初心者でも上級トレーダーのように「両建て」を運用することは可能である

テクニカル編

初心者がすぐに理解することは難しいかもしれませんが、FX取引は「買い」からも「売り」からも始めることができるため、通貨ペアの「買いポジション」と「売りポジション」を同時に保有する「両建て」という売買手法を使うことができます。

常識的に考えれば、ほとんど意味がないようにも思えるのですが、両建てにはいくつか利点もあるようです。

両建てとはなにか

FX会社は推奨していないことが多いのですが、FXには両建てという売買テクニックがあります。両建ての本質は「為替変動のリスクを和らげる」ことにあります。

為替相場が急変すると、為替レートは急上昇か急落という極端な値動きをしますすると必然的に「買い」であろうと「売り」であろうと、現在のポジション次第で大損するおそれが高まってしまいます。

しかし同じ通貨ペアに対して「買い」「売り」両方のポジションを持っていれば、どちらの相場になっても損失をカバーすることが望めます。また、それぞれ異なるポジション数を保有している場合に損失よりも利益のほうが上回っていれば、単純にマイナスを相殺するだけでなく利益を確保することも可能です。

両建てのメリット

為替相場に急変に対するリスクヘッジ

為替相場は予測のできない世界です。プロのトレーダーであっても完全に相場の動きを把握することはできません。両建ては為替相場の急変に対する対応策として、おもに上級トレーダーが利用するケースが多いです。

少ない証拠金で取引できる

両建てで取引をする際に、必要証拠金を片方のポジション分のみとしているFX会社が存在します。このような証拠金のシステムを「両建てマックス方式」ともいいます。かりに、このように保有数に差があるポジションを例にしましょう。

買いポジションを2,000通貨
売りポジションを1,000通貨

両建てマックス方式では、保有数の多い買いポジションのみに必要証拠金を適用します。

一部のFX会社は両建てマックス方式を適用しておらず、両建てする際に「売り」「買い」ポジションそれぞれに証拠金が必要とする場合があるので、事前に確認しておきましょう。

税金対策にもなる

年末に含み益のあるポジションを保有している時、ポジションを決済してしまうと年間の収支がプラスとなって税金が発生することがあります。

利益を翌年に持ち越したいが為替リスクも避けたいという場合に、両建てで反対のポジションを同時に保有すれば、含み益という形で翌年への持越しが可能になります。

両建てにはこのような使い方がある

両建てのメリットは、相場が一方的に動いても損失を防ぐことができることにあります。

同一通貨ペアで「売り」「買い」同じ数量のポジションを保有していれば、理論上は決済している状態と同じですが、株価が上昇した場合は、買建てしていたポジションを決済して利益を確定します。この時点で売建てのポジションは、損失を抱えることになりますが、その後株価が下がったときに売建てのポジションを決済することによって利益を得ることができます。

具体的な使い方を一例紹介しましょう。

①「1ドル=120円」×1,000通貨の買いポジションを現在保有している
②相場が「1ドル=100円」になり、含み損は「20円×1,000通貨」で2万円になる
③その後「1ドル=110円」に回復したタイミングで売りポジションを1,000通貨持つ
④すると売りポジションの含み益が「10円×1,000通貨」で1万円になる
⑤その結果、「買いの含み損2万円-売りの含み益1万円」でトータル損失は1万円になる

ただし、持ち越している間に為替が急変動してせっかくの含み益が含み損になるリスクもあります。その場合は両建てで持ち越そうとしている逆ポジションを保有してリスクヘッジを行います。

両建てのデメリット

取引経費が2倍かかる

両建てでは、取引を行う際にかかるコストが増え損益が出やすくなります。

「売り」「買い」両方のポジションを保有することで、両ポジションのスワップポイント差を毎日払わなければなりません。とくに長期的にポジションを保有するとトータルのコストが大きくなるので注意したいところです。

また、取引をする際にかかるスプレッド(為替レートの売値と買値の差)も両建て取引では2倍かかるため、取引回数を重ねるにつれて損益に影響を及ぼします。

ロスカットの危機が高まる

為替の急激な値動きがあるとスプレッドが拡大します。早朝の流動性の低い時間や相場急変時には評価損が増えて、ロスカットが発生するケースが増えてきます。

両建ては知識として覚えておけば充分

両建ては必ずしもトレーダーが使わなければいけない手法ではありません。とくに初心者についてはまったく使う必要はありません。実際のところ、取引経費が大きくなるというデメリットが大きすぎるので、知識として覚えておけばOKです。

冒頭で言及したように、ほとんどのFX会社は両建てを推奨していません。両建てを禁止している会社もあるので、利用する前に忘れずにチェックしてください。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP