「東京」「ロンドン」「ニューヨーク」の3つの市場における時間帯の特徴を知ろう

テクニカル編

株式投資の取引時間は平日9時から15時までですが、FXは平日であれば24時間トレード可能です。しかも株式市場とは異なり、日本が祝日でも為替市場は空いていますから、頻繁に売買したいという投資家にとってもFXは魅力的です。

いつでも市場がオープンしているといっても、時間帯によってマーケットの特徴があります。したがって、時間帯による市場の特徴を理解したうえで、戦法を変えていく必要があります。

時間帯による特徴

FXは24時間取引可能ですが、通貨によって売買される時間帯はだいたい決まっています。

どこの国でも、例外なく金融商品が売買されるのはその国の国民が起きている日中の時間帯です。日本の場合、多くの投資家がFXに参戦するのは株式市場がオープンする9時以降です。その後は15時前の株式市場が終わりに近づく時間帯でも為替市場は活発になります。

日本とロンドンの時差は9時間あります。日本時間の18時はロンドンでは9時となり、欧州で売買が盛んになる時間帯です。このように、為替市場が盛んになる時間帯は、どんどん次の市場にバトンタッチしていきます。

注目すべきは「東京時間」「ロンドン時間」「ニューヨーク時間」の3つの時間帯です。それでは早速、時間帯と為替の動き方を分析していきましょう。

東京時間は9時55分の「仲値」が最重要

日本の株式市場は午前9時に開始します。それと同時に為替市場も活発になってきます。この時間帯は、日本円がマーケットの中枢になるため、ドルと組み合わせた(ドル/円)取引が中心です。

9時55分に仲値という一種のイベントがあり、9時から9時55分までは(ドル/円)のゴールデンタイムといわれています。

仲値とは

仲値」とは金融機関が為替取引を行う目安となるレートです。海外旅行へ行くときに外貨に両替しますが、レートが常時変動していると両替ができません。したがって、その日の両替時の外貨レートは「今日の両替レートは1ドル112.50円」のように固定されています。このレートを仲値といいます。金融機関もその日のレートを仲値で決めるため、仲値付近の時間帯は、投機的な値動きは少なく実需が中心になります。

仲値付近の時間帯は売買が活発になる時間帯です。値動きの特性を利用して稼ごうとする機関投資家も参戦し、売買が一時的に急増します。

値動きが投機的になるロンドン時間

日本時間の15時から18時頃は、ロンドン時間の6時から9時です。紹介する3つの市場のなかで取引高が圧倒的に大きくなるのが、この時間帯のロンドン市場です。

欧州の通貨であるユーロとポンドは、東京時間とは比べものにならないほど激しく動きます。取引量が多いということは、ボラティリティが高いことを意味します。つまり、トレンドが発生した時に値幅が大きくなる傾向があるということです。

ロンドン市場が投機的になる理由

アジア時間では実需の取引がメインですが、欧州市場では投機筋が急増するので、東京時間と同じ感覚でトレードすると危険です。乱高下を伴った投機的な値動きになるので、値動きのクセをつかめば莫大な利益が出せますが、大ケガしやすい市場でもあります。

日本時間の16時から18時にかけて、欧州地域の経済指標が毎日のように発表されます。経済指標に便乗した投機筋が仕掛けてくることがあるため、これも相場の乱高下の一因になります。

ニューヨーク時間は短期トレンドが出やすい

東京都ニューヨークの時差は13時間あり、日本時間の21~25時はニューヨーク市場が活発になる時間帯(8~12時)です。

相場に反映されやすい経済指標の発表があり、短期トレンドが発生しやすい環境があるため、この時間帯で勝負している日本のトレーダーも多くいます。

経済指標の発表にあわせて動く相場

ほぼ1時間きざみで経済指標の発表などイベントが続き、ある経済指標をきっかけに上昇トレンドが発生すると、次の経済指標の発表まで相場の流れが続く傾向があります。

次の指標までのリミットが1時間なので、その間に売買して利益を出そうと考える機関投資家が多く参入します。

機関投資家の多くに「25時のロンドンフィックス(東京時間の仲値と同じイベント)までに利益を確定したい」という思惑があり、時間的なリミットを決めて売買するため大きく動きやすくなります。そして多くの場合は、25時のロンドンフィックスを超えると、ピタッと時間が止まったようにレンジ相場に移行します。

時間帯の特徴をとらえてトレードに生かそう

取引時間の特徴を理解しておくことによって、FX市場で有利に戦える可能性が広がります。トレードをしているとライバルは国内のトレーダーだけだと錯覚することもありますが、世界中に競争相手がいることを思い出すきっかけにもなると思います。

初心者がFXを始めるに際しては、自分の生活スタイルに合わせて3つの市場のうちどこを主戦場にするのかを決めましょう。実際問題として、サラリーマントレーダーにとっては、もっとも市場が活発になるロンドン時間は日中の就業中なのでトレードには適さず、深夜のニューヨーク時間も健康面では厳しいところではあります。たとえば夜間であれば「23時まで」など、時間を決めて取り組むなどの工夫が必要でしょう。

得意な取引時間帯を作り、その時間を楽しみにしていると、ストレスなく利益が出せるようになる効果があるかもしれませんね。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP