初心者の買い増し戦術がナンピンになりやすい理由とその勝ち方の難しさ

初心者を狙う罠

うまくトレンドの波に乗れたときには適度なところで利確をしても良いのですが、更にポジションを積み増しして利益を大きく増やしたいと考えるのが人間の心理かもしれません。

現時点で含み利益が出ている状態であれば、ここからさらに積み増ししても、それぞれのポジションでマイナスにならないように逆指値注文を入れておけば、確実に利益を狙えるのではないでしょうか?

ところが、そのような単純な結果になるとは限らないのがFXの難しさです。

買い増し戦略が難しい理由

 

買い増し戦術は、うまくいけば大勝ちできる可能性があるのですが、滅多に成功しません。なぜなら、すでに上昇トレンドにある状況において、そこからさらに相場が伸びていく局面というのは圧倒的に少ないからです。買い増し分が反転すれば、その瞬間にトレーダーの思惑から外れ、高値掴みの「ナンピン」状態になってしまいます。

結局、含み益がある場合は、さらに利益を伸ばそうと欲張るのは危険な選択であり、「こんなことなら利益確定しておけばよかった」と後悔することが多いのではないでしょうか。

含み損に対抗するためのナンピン戦略とは

FX相場はトレーダーの思惑とは逆に相場が動くことが少なくありません。その結果、含み損が出た場合に「ナンピン」という手法で対抗する方法があります。

自分のポジションがトレンドに逆行しているときには、「そのまま待つ」「損切りする」という選択肢がありますが、さらに買い下がっていくのがナンピン戦術です。安値でさらに買い続けて、相場が反転して利益が出たら売ればいいだけの単純な手法なので、テクニック面では難しくありません。

ナンピンの危険度

しかし、相場に逆行している状態でさらにポジションを増やす行為は、リスクをさらに増やすことにもなりかねません。ポジション数が多くなると資金負担は大きくなり、一旦始めたナンピンをストップすればポジションは塩漬け状態になり、相場が回復する前に資金が尽きたり、強制ロスカットを発動されれば、そこでゲームオーバーです。

普通に買い増し戦術をしているつもりが、相場の変動によっていつの間にかナンピンになってしまうこともあり、このような状態に陥ると「にっちもさっちも」行かなくなってしまいます。

ナンピンの具体例

ナンピンは含み損が出た時に損失を平均化することによって、利益を得やすくすることを目的としています。最初に保有したポジションに対して予想と反対に相場が動いたときに、さらにポジションを増やすことで平均コストを下げるわけです。

(ドル=100円)の相場で買いポジションを(1Lot)保有しているケースで具体的に説明しましょう。

トレーダーは(ドル=98円)に下がったときにナンピンを仕掛け、(1Lot)のポジションをあらたに保有します。こうすると(2Lot)のポジションを(ドル=99円)で保有したことになります。これが損失の平均化です。

今後、相場が(99円)まで戻れば損失は消えるし、(99円)を超えれば利益を得られるようになるというのがナンピンのロジックです。

ナンピンにおける資金管理の難しさ

一見するとナンピンは成功の可能性が高い手法の様に思いますが、そのロジックの決定的な欠陥は相場が上がることを前提としていることです。

現在(ドル=98円)のレートがさらに下落して(ドル=97円)以下になった場合には、最終的に損切りをせざるを得なくなるか、あるいは強制ロスカットに引っ掛る可能性が高くなります。このような事態になれば、すべてのポジションに損失が発生することになり、当初の想定の何倍もの大きな損失が発生します。

ナンピンが危険である理由はこの点に集約されるのです。

スワップポイントによる損失の可能性

ナンピンは、ポジションを増やし続ける手法であり、相場が反転するまでポジションが増え続けることになります。

マイナススワップが増え続ける状態でナンピンを仕掛けると、その間はスワップポイントを支払い続けることになります。さそのため、マイナススワップになる通貨ペアの取引でナンピンを行うことはやめたほうがいいでしょう。

ナンピンではなく適切に損切りするのが正しい選択

 

初心者にとっても中級トレーダーにとっても、ナンピンは危険性の高いトレード手法です。

「損切りしたくないからナンピンしよう」など、その場の勢いや感情だけでナンピンを決行するのは無謀です。また冒頭でも言及したように、初心者がそれと意識しないままナンピントレードに突入してしまっているケースも少なくありません。

ナンピンで勝つためには、ポジションを増やすことに耐えられる資金力が必要です。ロスカット対策としても、多額の証拠金を用意しておく必要があります。

資金管理とともに、ポジションを待ち続ける忍耐力も必要になるでしょう。マイナスを抱える恐怖心に耐え切れずに損切りしてしまえばすべては水の泡です。このように、一般的なトレーダーにとってナンピンは資金効率面でも決して有効ではないので、含み損が発生した際には適切に損切りすることが正常な対応だといえるでしょう。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP