実際のところFXはいくらからトレードを始められるのだろうか?

初心者を狙う罠

FXを始めようと思ったとき、「いくらから始められるのか」については誰もが気になるところでしょう。取引のスタート時における必要資金の目安や管理方法も知っておきたいところです。

基本的な知識を学んで自分の資金に合わせた取引ができるように、参考にしてみてください。

FXはいくらから始めることが可能なのか

結論からいえば、売買する金額と同額の日本円が口座に証拠金として入金されていれば取引ができます。理論的には千円以下の少額取引も可能ですが、満足できる収益が得られるかどうかは別の話です。

たとえば、高金利通貨として人気の高い(メキシコペソ/円)の場合、(1ペソ=5円)のときに200円(5円×1,000通貨単位÷25)から取引することができます。

しかし、どの会社でもそのような少額の単価から始められるわけではありません。会社ごとに最小取引単位(通貨単位)が定められているからです。

(Lot=通貨単位)とは

FXを取引する際の通貨量の単位を「Lot(ロット)」と表現します。Lotは通貨の売買が可能な最低取引単位を指す用語で、実際のトレードにおいてはLot単位で外貨を購入・売却します。

FX会社の取引単位の変化

これまで日本国内のFX会社では(1Lot=1万通貨単位)を最小取引単位とするのが基本でしたが、最近では(0.1Lot=1,000通貨単位)を最小単位に設定する会社も増えてきました。さらには(0.01Lot=100通貨単位)、なかには1通貨単位からという会社も出てきています。

FX投資に必要な証拠金額を計算してみよう

(米ドル/円)のトレードを例に、投資額と証拠金の関係を簡単に分析していきたいと思います。

1万ドル取引するために必要な証拠金は4万円

1万通貨単位(1万ドル)取引するために、どれだけ証拠金が必要になるのか、計算してみましょう。(ドル/円=100円)で証拠金率は4%です。

必要な証拠金 (100円×1万通貨×4%)=4万円

FXでは実際の約定に必要な100万円ではなく、4万円で「買ったことにする」ことができるわけです。

証拠金10万円でドルを最大250万円まで取引できる

つぎに、証拠金10万円の場合に可能なトレード範囲を逆算してみましょう。条件は上と同じく(ドル/円=100円)です。

1,000ドルの取引⇒1,000×100円=10万円相当の取引(実効レバレッジ1倍)
5,000ドルの取引⇒5,000×100円=50万円相当の取引(実効レバレッジ5倍)
1万ドルの取引⇒10,000×100円=100万円相当の取引(実効レバレッジ10倍)
2.5万ドルの取引⇒25,000×100円=250万円相当の取引(実効レバレッジ25倍)

レバレッジは法律で25倍までと決められているので、証拠金10万円で取引できるドルは最大250万円(2.5万ドル)までということになります。

初心者のFXトレードの心得

自己資金の実力以上のトレードは厳禁

FX取引を始める金額は、資金面や経験値、目的によっても変わるので、自分に見合ったリターンとリスクを考えて決めましょう。取引単位が大きいほど利益も損失も大きくなります。

初心者がFXで大ケガする原因に、資金量に対してポジションが大きすぎることが挙げられます。

たとえば10万円で25倍のレバレッジをかけた場合、ドルが(100円⇒98円)に下落すると、実損額が(25,000×2円=5万円)となり、証拠金の半分を失うことになります。初心者がトレードする場合は、実効レバレッジが3倍以内に収まるように意識するといいでしょう。

掛け金が少なすぎると緊張感がなくなる

リスクの少ない少額トレードには弊害もあります。少額でFXを始めると、損益が少ないため、慣れてくるとゲーム感覚で取引をするようになる初心者もいるようです。ゲーム感覚でトレードしても技術は向上しません。

「負けても5,000円だから、まあいいか」といった軽い気持ちでいると進歩は望めないのは当然です。高額での取引を想定し、ルールや操作方法を調べるなど目的を持って取り組むことが大切です。

必ず自分のルールをつくる

目先の利益ばかりを考えてトレードを始めてしまうと、いざマイナスを目の前にした場合に冷静な判断ができなくなります。そのため、FXトレードでは感情を抑えて、ある意味機械的に判断する精神力をつける必要があります。判断力の基本となるのが自分独自のルールです。

ルールをつくる際には、自分の元手で「どのくらい保有できるのか」「いくら利益を出したいのか」「いくらの損まで耐えられるのか」を決めておくことが重要です。これは少額でトレードする場合でも同じことです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP