最初に初心者にチャレンジして欲しい「スイングトレード」についてわかりやすく解説

FXの基礎編

FXの取引手法は大きく4つのタイプがあります。「長期トレード」「スイングトレード」「デイトレード」「スキャルピング」と、取引する期間によって区別されています。

スイングトレードは数日~数週間(数か月)程度で利益を狙う取引手法で、比較的短い期間で大きい利益が狙うことができます。今回はこれからFX取引を始める初心者にもおススメの取引手法である、スイングトレードについて詳しく解説します。

FXの4つのトレード手法

長期トレード

長期トレードは数週間~数か月、あるいは数年以上ポジションを保有するトレード手法です。

多少の価格変動を気にせずに、長い時間をかけて為替差益とスワップポイントによって利益を狙います。時間に余裕を持ってじっくりと売買を決断していくスタイルなので、初心者にも負担の少ないトレード方法です。

スイングトレード

スイングトレードは数日から数週間でポジションを決済するトレード手法です。稼ぎ時にあるトレンドを転々とすることから「スイング」の名がつけられています。

取引を始めたばかりの初心者から上級者まで、もっとも幅広く使われているトレード手法です。

デイトレード

デイトレードは数十分~数時間で取引を完了させる手法です。長期やスイングに比べると狙う値幅は一気に小さくなりますが、トレードの決着が早いのが特徴です。初心者トレーダーが熱くなって負けが重なり、気がつくと大きな損失になっていたというケースも少なくありません。

スキャルピング

スキャルピングはデイトレードよりさらに取引期間が短く、数秒~数分の短い間に取引を重ねていく手法です。

瞬発的な決断が必要で、高いレベルの分析力や判断力が求められます。デイトレードから始めてスキャルピングへと展開するトレーダーが多いですが、もっとも刺激的で難易度が高い手法です。

スイングトレードのメリット

初心者でも取引しやすい

スイングトレードのポジション保有期間は数日から数週間と、選択の幅が広いのが特徴です。無理をせずに時間的に余裕を持って売買タイミングを検討することができます。

心に余裕をもった取引が可能

トレンドが切り替わる場面には注意する必要がありますが、スイングトレードはデイトレードやスキャルピングのように小さな値動きを気にする必要がありません。

「利確できればラッキー」ぐらいの気持ちで、ときどき相場をチェックしながら半分放置しておくことも可能です。心に余裕を持って取り組めることで、精神衛生上もプラスに働きます。

リスク管理しやすい

スイングトレードは慌てて決済する場面が少なく、市場の動きに合わせて損切り・利確のポイントを計画的に行うことができます。

証拠金維持率が低下してきたら逆指値注文(損切り値)を入れておいたり、利益がある程度増えてきたら指値注文(利確値)を設定するといったテクニックが使えるほか、ポジションの追加や一部決済など、計画的な資金コントロールが可能です。

短期間でもまとまった利益が狙える

スイングトレードは、上昇トレンドや下降トレンドの波に乗ることで、勢いが出始めたタイミングを狙えば数日の取引でも大きな収益が期待できます。

スイングトレードのデメリット

長く保有すれば為替変動リスクが高くなる

スイングトレードでは、ポジションを保有する期間が長くなればなるほど、為替変動によるリスクが高くなる傾向があります。テロや災害、政変など、誰にも予測できない事態が突如訪れることもあります。一旦相場が反転し始めると、価格が戻ってくるのに数日~数週間かかることもあり、対応が難しくなる場面も考えられます。

ロスカットのリスクがある

スイングトレードは一定期間ポジションを保有する手法です。証拠金維持率に余裕がない場合は知らないうちに相場の急変でロスカットされる危険があるため、チャートを見ていない時の値動きを考慮して、損切りの設定や証拠金対策を講じておく必要があります。

避けておきたいのは少額資金でのハイレバレッジ取引です。余裕のある資金、低めのレバレッジで安全な取引を心がけましょう。

初心者に覚えてほしい「トレンドの切り替わり」

トレンドの切り替わりを狙う

相場は上がったり下がったりしながら、一定の期間を過ぎると上昇トレンドは下降トレンドへ、下降トレンドは上昇トレンドへと転換します。スイングトレードではこのトレンドの切り替わりを狙って売買していきます。

トレンドが切り替わるサインを見つける

トレンドが切り替わる際には、チャート上にサインが出ていることも多いのです。トレンドが切り替わるサインを見つける方法として、さまざまなテクニカル分析が役に立ちます。

初心者はスイングトレードからスタートすべき

FX取引は、取引時間が短くなるほど、分析や売買の判断が難しくなる傾向にあります。その点で、時間と精神状態に余裕が持てるスイングトレードは、初心者がもっとも取り組みやすいトレード手法だと思います。

スイングトレードの経験を積んで取引に慣れてくれば、もっと短期間のトレードでも効率よく稼げるようになるはずです。まずは取引のコツを覚えるために、スイングトレードによる「少額×低レバレッジ」の取引から試していくようにして下さい。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP