チャートの時間足の基礎と使い方についてわかりやすく解説

FXの基礎編

FXのチャートに出てくる時間足は一定期間の値動きを表し、相場の変化を見るうえで重要な基準になります。今回は、FXの時間足の基礎知識を紹介し、トレードスタイルに合った時間足の選び方についても解説します。

FXの時間足とはなにか

FXの時間足は、一定時間における値動きを表しています。赤青の太い管は、時間内の始値と終値を示し、両端はそこから外れた最高値と最安値を示します。横軸は時間の経過です。「5分足」なら5分間の値動き、「日足」なら1日の間の値動きを表していて、時間足の並びによって値動きのグラフをつくっています。

時間足の種類

FXの時間足は短いものから長いものまでさまざまです。選んだ時間足によって、値動きやトレンドのタイミングなども異なります。

FX会社やアプリによって指定できる時間足の数は異なりますが、「1分足」「5分足」「15分足」「30分足」「1時間足」「4時間足」といった時間単位の時間足のほか、「日足」「週足」「月足」があります。

各時間足の特徴

1~5分足の特徴

直前にトレンドの発生の有無を確かめるためには5分足がおススメです。指値注文の分析の際にもよく使われています。区切りの時間が短いほどチャートの縦軸に現れるレートが細かくなるので、1~5分足を使えば正確な価格で取引しやすくなります。

15~30分足の特徴

前日から当日にかけての市場をチェックしたい場合は15分足もしくは30分足を使用します。日本時間の深夜から早朝からの動向を確かめる際には、15分より長い足を使わないと、チャートが見切れてチェックしづらくなります。

1時間足の特徴

直近1週間のトレンドをつかむためには1時間足が見やすいでしょう。

王道は4時間足

セオリーといえる時間足は「4時間足」「1時間足」「15分足」「5分足」の4種類ですが、なかでも時間足の中心となるのが4時間足です。

多くのベテラントレーダーは、長期的なトレンドを把握するために4時間足からチェックしています。どの時間足を使えばわからない初心者も、これにならって4時間足から慣れていきましょう。

4時間足はほとんどのトレードスタイルの基本

スイングトレードは4時間足から入り、長期の時間足での検討を交えながら取引のタイミングをうかがうのがセオリーです。また、スキャルピングやデイトレードでも長期トレンドを捉えるため、短時間足と4時間足を併用して分析します。ほとんどのトレードスタイルにおいてユニバーサルに活用できるのが4時間足の特徴です。

4時間足はトレンドを見誤らない

FXでは区切りの時間が長いローソク足ほど、トレンドを判断しやすくなります。4時間よりも区切りが短いと長期的な流れを見逃してしまうことがあり、反対の買いポジションをとってしまうミスを犯す可能性が高くなります。

頻繁にチャートを確認する必要がない

忙しい人にとって4時間足は便利です。チャートの更新が4時間ないということで、頻繁なチェックを行う必要がありません。

時間足の実践的な使い方

複数の時間足を組み合わせて使うのが基本

相場を分析するためには、長い時間足から短い時間足の順に見るのがセオリーです。複数の時間足でトレンドを確認するスタイルが、時間足を使ったトレードの基本になります。

たとえば現時点の5分足が上昇トレンドであっても、日足で下降トレンドが続くケースでは継続的に上昇する可能性は低く、短期トレードの買いポジションには向かないという判断ができます。

スキャルピングやデイトレードでは「4時間足+短時間足」

普段は1分足のような短い時間足を使っているデイトレーダーも、事前に4時間足で長期的な値動きを確認しています。短時間で勝負をするトレードでは、4時間足で長期トレンドを把握したうえで短い時間足で決断するのが王道です。

時間足を使うにあたっての注意点

時間足とテクニカル分析を組み合わせる

時間足とテクニカル指標を組み合わせることによって、さらに分析の精度を上げることが可能です。テクニカル分析との併用で、時間足の違いだけではわからないトレンドを見抜くことができるでしょう。

時間足とテクニカル分析の組み合わせを頻繁に変えるなど、戦略を固めないままのトレードは絶対にしないように心がけましょう。不調時や戦略に迷ったときは、一旦取引を控えて作戦を練り直す勇気も大切です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP