覚えておきたいテクニカルチャートのひとつ「RSI」を解説

テクニカル編

RSIはテクニカルチャートのひとつで、「Relative Strength Index」の頭文字をとった略語です。日本語に訳すと「相対力指数」になります。「ゴールデンクロス」「デッドクロス」と同様、「移動平行線」を活用した分析手法です。RSIは、「買われすぎ」か「売られすぎか」を判断するための指標として利用されています。RSIは、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計を足した数字で割って、100を掛けて算出します。数値は0~100で表示され、一般的に70~80%で買われすぎ、30%以下で売られすぎと判断されます。ちなみに、いくら値上がり、値下がりしたかはRSIでは判断できません。

買われすぎであれば、やがて売られることが予測でき、逆に売られすぎであれば、その反動で買いが増えていくことになります。したがって、トレーダーはこの動きを予測して売買していくことになります。

RSIは、ある一定の幅のなかで相場が上下を繰り返すレンジ相場で力を発揮しますが、相場がトレンド期に入るとダマシが多くなり、精度が低下します。シンプルな指標なので、人気がありますが、単純な理屈だけで相場が正確に反応することは少なく、そのタイミングについても、RSIは判断できません。したがって、ほかの指標とあわせて使用することで分析の精度を高めることができます。

 

 

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP