月の満ち欠けや惑星の動きとFXのトレンド分析の関係性

テクニカル編

FXには通貨の動きの予測を西洋占星術に託して売買する「アストロロジー」といわれる手法があります。日本ではこのようなトレード手法を嘲笑する向きもありますが、海外では実際に一定のアストロロジーの法則を意識して売買をおこなっているプロの機関投資家も少なくないそうです。

天体は周期性をもって動いているので、アストロロジーとはある種のサイクル論と考えてもよいでしょう。

欧米で投資に取り入れられているアストロロジー

宇宙にある万物の動きには一定のサイクルがある

アストロロジーは欧米を中心にして根強く存在しています。宇宙の一部である地球において、全てのものがなんらかの周期で動いているという考え方です。この考えに則れば、地球の構成物の一部である人間の行動や社会活動も、その大きなサイクルのなかで泳がされているに過ぎないことになります。

人間の社会活動の一部である金融市場の周期や相場サイクルについても一定の規則性があるはずであり、その法則を発見することができれば、相場のロジックが解明できるはずです。

占星術との関わり

ヨーロッパでは中世以降、占星術や錬金術など、さまざまなオカルト法則が誕生し、現在まで連綿と受け継がれてきましたが、アストロロジーにもこれらの法則が取り入れられています。

アストロロジーの法則としてよく登場するのは、水星や金星の「順行」や「逆行」に伴う相場の動きの変化や月の満ち欠けなどです。そのほか、木星と天王星の位置関係や惑星直列にもアストロロジーの法則が存在するという説もあります。

月の満ち欠けが人間の行動を決める

よく知られているアストロロジーの法則として、月に関わるものがあります。過去にFX市場では「スーパームーンの満月は月のパワーが大きくなる」といった説が飛び交ったこともありました(円高に振れるか円安に振れるか、両論あったようです)。

月と為替相場との関係においてよくいわれているのが、満月や新月といった特定の日が、相場の大きな変動に繋がりやすいというものです。

満月には事件が起こる

満月は月自体の引力が最も強くなり、人間社会でも様々な現象が起きるとされています。たとえば満月の日は普通の日よりも出生率が高まるといわれているほか、殺人事件や自殺も多くなることが知られています。欧米だけでなく、日本でも同じ傾向があります。

新月には事件が起きにくい

新月でも満月と同じように月の引力が高まりますが、満月の影響とは反して、出生率は少なくなり、事故や事件も満月のように多く発生しないことが知られています。

満月と新月と為替の変動

月の満ち欠けは、(ドル/円)相場にも影響を与えるといわれています。

満月を基点にすると「新月に向けて(ドル/円)は円高に向かう」といわれ、それとは逆に新月を基点とした場合「満月に向けて円安に向かう」といわれています。

満月になるとなぜ円高になるのか。その理由について、科学的に解明されているわけではありません。あくまでも根拠がはっきりしないオカルトの領域から脱し切れないのが、アストロロジーの限界なのかもれません。

惑星の動きから導き出されるアストロロジー

アストロロジーは惑星の「逆行」にも注目しています。

太陽系には太陽を周回する水星・金星・火星・土星・天王星・海王星・冥王星の8つの惑星があります。すべての惑星は一方向に動いていますが、地球から見るとかならずしも一方向に動いているように見えないことがあります。

AとBの2両の電車が同じ方向に並走しているとき、同じ速度で進んでいればAに乗っている乗客がBを見ると停まっているように見えます。また、Aの速度がBよりも早いと、Aの乗客から見るとBは後ろに下がっていくように見えます。これが「逆行」という現象です。

惑星はそれぞれ真円ではなく楕円を描いて公転しているため、地球から見た体感スピードが変化し、このような逆行現象が起こるのです。

たとえば水星であれば、例年1年間に3回、約3週間にわたって逆行することが知られています。

惑星の逆行に因んだアストロロジーにはこのようなものがあります。

・水星の逆行時はトレンドが変化しやすい
・金星の逆行開始時は相場の天井と一致しやすい
・火星の逆行時には戦乱やテロなどによる相場変動に注意

アストロロジーがあながちオカルトとは片付けられない理由

ヨーロッパの中世暗黒史と縁が薄い日本人にとって、アストロロジーは単なるオカルトにすぎませんが、注目しておきたいのは、これらの法則は欧米の機関投資家やプロトレーダーにも幅広く浸透しているということです。

したがって、アストロロジーの法則性が正しいかどうかはむしろ問題ではなく、その考え方に倣って投資の方針を決める投資家が多いことで、結果的に相場がアストロロジーの法則に基づいた動きになりやすくなるという見方ができます。

アストロロジーをオカルトの一種として切り捨てるのではなく、グローバルなFX市場では意外に多くのトレーダーが信じていることを念頭に、投資の判断材料のひとつとして覚えておくとよいのではないでしょうか。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP