日本国内で大震災が発生すると円高になるのは大衆心理が影響しているから

テクニカル編

その国の貨幣価値は、経済状況や政治状況を反映して変動します。景気が良ければ株価も為替も上がり、不景気や経済に打撃を与えるような大事件や事故が発生すれば株価や為替も悪化するのが常識です。たとえば映画「シン・ゴジラ」では、東京がゴジラの攻撃を受けて円と国債が暴落したというエピソードが語られています。

しかし、かつて日本においては、大きな災害を被ったあと円高がすすむという奇妙な現象が起こっています。

2つの大震災後における為替の変動

東日本大震災のケース

2011年3月11日に発生した東日本大震災では発災後、円高が急速に進みました。3月11日に(82円台)だった(ドル/円)レートは、17日には(76円台)という史上最高値をつけ、阪神淡路大震災後の1995年4月19日の最高値(79円台)を更新しました。

阪神淡路大震災のケース

大地震の後に円高になるのは東日本大震災に限ったことではありません。1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災では、地震の直前まで(ドル/円)相場は90円台後半から100円前後の水準をキープしていましたが、発災後に急速に円高が進み、4月19日には(79円台)の史上再高値をつけました。

イレギュラーな円高の要因とは

通貨は経済体力を反映する鏡です。常識的には、大震災によって経済の先行きが不確実になれば日本の貨幣価値は弱まるはずですが、現実の世界はそうではありませんでした。

震災後に円高になったのは純粋に円を買う投資家が世界に多くいたためですが、なぜ多くの投資家が円を買ったのでしょうか。

震災が起こると保険会社はどうなるか

日本国内の保険会社は契約者から受け取った保険料の一部を海外の株式や債券で運用しています。各保険会社が契約者に保険金を支払うためには、多額の現金を用意する必要があるため、保険会社がこれらの外国資産を売却して円に換えるという見方が強まったのです。

実際には保険会社は国内に充分な資金を準備していたのですが、投機的な売買をする海外ファンドが保険会社の外国資産売却の噂を意図的に利用して、大量の資金を投じて円相場を動かしていたとされています。

リスク回避のために円を買う

日本では「ゼロ金利政策」が続いており、世界最低の金利水準が続く円で資金を調達してドルやユーロなどに両替した上で米国債などに投資する取引が多くおこなわれています。

東日本大震災のあと、投資家らはとりあえず投資を手じまいし、高金利通貨での資金運用をひとまずストップして、資金を円に戻しました。このようなリスク回避のための円買いが大規模に起きたことが、円高を誘導したともいわれています。

大震災以外でも円相場は独特な動きを見せる

2007年に表面化した米国のサブプライム危機、2008年のリーマンショックでも株は売られ、円相場は投資家の円売り持ち高の解消で円高に振れるパターンが続きました。

2016年6月に英国が国民投票でEU脱退を決めた時(BREXIT)も円は(105円台)から(98円台)と高騰しています。日本国内の事件事故以外でも、「有事の円高」は見事に機能しています。

日本独自の金融政策

日本政府は各国政府と異なり、財政問題をほとんど気にしていません。マスコミが煽るように、もし日本政府が財政破綻するような状況であれば、円に投資する投資家はいないはずです。

各国が金融緩和を旺盛におこなったことに反して日銀が追随しなかったため、各国通貨と比較して円の希少性が高まり円高になるという説明もできます。

リスクオフとリスクオン

万が一に備えて、リターンは小さくても安全な金融商品が選ばれる状況がリスクオフです。たとえば米中貿易摩擦の懸念が高まるとリスクオフとなり、株式から比較的安全とされる日本円などに投資家の資金が向かいます。リスクオンはその逆です。

リスクオフでは円高、リスクオンでは円安になると覚えておくといいでしょう。

有事の円買い

「有事の円買い」が起こる理由のひとつに、日本は「世界最大の債権国」ということがあります。2021年の対外資産残高は1,000兆億円に迫る勢いで、対外負債残高を引いた対外純資産残高は300兆億円を超えます。日本は25年連続で世界1位の債権保有国なのです。

経験は実績となって引き継がれる

巨額な対外純資産と「有事の円買い」には深い関係性があります。国内外の経済市場が混乱すると、日本の企業や資産家の多くが、海外にある資産を国内へ引き上げることが予想されます。

有事の際に、日本国内の企業や資産家が米ドルを売って円を買うという現象が阪神淡路大震災や東日本大震災に現れ、世界のトレーダーの経験則として引き継がれた結果、リーマンショックなどにも「有事の円買い」が引き継がれたといえます。初心者トレーダーとしても、ぜひ参考にしておきたいポイントです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP