自動売買で負けるトレーダーの特徴とおススメ口座の紹介

おススメのFX会社

自動売買システムは便利なツールです。トレーダーが事前に買い入れ価格と決算価格を入力しておくだけで、機械が自動的にトレードをしてくれます。FXでもっとも注目しておかなければならない損切りについても自動設定しておくことで的確な対応が可能です。

一見、損失が発生しようがないようにも思える自動売買システムですが、使い方を間違えると大きな損失を発生させる場合もあります。

今回は、FXの自動売買を使って失敗するケースを分析し、自動売買システムとの上手な付き合い方についても解説します。

自動売買システムで損失が出る理由

自動売買と聞くと、誰でも容易に利益を儲けることができる感じがしますが、そんなトレーダーの思惑に反して、運用成績が思うように出せず、大損して失敗するケースが少なくありません。失敗の原因はいくつか考えられますが、よくあるパターンについて取り上げてみます。

ルールを守らない

FXトレードにおいてルールを管理することは非常に重要です。とくに資金管理は最重要事項といってもいいでしょう。これは裁量トレードに限らず自動売買であっても同じです。

自動売買では機械が勝手に利益を出してくれるという思い込みからか、資金管理が曖昧になりがちです。具体的には、利益を出したいという焦りからシステムが推奨するロットを無視して破綻するケースが実に多いのです。

証拠金維持率を無視して勝手にロットを増やしてしまうと、急にボラティリティーが高くなった時に対応できなくなり、ロスカットを受けてしまう危険があります。

一度に大負けする

システムを過信して一度で大負けして立ち直れなくなるケースもあります。大負けの理由の多くは、目標利益よりも予定損失額が大きいことが原因です。要するに、リターンに対してリスクが大きすぎるということです。

これは、相場で理想とされる「利大損少」とは正反対の「損大利小」の状態です。これでは一発で大負けするのも当然のことだといえるでしょう。

複利運用をそのまま続けてしまう

複利運用とは、トレードで儲かった分をそのまま元手に上乗せして、そのままBETしていく取引手法です。うまくはまれば、飛躍的に資金は増えていきます。

しかし、自動売買システムは万能ではありません。システムの能力を過信して最大限のロットで複利運用を続けていくと、いつかは負ける瞬間が訪れます。

せっかくコツコツ増やしてきた資金が一瞬で飛んでしまうこともあるので、リスク管理の面からは、ある程度利益が出たら出金してロットを元に戻してトレードを続ける運用をするべきでしょう。あるいは、最初から単利運用をする方法もいいと思います。

裁量トレードと併用する

裁量トレードとの併用自体は問題ありません。しかし、同じ口座で自動売買と裁量トレードを併用していると、証拠金維持率が低下していることに気がつかなくなるポカが発生しがちです。

その結果、強制ロスカットの憂き目に遭ってしまうことがあるので注意が必要です。このリスクを避けるためには、自動売買と裁量トレードの口座を別にしておくといいでしょう。

自動売買で損失を出さないようにする工夫

システムに任せきりにしない

投資を完全にシステムに任せきりにするのは危険です。自動売買については、資金のすべてではなく限定的な範囲で堅実な運用をしていくことを意識しましょう。

検証作業をしっかりおこなう

現在使っているシステムが利益を生んでくれるかどうかについては、トレーダー自身が確認しなければなりません。

長期的に損失が出ているのであれば、偶然性によるものではなく、自動売買の能力自体が低い、あるいはトレードスタイルとの不一致が原因である可能性が大きいと思います。

一方で、マイナスの発生が短期的である場合もあります。どんなに優秀なシステムでも短期的に損失が出る可能性はあります。定期的にトレードの結果を振り返り、数か月間様子をみて効果が出ないようであれば、思い切って使用を中断しましょう。当然ですが、トレーダーはシステムの優秀性を検証するための判断力を身につけなければなりません。

感情をコントロールすることが重要

トレーダーが感情をコントロールできないと大きな破滅に繋がります。短期的に損失が出てしまった場合でも、過度に落ち込むのではなく冷静さを保つことが重要です。負けたトレードをいつまでも引きずっていると、次のトレードにも悪い影響を与えます。

自分の手法に勝てる自信を失ってしまうと、トレードの一貫性を失うことにつながります。自信喪失は悪循環となり、一か八かのギャンブルトレードをしてしまったり、FXで資産を増やすという目標を見失って市場から撤退してしまうことにも繋がります。

節度をもって自動売買システムと付き合っていく

自動売買に否定的な意見をもつ人もいますが、猫道場としては、投資資金の一部運用や初心者のトレーニングの一環として活用するためには有用なツールだと考えています。初心者は上手にシステムと付き合いながら、スキルアップに活用してください。

FXブロードネットはトラッキングトレードで人気を博している自動売買口座です。忙しいトレーダーやスキルに自信がない初心者にもFXブロードネットは好評です。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP