安定して勝っている強いトレーダーの心の中を探ってみてわかること

初心者を狙う罠

安定して勝っているトレーダーはなにを考えてトレードしているのでしょうか。なかなか勝てないトレーダーとどこが違うというのでしょうか。

FXの解説本を読むと、強いトレーダーが大切にしているのは、稼ぐことより大事な「ある考え方」であることがわかります。今回はその秘密に迫っていきたいと思います。

FXの目的はなんですか?

「もちろんFXで儲けることです!」という答えが返ってくると思いますが、そもそも、それが間違いの元だといわれたらどう感じるでしょうか。

「FXで稼ぐ!」という気もちは、成功へ向けたモチベーションとして大切なものです。もちろん、その熱意を排除する必要はありません。しかし、稼ぎたいという気もちは長期的な目標やビジョンを設定するときに意識するものであって、目の前のトレードの場面で意識してはいけないものなのです。

「お金が欲しい」という熱意では勝てない理由

チャートに向き合ってトレードをしているときに、「稼ぎたい!」という短期的欲求にとらわれた状態にあると、人は理性的な判断ができずに感情的な行動に走りがちになります。これは脳科学でも証明されている「プロスペクト理論」という法則で、人間が生き延びるための基本的な仕組みのひとつです。

こうした感情的なトレードをすると、FXでは例外なく痛い目にあうことになっています。

プロスペクト理論とは

プロスペクト理論とは、簡単にいうと「人は得をするよりも、損をしたくない思いの方が強い」という、いわば自然の摂理です。

これをトレードに当てはめてみると、「利食いは早く」「損切りは遅く」なり、大きな利益を逃して大きな損失をこうむるケースとなって現れてくるのです。

安定的に勝っているトレーダーがいつも考えていること

「正しい行動をすること」を目的にしている

「稼ぎたい!」と思いながらするトレードがダメだというなら、どうすればいいのでしょうか。

その答えは、目の前のトレードの目的を「稼ぐこと」から「正しい行動をすること」に変えることです。目の前のトレード結果の勝ち負けにかかわらず、自分がとるべき行動をしっかり行えたかどうかに注目するのです。

とかく人は勝ち負けの結果だけに心を奪われてしまうものですが、たとえ目の前のトレードで勝てたとしても、それが自分がとるべき「正しい行動」の結果によるものでなければ、それは「ダメなトレード」なのです。

優れたトレーダーは「正しい行動」を実践している

「正しい行動」とは自分のトレードルールに則った行動のことです。

チャートのどういう場面で、どういった分析テクニックを使って、どのタイミングでエントリーをして、どういう状況になったら利益確定や損切りを決断するのか。そのように自分で決めたルールに従うことが「正しい行動」です。

安定して勝っているトレーダーは、目の前のトレードの勝ち負けではなく自分のトレードルールに従うことを重要視しています。その結果として、気がつけば利益が積み重なり、「稼ぐ」という大きな目的を達成できるという信念をもって実践しています。

上級トレーダーが自覚する精神的コントロールの重要性

「自分の思考や行動がルールから外れていないかどうか」という点について、自らそのことに気づくスキルを磨くことが上級トレーダーへの道です。

ポジションの損益の数字が気になりだしたら危険信号」。こう語るトレーダーは多いです。もし、このような精神状態に陥っているとすれば、「行動の正しさ」を忘れて目の前の利益と損失に心を奪われてしまっているシグナルです。これが危険なシグナルだということを、勝てるトレーダーは理解しているのです。

重要なのは「正しい行動」から外れていることに気づくスキル

「自分の思考や行動に気づくスキル」はFXで長期的に勝ち続けるための大切なスキルです。しかし、自分の間違いにはなかなか気がつきにくいものであると同時に、間違っていることを認めたくないというのが人情でもあります。

ここでFXの目標に立ち戻りましょう。目の前の損得は大きな目標とは無関係のものです。

安定して勝ち続けている優れたトレーダーは、目の前のトレードの結果を気にしません。「正しい行動」をとったかどうかだけが重要であり、負けたとしても正しい行動をとった結果であれば落胆する必要はないのです。なぜなら、「正しい行動」を続けていけば、いずれ利益が積み上がっていくと確信しているからです。

そもそも初心者が「正しい行動」となる基準をもっていないのであれば、こういうときこそ「急がば回れ」です。無用な負けトレードをくり返しても、心もお金も消耗するばかりですから、作戦を練り直す期間は決して遠回りではないと思います。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP