「ビッグマック指数」をFXトレードに活用できるかどうか考えてみる

テクニカル編

ビッグマック指数とは、英国の経済紙「エコノミスト」が発表している経済指標です。

「エコノミスト」毎年7月と12月の年2回、世界中のマクドナルドで販売されている「ビッグマック」の価格を調査し、米ドルに引き直して価格の差を算出しています。

世界中で販売されているビッグマックは、材料や調理法などがほぼ共通であることから、ビッグマックを基準にして各国の物価水準や為替相場を比較しようというのがその狙いです。

今回はFXトレーダーも知っておきたいビッグマック指数について解説します。

同じビッグマックなのに価格差が生じるわけ

「一物一価の法則」とは

ビッグマックの価格が各国によって異なる理由はなんでしょうか。そもそも同じ物であれば、価格も同じであるはずです。自由に売買されて、価格の情報が共通に提供されている状態であれば、同じ物の価格は同じ価格で取り引きされるという「一物一価の法則」が作用するからです。

ある駅前に「東口店」と「西口店」の2店のマクドナルドがあるとします。「東口店」のビッグマックが500円、「西口店」が300円であれば、「東口店」でビッグマックを買う人はいないでしょう。

結局のところ、二つの店のビッグマックは同じ価格に収束してゆくことになります。これが「一物一価の法則」です。

ビッグマックは海を越える

「一物一価の法則」は、国境を越えても通用します。輸送費用や関税などを無視すれば、マクドナルドの「アメリカ店」でも「日本店」でも、ビッグマックの価格は同じになるはずです。

しかし、もしアメリカのビッグマックが割高であれば、日本のビッグマックを買って輸入しようとするアメリカ人が出てきます。日本でビッグマックを買うアメリカ人はドルを円に替えます。

その一方で、日本からアメリカにビッグマックを輸出する動きが活発になり、売上代金のドルを円に替える動きが強まります。

外国為替市場で円買いドル売りが増え、為替相場は(円高ドル安)に動いていきます。これが為替の変動です。

各国のビッグマックの価格は購買力平価に収斂される

やがてアメリカと日本のビッグマックの価格は近づいていきます。この価格水準を「購買力平価」といいます。スウェーデンの経済学者グスタフ・カッセルが提唱した考え方で、関税や非関税障壁などが存在せず、自由な貿易がおこなわれる限り、為替相場は自動的に購買力平価の水準に収束し、各国の価格差が解消されるという考え方です。

各国のビッグマックには価格差がある

おもな国のビッグマック指数(2021年7月発表)

①ベネズエラ⇒(48%)
②スイス⇒(25%)
⑥カナダ⇒(-6%)
⑩オーストラリア⇒(-15%)
⑪ニュージーランド⇒(-16%)
⑫イギリス⇒(-16%)
㉛日本⇒(-37%)
㊽インド⇒(-55%)

※指数はアメリカのビッグマックの価格との差を表しています。

ビッグマック指数は、現実の為替相場が購買力平価からどれぐらい乖離しているかを表す数値です。ランキングトップ(もっとも割高)はベネズエラの(48%)です。この数値は、ハイパーインフレ状態にあり、国家破綻に瀕しているベネズエラの経済状況を明確に裏付けています。

日本のビッグマック指数は(-37%)です。これは円相場が本来の実力に比べて(37%)過小評価されていることを意味しています。

日本円は過小評価されている可能性がある

将来的な円高を予感させるビッグマック指数

実際には輸送費や関税、様々な経済要因も作用するため、為替相場と購買力平価が完全に一致することはありません。しかし、為替相場に「一物一価の法則」が成立する限り、為替は購買力平価に近づこうとする力が作用し続けるはずです。

現在の為替相場には円高への潜在的パワーが隠されている可能性があります。2021年現在、実力以上に過少評価されている円相場ですが、将来的には円高に転じる可能性があります。そのほかハードカレンシーのなかでは、スイスフランは(25%)過大評価されているので、近未来的には下落する可能性を孕んでいるといえるかもしれません。

要するに日本の物価は安い

普段、われわれはほとんど意識していませんが、ビッグマック指数で見る限り、日本は先進国のなかでも物価が安い国です。

「老後は生活費の安い東南アジアで暮らしたい」というシニアも多いですが、ビッグマック指数でみる限り、実際には日本国内で老後を過ごしたほうが暮らしやすくなっている可能性があります。

FXに直接当てはめることは難しいが頭の隅には入れておきたい

ビッグマック指数は定期的にチェックしておくと、海外旅行をする際やビジネスにも活用できます。FXトレーダーが投資の基準にすることは難しいと思いますが、「本来的には円高であるべき」といったイメージを頭の隅に入れておきたいところです。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP