初心者の学習必須科目であるFX相場表の見方の基本のキホン

FXの基礎編

FXを始めてみようと試しに取引画面を見てみると、「BID」「ASK」という2つの異なる価格が表示されていることに気がつくと思います。

FX取引で価格が2つ表示されるのにはちゃんとした理由があります。今回はFXの取引の基本中のキホンであり、これから取引画面で何度も目にすることになる「BID(ビッド)」と「ASK(アスク)」について説明します。これを知らずしてトレードを始めることはあり得ません。

覚えておきたい「BID」と「ASK」とスプレッド

レート表示の「BID」と「ASK」の意味

外国為替取引のレート提示は、売るときの価格と買うときの価格に差があります。BIDはトレーダーが売るときの価格、ASKは買うときの価格を表しています。

たとえば取引画面で「BID=100円10銭」「ASK=100円15銭」となっている場合は、 1ドルの売値が100円10銭、1ドルの買値が100円15銭ということを表し、この場合の差は5銭です。

実質的な取引手数料であるスプレッド

売値と買値の差額を「スプレッド」と呼び、FX口座側の実質的な手数料になります。スプレッドの単位は「銭」と「pips」の2種類あり、米ドル/円など通貨ペアに日本円が含まれる場合は「銭」を使用します。

スプレッドが手数料である理由

それではなぜ、これがFX会社の実質的な手数料になるのでしょうか。

外貨の売値と買値の差額は「買いたい人と売りたい人の希望価格が違う」ことで発生します。FX取引は外貨を買いたいトレーダーの代わりにFX会社が外貨を調達するという形式で成立します。つまり、買値と売値の差額をFX会社がトレーダーの肩代わりをする格好になっているため、トレーダーが外貨を受け取る際にその差額をFX会社に支払う必要があるというわけです。これがスプレッドが実質的な手数料となる理屈です。

スプレッドが「買いたい人と売りたい人の希望価格差」であるため、その差は変化します。時間帯やFX口座によっても異なります。当然ながら、スプレッドは少なければ少ないほど顧客側に有利です。

具体的な取引におけるスプレッドの状況

ドル/円トレードを例にして、スプレッドがどうなるのか計算してみましょう。

BID(105円21銭)、ASK(105円24銭)のケースで1万通貨買ったとします。1万通貨というのは、多くのFX口座における最低売買単位です。

(現在のBID 105.21-買った時のASK 105.24)円×(通貨単位10,000)=▲300円

買った直後の時点では300円負けている状態です。このまま為替に変更がなければ300円マイナスということになります。

収支の幅は掛け金で大きくなる

BID、ASKは刻一刻と変化していくので、どのタイミングで売るかによって収益も変化します。多くのFX口座で最低単位として扱われている1万通貨単位での取引であれば、スプレッドはさほど気になりませんが、もっと大きな通貨単位を扱えばそれだけ実額は大きくなります。10万通貨単位なら3,000円、100万通貨単位なら30,000円になります。

また、小さな取引を繰り返す場合でも、気がつけば積み重なって、気がつけば大きな金額になっている場合もあります。

スプレッドと上手に付き合いたい

今回はFX取引画面に表示されるBIDとASKの意味と、2つの価格の差額であるスプレッドについて学ぶことができました。初心者はまず、スプレッドがどの程度発生するかを事前に予測してからトレードを開始することが重要です。これからFXをスタートする人は、スプレッドの狭いFX会社を選んだうえで、まずは1万通貨単位からFX取引に挑戦してみましょう。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP