初心者トレーダーはFXで負ける理由に疑問をもっているから大負けする

初心者を狙う罠

「1ドル100円で買った場合、90円のときに売れば負けてしまうから、110円になるまで待てばいいのではないか?」。

たとえば超初心者のなかには、このような疑問をもつ人がいるはずです。今回はこのような超初心者の単純な疑問に答え、FXで大負けしない工夫についても解説します。

超初心者トレーダーの素朴な疑問に答える

冒頭の超初心者の疑問に答えます。実は、この大原則を理解することにより、トレーダーの大負けの理由のほとんどが説明できてしまいます。

ロスカットという仕組み

FXではトレーダーの資金(証拠金)の25倍までの取引が可能です。要するに、自己資金以上の取引ができる「信用取引」なのですが、為替相場の変動により一定量の「含み損」が発生すると、FX会社が強制的に取引を決済(ロスカット)するという仕組みがあります。

基準は会社によって異なりますが、一般的には取引証拠金の50%の含み損が発生するとロスカットが発動します。

ロスカットの実例から

FXではトレードするための単位(通貨単位)が設定されています。FX会社によって異なりますが、(1,000通貨)あるいは(1万通貨)からの設定が主流です。以下の前提で、ロスカットが発生する仕組みを説明していきましょう。

・1ロット(=1万通貨)単位でエントリー可能
・ロスカット基準は取引証拠金の(50%)
・(ドル/円)トレードで(ドル=100円)でエントリー
・25倍のレバレッジを使用

トレードの最小金額は1回につき(1ロット=4万円)です。25倍のフルレバレッジに設定すると「賭け金」は100万円(4万円×25)になり、資金内における最大のトレードになります。

ドルを1ロット(100円×1万通貨)買って(101円)の時に売れば1万円の儲けです。しかし、含み損が2万円(4万円の50%)になればロスカットが発動します。2円含み損が出れば2万円負けることになりますから、ドルが(100⇒98円)に値下がりするとロスカットされることになります。

冒頭の超初心者が主張するように、(ドル=100円)で買ってそれ以上に値上がりしたところで決済すれば確実に儲かりますが、その前に一瞬でも(98円)に値下がりすれば、その時点でゲームオーバーになってしまうということです。

これらのことから導き出される「大損回避」の鉄則

証拠金維持率に注目する

「大損して借金地獄になった」というケースの多くは、FXがギャンブルになってしまい、「もう少し続ければ取り返せる」と考えて買い増ししたり損切りできずにロスカットされることが原因です。

破滅しないようにするためには適切な資金管理をおこなうことが肝心です。そのために重要な指数が証拠金維持率です。安全な取引のためにはレバレッジとロットのバランスが非常に重要になります。

リスクの高いマイナー通貨は避ける

初心者のうちはリスクの大きいマイナー通貨には手を出さないようにしましょう。

とくにトルコリラ、南アフリカランドは要注意です。マイナー通貨以外では、英ポンドも予測が難しいハイリスク通貨です。

「損切り」は大損しないための最重要テクニック

多くのトレーダーにとって、損切りができない理由は「損切りをせずにいたらレートが元に戻って救われた」「損切りをした直後にレートが予想した方向に動いて後悔した」という成功経験や機会損失経験によるものです。これは非常にマズい傾向です。

大切な資金を結果論や運に任せることになるからです。

損切りが必要な理由

為替相場はある一定の幅の中で上下する性質(レンジ相場)があるので、そもそも損切りは必要ないと考えている人もいるかもしれません。たしかにこの考え方には一理ありあります。レンジ相場は、為替相場の70~80%を占めるといわれているからです。

しかし、為替はレンジ相場のなかで小さな動きを繰り返した後、いずれ大きく上下の一方向に動き、トレンド相場に移行します。

この瞬間に大きな利益や損失が発生するリスクがあり、損失が大きくなる前に適切な「損切り」が重要な手法になります。

初心者はかならず逆指値注文するべき

注文には、「指値注文」と「逆指値注文」があります。注目して欲しいのは「損切り」に有効に働く「逆指値注文」です。

逆指値注文は、価格が高くなったら「買う」、低くなったら「売る」という予約注文です。ドルを(100円)で買ったケースで、同時に「99円になったら売る」という(逆指値注文)をしておけば、99円に値下がりしたところで自動的に損切り決済してくれます。

超初心者のもうひとつの疑問

ここまでの説明を聞いて、あるいはこのように考える超初心者もいるでしょう。

「自己資金10万円であればすぐに破綻してしまうかもしれないが、資産が100億円あれば最終的に確実に勝てるのではないか?」。

掛金の上限なしの丁半博打であれば、何度連敗しても倍々に掛け金を上げていけば、最終的にはそれまでの損失額の2倍の配当金が返ってきます。いわゆる「倍々プッシュ」です。

FXでも同じ戦法が取れれば必勝パターンになりますが、一体どうなるでしょうか。

資金は10万円でも100億円でも同じこと

倍々プッシュがFXで活用するかといえば厳しいでしょう。

それは1ロットでも1万ロットでも、証拠金維持率を基準にロスカットされることに変わりはないからです。たしかに掛金に上限のない丁半博打であれば、倍々プッシュは必勝パターンになりますが、スカットの元となる証拠金維持率には掛金に上限があるのと同じ効果があるのです。

資金の大小に限らず勝ち逃げするしかない

最終的に勝つためには、儲かっている時点でドロップアウトするしか方法はありません。ゴールをどこに置くかによりますが、たとえば自己資金の120%を引退の基準とすれば100億円であれば120億円、10万円であれば12万円になります。

実際問題として、資金が20億円増えればやめられるとしても、2万円増えたらFXをやめられるかといえば難しいでしょう。したがって、自己資金が大きい方が「勝ち逃げしやすい」とはいえます。しかし、繰り返しになりますが、10万円でも100億円でもリスクは同じというのがポイントなのです。

つまり、10万円が8万円になるのと100億円が80億円に減るリスクは同じだということです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP