初心者が絶対に覚えておきたいロット(Lot)の仕組み

FXの基礎編

ロットは英語で「Lot」と表記し、単位や「まとまり」を意味する言葉です。FXでは1,000通貨単位や1万通貨単位など、外貨を「決められた一定の数量」で取引しますが、注文の際の基本となるのがロットです。

ロットは初心者がFXを学習する際の最初の障壁になるかもしれませんが、それだけに早めに慣れておく必要があります。

FXでロットが使われる理由

冒頭でも触れたとおり、ロットとはFXの取引通貨量の単位です。もともとは製造業の用語で、「生産や販売の最小単位」という意味で使用されていましたが、FXでも用いられるようになりました。

異なる通貨の単位を共通言語で表現するため

ロットが使われる背景には、FXで価値の違う貨幣を取引するという性質が関係しています。

たとえば「100円」「100ドル」「100ユーロ」では、それぞれの単位が表す概念が違います。そのため、「通貨単位」という日常生活では使われない共通言語が登場し、この通貨単位をカタマリでまとめたものがロットというわけです。

ロットが使われるのは発注ミスを防ぐためでもある

FXでロットが使われる理由のひとつは、桁数が多くなることによるミスを減らすためです。

FX取引では1,000通貨単位、10,000通貨単位といった単位で取引が行われます。桁が大きくなることにより、注文の際に「10,000」とするはずが「100,000」と「0」を多く入力する間違いが発生する可能性は少なくありません。このようなミスを防ぐためにロットが使われているのです。

ロットという単位を活用して「12万通貨単位を買う」ところを「12ロット買い」、「20万通貨単位売る」ところを「20ロット売り」などと表現することによって、発注時の桁間違いミスが起きにくくなります。

「1ロット=1万通貨単位」とは限らない

多くのFX会社は(米ドル/円)の場合、「1ロット=1万通貨」と定義していました。しかし、昨今は、FXへの参入障壁を低くすることを目的にして、1ロットの通貨単位を「1,000通貨」「100通貨」など、掛金の最低金額を小さく設定するFX会社が増えています。

そのほか、とくにマイナー通貨の場合はロットの通貨単位が異なるケースがあるので、取引を始める前に必ず確認するようにしましょう。

ロットの便利な使い方

必要な証拠金の計算方法

FX取引を行うためには証拠金(保証金のこと)が必要です。1ロットを取引するのに必要な証拠金は以下の計算式で算出できます。

必要証拠金=現在の為替レート×取引数量÷レバレッジ…①

レバレッジは担保となる証拠金の何倍もの金額を取引することができる仕組みです。

(1ロット=1,000通貨)のFX口座で(米ドル/円=100円)の場合にレバレッジを25倍かけて取引するケースでは(100×1,000÷25=4,000)となり、必要証拠金は4,000円ということになります。

ちなみに(1ロット=1万通貨単位)のFX口座の場合は、証拠金4万円で最大1万ドル(100万円)の取引ができることになります(かなりハイリスクですが)。

レバレッジと証拠金の関係

別の切り口でレバレッジと証拠金の関係を見ていきましょう。

取引可能ロット数=口座資金÷①(1ロットあたりの必要証拠金)

(米ドル/円=100円)、(1ロット=1,000通貨単位)でレバレッジ25倍の取引をする場合、口座資金10万円のケースではこのような計算式になります。

100円×1,000ドル÷25倍=4,000円(必要証拠金)
10万円÷4,000円=25ロット(取引可能ロット数)

つまり、(1ロット=1,000通貨単位)の口座で資金10万円をレバレッジ25倍で取引する場合には、25ロットの運用が可能だということになります。

初心者のロット数の決め方

初心者におススメするのは(1ロット=1,000通貨)の口座

初心者は(1ロット=1,000通貨)から取引できる口座を選びましょう。1,000通貨からの取引であれば、4,000円(1ドル=100円換算)の少額から取引を始めることが可能です。

1,000通貨から取引ができるFX会社であれば、同じ資金で1万通貨単位の口座よりも10倍多く取引にチャレンジできます。FXで安定して利益を得る力をつけるためにも、できるだけ多くの取引を重ね、経験を積みましょう。

重要なのは自分のルールに従ったトレードをすること

初心者が実際に取引を始めるにあたっては、ロット数の設定に悩むと思います。ロットの決め方としては、証拠金に対してどのくらいのレバレッジで取引をするかがポイントになります。

自己資産に対して1~5%の損失額を計算してみてください。その後、導出した損失額が自分にとってどれだけダメージがあるかをイメージして、許容できる損失額の割合を決めましょう。ロット数とは、すなわち許容損失額の割合です。

たとえば、「10万円の3%の3,000円なら4回連続で負けても許容範囲」「10万円の5%の5,000円なら2回連続で負けても許容範囲」など、より具体的にイメージできるといいと思います。これにより許容割合を3%とか5%に定めたら、これをルール化していきます。連続で勝ち大きな利益を出した際も、大きな損失を出した際もルールを変えないようにします。

初心者はレバレッジ5倍以内でチャレンジしてほしい

許容損失額は人それぞれですが、参考にしていただきたいのがレバレッジを5倍以内に設定する方法です。用意する証拠金とレバレッジからロット数を決めると理解しやすいと思います。

(米ドル/円=100円)、証拠金10万円で、レバレッジ5倍のケースをみてみましょう。

レバレッジは5倍なので50万円分の取引ができ(10万円×5倍)、1ドル=100円なので取引する米ドル高は50万÷100=5,000ドルです。(1ロット=1,000通貨)とした場合、5,000ドルは5ロットということになります。

最初は面倒でも慣れるしかない

これからFXを始める初心者や算数が苦手な人は、ロットに慣れるのに少し時間がかかるかもしれませんが、何事も勉強です。

FX初心者は小さいロット数から始め、徐々に取引額を大きくしていくのがおススメです。初心者は(1ロット=1,000通貨単位)の口座を選び、レバレッジは5倍以内でトレードを開始しましょう。これにより、最初からいきなり大きな損失を出すリスクを抑え、着実に経験を積むことができるはずです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP