最近主流になりつつあるスマホを使ったFXトレードの注意点を詳しく解説

テクニカル編

スマホの普及率が上がると同時に、それに伴ってスマホで取引をするFXトレーダーの割合も増えています。スマホは手軽で便利なツールですが、実際にFXをおこなう場合に注意しておきたいポイントがいくつかあります。

今回は初心者がスマホを使ってトレードする際の注意点について解説していきます。

スマホを使ったトレードのメリット

操作がシンプルで使いやすい

パソコンと比べてスマホの画面は小さいので、各FX会社はいかに洗練した情報・機能を搭載し、直感的に使えるようにできるかを試行錯誤しています。その結果、スマホのFXアプリはシンプルで使いやすい仕様に仕上がっています。

知りたい情報が簡単に手に入る

スマホアプリでは為替や経済に関するニュースのほか、キャンペーン情報や口座状況などを手軽に入手することができます。たとえば、移動中の通勤時間に為替ニュースをチェックして、帰宅後に戦略を立てて予約注文をするなどの活用法も考えられます。

取引の場所を選ばない

スマホを使ったトレードの最大のメリットとなるのが、外出先や電車などの移動中でも手軽に情報収集をし、取引することが可能だという点です。

パソコンを持ち運んで外出先でトレードするというのはなかなか難しいですが、スマホであれば、ポケットやカバンから取り出してすぐにトレードすることができます。

スマホを使ったFXトレードのデメリット

1画面で得られる情報量が少ない

スマホはパソコンに比べて画面が小さく、FX会社は厳選された情報のみを画面表示するように工夫をしています。そのため、1画面あたりの情報量はどうしてもパソコンに劣ります。得られる情報の質は、スマホでもパソコンでも大きくは変わりませんが、スマホの場合はチャート表示が絶対的に不足しています。

手軽さの反作用で依存性が高まる

スマホ手軽さは反作用を生みます。常に相場の動きが気になり、四六時中スマホを手放すことができなくなるのです。とくにポジションを持っている時などには、為替相場の動きが気になって、ついつい頻繁にアプリをチェックしてしまいます。

猫道場でも度々注意喚起していますが、トレードが気になって本業が疎かになることは本末転倒であって絶対におススメできません。

通信環境の信頼性が低い

スマホの通信速度が遅いためにアプリの動作が遅くなったり固まったりして、スムーズな取引を阻害する可能性があります。取引の時間差が発生してスリッページが大きくなるリスクや、予定していた相場で売買できないリスクも考えられるので、実際に売買する場面では通信環境が安定した場所でおこなうようにしないと大変危険です。

スマホ紛失のリスク

外出先などでスマホを紛失してしまう経験をした人も多いと思いますが、セキュリティの設定次第によっては悪用される恐れもあります。ログインするための認証情報が脆弱な状態にあると、他人に勝手な取引をされたり、口座の資金を引き出されたりといった可能性も出てくるため、スマホの管理とアプリのセキュリティには充分に注意しましょう。

普段からスマホにロックをかけるように心がけ、紛失後におこなうべき対処を把握しておきましょう。スマホを紛失した際は、早い対応が最も重要です。携帯キャリアとともに最寄りの警察に「遺失届」を提出しましょう。

操作ミスによる「売り買い」の間違い

スマホは画面が小さいので、タッチミスや見間違いによる誤発注の危険があります。とくに「売り買い」が逆になるケースがあるので、注文前には必ず確認するようにしてください。

充電切れにも注意

ポジションを持った状態で充電切れになると、しばらく決済できなくなります。モバイルバッテリーを用意するなどの対策をしておきましょう。

トレードではスマホとパソコンを上手に使い分けよう

スマホ用の取引アプリはここ数年で大きく進化を遂げ、機能が洗練・充実していますが、猫道場がおススメしているトレードツール活用法は、スマホで情報を集めて自宅のパソコンでトレードするという使い分けです。

初心者がFXで勝てない理由のひとつはオーバートレード(無駄な取引)です。どこでも取引ができるスマホの手軽さはオーバートレードを誘発する傾向があります。

したがって、トレードで勝つためには、あくまでもスマホの活用は情報収集に限定し、自宅で腰を落ち着けてパソコンでトレードする心の余裕が必要だと考えています。そのほか、仕事中にスマホの画面を頻繁に見て一喜一憂するような精神状態に陥らないようにも注意してもらいたいと思います。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP