なぜトレードルールをつくらないとFXで勝てないといわれているのか

FXの基礎編

FXでは優位性のある手法(トレードルール)を確立することが重要だといわれています。自分に合った独自のマイルールを作ることができれば、長期間にわたって市場で勝ち続けることができるとされています。それでは、どんなトレードルールをつくれば勝てるようになるのでしょうか。

どんなトレードルールが有効だとされているのか

ルールがないトレードは、勘や思い込み、自分の気持ちでの適当トレードになってしまうため、いつまでたっても収支が安定しません。そこで必要となるのがトレードルールです。

トレードルールをつくるだけならそれほど難しいことではありません。しかし、そこに「優位性」を確認できなければルールの意味がありません。勝ったり負けたりを繰り返すFXトレードにおいて、トータルで安定的に収益をあげるためには、一貫したトレードルールに従って、いつでも同じトレードを繰り返すというプロセスが必要です。

覚えておきたい3つのトレードルール

いくつも細かくルールを定める方法もありますが、基本的には3つの重要ポイントに絞って設定しておくといいでしょう。

エントリーポイントに関するルール

トレーダーがエントリー(発注)する際に考えておかなければならないいくつかの事項があります。まずは以下の2点に限定して、エントリーポイントのルールを定めましょう。気分や直感でエントリーしていると、当然ですが安定して勝ち続けていくことはできません。

・チャートがどうなったらエントリーするのか?
・テクニカルがなにを示したらエントリーするのか?

ルールを定めるためには、ロジックを確立する必要があり、そのためには、さまざまなテクニカル分析を研究しなければなりません。

利益確定に関するルール

利益を確定するための根拠を定めることも重要です。エントリー後に含み益が発生すると焦ってすぐに利確したり、それとは逆に無理に伸ばそうとして決済のタイミングを見失った結果、利益を減らしてしまう初心者がいますが、利益確定に関するルールが明確であれば迷うことなく利益確定ができるようになります。

・利益確定はpips数で決める
・利益の幅に関わりなく局面に応じてテクニカル的に決める

たとえば上記のように、利益確定に関するルールを定めておけば、予想と異なるトレード結果になる心配がありません。「もう少しポジションをもっていたらもっと儲かっていた」という類いの結果論に悩まされることもなくなるはずです。

損切りに関するルール

トレードにおいて、エントリー後に含み損が発生した場合の損切りは重要なテーマです。

・損切りはpips数で決める
・損失の幅に関わりなく局面に応じてテクニカル的に決める

損切りポイントが明確に決まっていれば、それ以上の大きな損失を出すことがなくなります。

これにより恐怖心が減ることにもつながるので、エントリーも決済もメンタルに左右されないように決断できるという効果が生まれます。

勝てるトレードルールをつくるために必要な学習

専門書籍の情報は比較的信用できる

確実性が高い情報はFX関連の専門書物です。トレード手法が掲載されている本は何百種類もありますが、気になった本があれば片っ端から買って読むぐらいの気合が必要です。

情報の信憑性が気になるところですが、書店で売られている専門書籍であれば出版元や著者が公開されているので、よほどいい加減な情報は少ないと考えられます。

ネットの情報を鵜呑みにしないこと

注意しておきたいのはネットの情報です。ブログやサイトで紹介されている情報が正しいかどうかを分析することは不可能です。たとえば「ハワイ在住の億トレーダー」「日に100万円稼いでいる手法」と記されていても、ブログ主の素性や書いてある内容の真偽を確かめるすべはありません。

素晴らしい手法が公開されている可能性がないとは断定できませんが、確率的にはかなり低いのではないでしょうか。したがって、そのような内容を全面的に信用して実際にトレード手法に取り入れるのは大変危険です。

トレードスタイルは十人十色

トレーダーはそれぞれバックグラウンドが違います。

・仕事が忙しいので早朝だけトレードしたい
・子育てが忙しく、深夜の数時間しか取り組めない
・専業主婦なので平日でもトレードできる

このように、ライフスタイルによってFXに取り組めるトレード方法は違うものです。

また、スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、スワップ狙いなど、手法形態によっても合致するトレードルールは異なります。どんなに優れた手法でも万人共通の必勝法とはなりません。

個人的には、FXのトレードルールはできるだけシンプルな方が良いと考えています。シンプルなルールであれば難解な相場にも対応できるし、軌道修正も容易です。初心者トレーダーも、今回紹介した3つのルールを実践して大ケガしないトレード手法を確立しましょう。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP