初心者がFXで勝てない理由のほとんどは無駄なトレードが多すぎるからである

FXの基礎編

FXで勝てないトレーダーの典型的なパターンとして「無駄なトレードが多すぎる」ことにあります。

為替相場は常に値動きしているため、ポジションを持っていないと「チャンスを逃しているのではないか?」という焦りの気持ちが生まれます。しかし冷静になってみれば、ポジションを持つことは必ずしもチャンスであるとは限らず、ポジションを保持している期間は常にリスクと隣合わせという見方もできるのです。

とかく、弱いトレーダーは無駄なトレードが多い傾向があります。

無駄なトレードを減らすためには、自分の定めたルールに基づき、根拠が整ったときだけポジションを持つようにすることが重要です。条件が揃っていない場合はじっと我慢して相場を見つめる自制心が要求されるのです。

まずは動かないことに慣れることから始める

無駄なトレードが増えるトレーダーには以下のような特徴があります。トレード中にこんなことを考えた経験がある人は、少々危険な状態なのかもしれません。

やっぱりそうだったか!」⇒確信がなく監視していた場面で
なんとなく行けそうな気がする」⇒根拠が曖昧なのについついトレード
今回だけ」⇒たまたま成功しても、繰り返しトレードをして全てを失う
少額だからいいか」⇒取引ルールに逆らったトレードへの言い訳
チャンスが来た!」⇒千載一遇のチャンスとみて我を失う
今回は上手くいく」⇒過去に機会を逃したことの後悔から、まさに神頼み
ここで売れば儲かっていたはず」⇒意味のない後解釈や結果論

無理なトレードはかならず失敗する

機会損失を恐れて無理にトレードして好結果が得られることはほとんどありません。なぜなら、機会損失を恐れる感情は「欲」から生まれるものだからです。「欲」は冷静な判断を失い、無駄なトレードを連発する原因になります。

上で示したような考えが頭をよぎった場合は、一度冷静になって立ち止まるようにしましょう。根拠と規律なきトレードで利益は生まれないということを思い出してください。

動かないことは苦痛である

無駄なトレードを減らすためには「動かない」ことに慣れる必要があります。

しかし、人間の一番の苦痛は「動かないこと」だといわれています。たとえば、1時間全く動かずに同じ姿勢をキープすることは、どんなに楽な姿勢であったとしても相当な苦痛です。FXトレードにおいても同じことがいえると思います。ただチャートを眺めているだけでは欲求不満がたまってきます。

トレードチャンスは限られている

トレードの初心者に多い誤解のひとつに、「トレードチャンスは無限にある」というものがあります。マーケットは常に変動していますが、利益に繋がるチャンスはいつでもあるわけではありません。それにも関わらず、多くの場合、売買する理由を探して無理やり売買をしているという現実があります。

トレードせずに待つことは退屈だとは思いますが、じっと耐える必要があります。トレードのチャンスは、「思っているよりもずっと少ない」ことを理解し、トレードしなくても平気な精神状態に慣れる努力をしましょう。

無駄なトレードをなくすと見えてくる世界

プロトレーダーは「動かない工夫」を実践している

プロのトレーダーは動かないことで得られる優位性を心得ています。無駄な取引をなくして証拠金を温存しておいて、チャンスの時に一気に動くための準備を整えています。勝っているトレーダーは「質」のいいトレードが重要であることを知っているのです。

FXで勝つためには「回数」から「質」へシフトしなければなりません。

トレードを「回数」から「質」へシフトする

ひとつの考え方として、1日に3回の売買チャンスを無理やり探すよりも、3日に1度の手堅いチャンスを探した方が「負けない確率」は高まります。これが「質が高い」トレードに繋がります。

マーケットは明日も明後日もありますから、チャンスは必ずきます。腰を据えてやっていきましょう。

一旦立ち止まれば暴走を止められる

頭に血が上っている状態では冷静な判断はできません。逆に考えれば、危険な兆候に自らが早めに気がつくことができれば、暴走を止められるはずです。

自分の心中を落ち着いて観察し、「自分は何を考えているのか?」について振り返る心の余裕をもつようにしていきたいものです。

無駄なトレードを減らす方法

精神論で突き詰めていっても、トレードの誘惑から逃れることはなかなか難しいことかもしれません。そこで、無駄なエントリーを減らすための2つの工夫を紹介します。

目的を明確にする

大きな成果を出している人は、例外なく目的を明確にして取り組んでいます。

FXトレードにおいて重要な目的は「100戦100勝する」ことではなく、「トータルで勝つ」ことです。トータルで勝つためには根拠の希薄な条件では戦わないこと、つまり無駄なトレードをできるだけ少なくすることが重要です。そのために準備しておくべきことは、「勝てると思えるポイントやチャートパターンを確立する」ことです。

やがて自分なりのトレードルールが完成すれば、「その条件を満たしたときだけエントリーするといった感じに、自然にトレード回数を少なく抑えられるようになるはずです。

トレードする時間を減らす

パソコンの前に座ってボーッとチャットを眺め、漠然とした時間を過ごしているトレーダーも多いと思いますが、この時間が無駄なトレードに繋がる可能性があります。とりあえずチャートを眺めていたつもりだったのが、まるで魅入られたようにエントリーしていたというケースもあります。

このようなタイプのトレーダーに知っておいてほしいのは、成功しているサラリーマントレーダーには共通する特徴があるということです。かれらの多くはトレード回数が少ないのです。サラリーマントレーダーには時間の制限があります。勝っているサラリーマン投資家は、無駄なトレード回数を減らし少ないトレードに集中して結果を出しています。

初心者トレーダーが成功するためのひとつの答えがここにあります。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP