンスタントに60%の勝率をあげることは難しいということです。このシミュレーションは毎日300円程度の収益をあげるという仮定になっていますが、反対に300円負ける日も必ずあります。その場合は600円勝つ日がなければマイナス分を回復できないのです。

そしてなにより、一度大きなマイナスが発生すれば1万円程度の元手はすぐになくなってしまうというリスクがあります。これらのことから、いかに「10万円儲ける」が荒唐無稽な話であるか、理解できたと思います。

少額トレーダーに守ってほしいこと

「1万円で10万円儲ける」は別にしても、初心者が少額トレードに学ぶことは少なくないと思います。その場合の注意点についてお伝えしたいと思います。

絶対に逆張りしないこと

FX初心者によくみられるのが、相場が上がった時や下がった時の値ごろ感から、トレンドと逆のポジションを取ってしまうパターンです。エントリー直後から相場が反転して利益が出るような都合のよい展開に期待するのではなく、素直にトレンドに乗るのが賢明な判断です。

一発勝負はしないこと

最初に大きく儲けて投資資金を増やし、本格的にトレードを広げたいと思う気持ちはわかりますが、そう上手くはいきません。一発勝負で失敗し、資金の大半を失ってFX市場から即退する初心者は少なくないのです。危険な勝負を避け、コツコツ資金を貯めながら相場経験を積んでいきましょう。

保有期間の長いトレードはしないこと

この手法は少額トレードには向いていません。

保有期間を長くすると損切りラインを広めに設定できますが、資金に余裕がないので最低必要証拠金を下回って新規ポジションが取れなくなるケースが増えてしまいます。

スタート時にはある程度の軍資金を用意してほしい

証拠金が少ないと、ロスカットによる一発終了の可能性もあります。したがって、証拠金は余裕をもって預けるようにしてください。最低でも10万円程度の証拠金のほか、証拠金が枯渇した場合を考慮して同額程度の予備費を準備しておきたいところです。

FXは、取引に慣れ、自分に合った投資スタイルを見つけるまでに時間がかかります。最初は大きな損失を避けるために少額取引からスタートし、学習しながらトレードを大きくしていくステップを積んでいきましょう。

そのほか、FX会社には架空のお金を使って取引をバーチャルに体験できる「デモトレード」というサービスがあります。仕組みを学習するためには有益ですが、デモトレードではお金が一切かからないので、どうしても緊張感に欠けてしまうという心配があります。

したがって、少額でも本番の取引を行った方が、実際にお金を投資しているため緊張感もあって、早く慣れることができると思います。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP