どこでエントリーしていいのかさっぱりわからないという初心者の悩みに答える

初心者を狙う罠

FXトレードで一番重要で難しいと感じるのは、エントリーポイントだと思います。FXは安く買って高く売れば利益が出るという単純な仕組みです。しかし、その単純なことがなんとも予想が難しいわけです。

エントリーの位置によっても、その後の損益は大きく変わってきます。値下がりしている途中で買えば損をするし、上がっていることを確認してエントリーしても、今度は高値掴みが心配になってきます。この悩みはビギナーにもプロにも共通のものです。

このように為替の値動きは奥が深いのですが、今回は初心者に向けてエントリーポイントの探し方の基本について解説していきたいと思います。

エントリーで重視すべき優位性について

優位性とはなにか

FXのエントリーポイントの見つけ方の大前提は、エントリーする優位性が高いポジションを探すということです。優位性が高いポジションというのは「買った(売った)あとで利益が出そうなポジション」のことです。

エントリーの優位性を見つけるために必要な手順

優位性の高いエントリーポイントを知り、実際のトレードで理にかなったエントリーと決済を繰り返すことで高い確率で利益を得ることができます。そのためには、以下のような工程が必要です。

・優位性が高いポイントの見つけ方を学ぶ
・実際のトレードで使える技能を練習で習得する

正しい知識の習得とそれを使えるようになるための練習はワンセットです。大変そうに感じるかもしれませんが、難しく構える必要はありません。大切なのは行動を起こすことと継続することです。

為替を予想するとはどういう意味か

まずは過去チャートの動きを見てみる

なにも情報がない時点でエントリーしようとしても、相場がどちらに動くのか予測がつきません。エントリーするためには根拠が必要です。相場の予測に肉付けをして根拠を構築していくためには過去チャートの動きを注意深く観察する必要があります。

市場の心理がどのように働いているのかを知る

チャートを見ている多くの投資家が、この局面をどう感じるのかによって今後の相場の動きが決まります。これが「大衆心理」というものです。

現在の局面で相場が上昇しているときは、多くの投資家も上昇する可能性が高いと考えているはずです。この「大衆心理」を見極めることが、優位性の高いエントリーポイントを発見するヒントになるのです。

大衆心理を詳しく分析するとダウ理論にたどり着く

多くの投資家はダウ理論を活用している

大衆心理が明確に働く局面があります。それは、誰もが注目するポイントです。世界中のトレーダーが何を意識してチャートを見ているのかといえば、それは「ダウ理論」で間違いないでしょう。多くの投資家は、ダウ理論の法則を当てはめてトレンドの状態を見ていると考えられます。

・現在はトレンドなのかレンジなのか
・トレンドへの移行が確定するポイントはどこか
・トレンドが崩れるポイントはどこか

大衆心理がつくるトレンド相場

レンジ相場におけるダウ理論を根拠にした分析方法と実際のチャートの動きを確認しましょう。上掲のサンプルで説明します。

青色の矢印は、1~5波を形成しながら上昇している状況です。ここでは1波と2波の間の天井値(ピンクのライン)が注目すべきポイントになります。

ピンクのラインのレートには多くのトレーダーの意識が集まっています。そして、3波がピンクのラインを突破すると上昇トレンドが確定し、その瞬間から買いが集まります。その後4波の底値(ピンクの丸)がピンクのラインを越えたことにより、さらに上昇が続くことが確定しました。そして5波が最高値をつけたところからレートは反転し、b波の天井値(黄色の丸)で下降トレンドが確定しました。

大衆心理がつくるレンジ相場

一定の幅を保って上下を繰り返すレンジ相場では、小さな為替差を狙ってネックラインの外側に新規予約注文が集まります。

レンジ内でレートが往復するに従って、レンジを上に抜ければダブルボトム、下に抜ければダブルトップというトレンドに移行する形を形成し、トレンドへの移行を見越した注文が集中してネックラインを抜けると相場が一気に動きます。

エントリーするタイミングはここだ!

長期足と短期足を確認することの意味

基本的なトレンドフォローの考え方によれば、レートが動く方向は短期的な流れよりも長期的な流れが優先します。相場は上下にジグザグを描きながら一定の方向に向かうものです。したがって、たとえば5分足では下降トレンドに見えたとしても、4時間足が上昇トレンドであれば、長期的には上昇していく可能性が高いということです。

間違いの少ないエントリー方法とは

トレーダーとしては、できるだけ安く買って高く売りたいわけですが、トレンドが上昇中であっても、「短期的な下降の初期」や「短期的な上昇の終期」にエントリーすると利益の幅が小さくなってしまいます。したがって底値(押し安値)に近いところでエントリーしたほうが有利なのですが、もしその瞬間から下降トレンドに移行してしまえば、高値掴みになってしまいます。難しい判断が求められます。

それではどうすればいいのかといえば、チャートの長期足(たとえば4時間足)のトレンドの方向と短期足(同5分足)の方向が一致したタイミングでエントリーすればいいのです。下降トレンドに反転しないことを確認してからエントリーすれば、利幅は少し狭くなりますが高値掴みを回避することが可能です。

上達するためには練習あるのみ

ほとんどの勝てないトレーダーは、勉強はしていても練習をしていません。トレードは技能です。正しい知識を勉強し、勉強したことをできるように練習を繰り返すことで、トレードの実力は間違いなく上がります。

FX口座を開設すると練習ソフトが用意されているので、活用してみるのもいいでしょう。緊張感をもつためには実戦も必要ですから、少し自信がついたら少額からトレードを始めてみましょう。技能をあげるためには練習あるのみです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP