中国人民元取引の基礎知識と取引の流れを解説

テクニカル編

中国人民元は中華人民共和国の法定通貨で、同国の中央銀行にあたる中国人民銀行が発行しています。中国は2010年に世界第2位のGDP(国内総生産)を達成しました。それとともに中国人民元の国際的な地位はどんどん向上しています。

中国人民元の歴史

中国人民元の正式名称は「人民幣」で、日本円の「円」の旧字体である「圓」がその通貨単位です。便宜上、画数が少なく発音が同じ「元」の字が用いられています。「圓(元)」の補助単位には「角」と「分」があり、1元=10角=100分という関係です。

中国人民元は1948年の中国人民銀行設立とともに発行を開始し、当初は中国共産党の支配地域だけに流通していましたが、翌年、中華人民共和国の建国によって、中国全土で用いられる正式な通貨となりました。

変動相場制へと移行する中国人民元

1971年のいわゆるニクソンショックを機に、主要国の多くは固定相場制を廃止して変動相場制へと移行しました。それまで中国人民元の両替レートは(1ドル=2.4618元)に固定されていましたが、中国政府も1973年から「通貨バスケット制」を採用して変動相場制に移行しました。

中国政府の不安定な通貨政策

ところが、その後中国人民元の管理体制は二転三転します。

1997年のアジア通貨危機後は「ドルベッグ制」を採用しました。中国政府はドルペッグ制によって人民元の値動きの安定化を図りますが、2005年に通貨バスケット制に戻し、2008年には再びドルペッグ制に回帰するという変遷をたどりました。

結局、再度のドルペッグ制も長続きせず、中国政府は「管理フロート制」を採用しました。中国人民銀行が取引の目安になる基準値を毎朝公表し、一定範囲の値幅内でのみ為替取引に応じるという制度がスタートし現在に至ります。

中国人民元の特徴

中国には、同国の本土内における取引に限定した「オンショア市場(CNY)」と、香港を中心に本土外の取引参加者にも門戸を開いた「オフショア市場(CNH)」という2つのマーケットが設けられています。

中国人民元のFXの主戦場はオフショア市場

オンショア市場では貿易などの実需面の取引しか認められていません。その一方で中国当局の規制の対象外であり、値幅制限もなく自由な取引が可能なオフショア市場の規模は急速に拡大しています。中国人民元のFX取引もオフショア市場において行われています。

中国人民元と取引する際のポイント

不安定な対米政策に連動する中国人民元の為替

中国政府は輸出を有利にするため意図的に人民元安をコントロールしてきました。米国はかねてから「人民元相場が不当に安く操作されている」と訴えてきましたが、このような圧力に対して中国はようやく重い腰をあげました。

中国政府は「人民元の弾力化」という措置を打つことを発表し、一旦は極端な介入を手控えるように方向転換したようにみえました。しかし、舞台裏では米中の対立が再び激化しており、米国の中国製品の関税引き上げに対抗する格好で中国政府が人民元安への誘導を行っている形跡があります。

中国人民元を取引する際には、このような政治的な背景を理解することが重要です。

高い政策金利に引き寄せられる日本のトレーダー

一方で、中国の政策金利の高さに注目して、スワップポイント狙いで中国人民元に投資している国内の個人投資家も多いです。中国の政策金利は4%半ばを推移し、低金利の日本円を売って人民元を買う動きが活発です。

トレーダーが注目すべき時間帯は10時~11時台

中国人民銀行は毎朝日本時間10時15分に取引レートの基準値を公表し、日本時間10時30分に上海株式市場の取引がスタートします。取引開始後すぐに為替が大きく動く可能性が考えられます。したがって、日本時間10時15分~11時が中国人民元のもっともホットな時間です。

中国の主要な経済指標であるGDPや中国統計局の製造業PMI(購買担当者景気指数)などが発表されるタイミングも、中国人民元相場が反応しやすいといえるでしょう。

中国は西側諸国のような完全な変動相場制ではない

他の主要国通貨と違い、中国人民元は完全な変動相場制を採用していません。為替は中国政府の意向でコントロールされていることも心得ておきたいです。

中国人民元の魅力

いろんな制約やリスクがあるものの、中国人民元のスワップポイントは大きな魅力であり、スリリングなトレードが期待できる点にも注目が集まっています。今後は国際的な決済でもいっそうの普及が見込まれるのも確かでしょう。

初心者がいきなり取引にチャレンジするにはハードルは高いですが。今後の可能性として、まずは中国人民元相場の推移を観察することから始めてみるのも一考です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP