FX初心者は欲張って複数通貨ペアにチャレンジせず単一通貨ペアを極めよう

初心者を狙う罠

FXではたくさんの通貨を取引することができるので、限られた時間のなかで取引通貨の種類を増やすことで、チャンスが何倍にも広がるように思えるかもしれません。しかし、冷静になって考えてみれば、取引する通貨ペアを増やせばチャンスだけでなくリスクも数倍になり、収拾がつかなくなるかもしれません。

したがって、とくに初心者のうちはひとつの通貨ペアをトコトン極めることが重要です。ある程度の結果を残したら、そのうえでもう1通貨増やすことを検討するといった段階を踏めばいいのです。

FXで複数の通貨ペアをトレードするメリット

順張りトレンドだけを狙ったトレードができる

為替相場は大きく分けて値動きの小さい「レンジ相場」と、一方向に相場が動く「トレンド相場」に分類することができます。トレードの基本は為替のトレンドに沿った「順張り」で、将来的に高くなりそうであれば「買い」、安くなりそうなら「売り」トレードをします。

しかし、相場のほとんどは値動きの小さいレンジ相場であり、トレンドが発生する局面は20%程度と限られているので、なかなかエントリーのタイミングがつかめないことも多く、焦って難しいレンジ相場で勝負して失敗するケースも少なくありません。

しかし、複数の通貨ペアを監視していれば、トレンドが発生しそうな通貨ペアを発見する可能性が広がり、エントリーチャンスも増えます。無理に難しい局面でトレードすることを避けることができ、トレンドフォローに徹することができるのです。

さまざまな通貨の癖や相関関係を理解できるようになる

複数の通貨ペアに触れ、勉強していくと、それぞれの通貨の癖や相関関係などの理解が深まってきます。学習傾向の強いトレーダーであれば、それもまたFXの楽しみのひとつになるでしょう。

もっとも、複数の通貨に関する「広く浅い知見」がトレードの結果となって現われるかどうかは疑問です。チャートに四六時中張りついていても、スキルが上がるかといえば微妙だと思います。

FXで複数の通貨ペアをトレードするデメリット

振り返りやトレード思考が雑になる

複数の通貨ペアをトレードしていると大抵の場合、振り返りやトレード思考が雑になります。「上昇トレンドしか狙わない」と決めて注目しているうちはいいのですが、そもそも複数の通貨ペアを監視している思惑の原点が「トレードチャンスを増やして利益をたくさん稼ぎたい」という欲なので、「順張りだけでなく逆張りもしたい」といった欲深い考えに囚われがちになります。その結果は火を見るよりも明らかで、例外なく痛い思いをすることになります。

チャンスが増えることで思考が混乱する

複数の通貨ペアを監視していると、同時にトレードチャンスが訪れるケースがあり、マイナー通貨に張ると理解不能な値動きをして結果的にマイナスを被るケースも増えてきます。

とくに初心者が、よくわからないマイナー通貨に手を出すことはやめましょう。

単一通貨ペアに絞ったトレードをすべき理由

単一通貨に絞ったほうが稼げる

手を広げて万遍なく利益を出せればよいのですが、トレンドフォローのトレードに限定したとしても100%勝てるわけではありませんから、複数ペアのトレードでは「こっちは黒字であっちは赤字」といった状態になります。その結果、トータルでは、ほとんどプラスマイナスゼロとか赤字になっているトレーダーが多い印象があります。

扱い通貨数を増やすほどに、トータル収支の管理が難しく分析も複雑になるので、結局のところ「なにをやっているのかよくわからない」状態になることが容易に予想できます。結局、単一通貨のトレードを継続したほうがトータルでは勝っていることが多いのです。

単一通貨に絞ったほうが自由になる時間も増える

複数の通貨ペアを監視するためには、チャートに束縛される時間も増えます。通貨の動きを分析するためのテクニカル分析や関連諸国の情報の収集のための時間も必要です。市場が動く時間帯も通貨によって異なります。

それぞれにEAを配置して自動的に売買するのであればともかく、裁量トレードで膨大な情報量を処理することは難しいでしょう。注意も散漫になり、本末転倒のトレード結果になるのではないかと思うのです。

初心者トレーダーは余裕をもって相場に臨もう

実力以上の利益を望むトレーダーはロジックがないため、安易な手法に振り回されます。

結局のところFXは確率ゲームですが、何が正解で何が不正解かについては、人それぞれ考え方が違います。トレーダーはそれぞれ自分でロジックを積み上げ、確率が高い方を残してトレードするのです。

複数の通貨ペアによるトレード手法を駆使して好成績を越しているトレーダーがいることも確かですが、市場の分析やチャートをウォッチする束縛時間を考えた際に、それだけのリソースを割いただけのリターンが期待できるかといえば、とくにそれが初心者であれば、個人的には大いに疑問を感じます。

それよりも、とくに初心者は(ドル/円)ペアに決めて安定したパフォーマンスを継続できるように精進すべきだと思います。トレンドが発生しないのであれば、あとはアラートセットしてパソコンから離れるといった切り替えをしたほうが長続きしますし、チャートに張り付く時間を少なくしたほうが健全です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP