もしものときのために「デジタル遺品」の事前整理をしておこう

FXの基礎編

人が亡くなったあと、故人のスマホやパソコンの内部に保存されたデータの扱いに遺族が苦労するケースが増えています。これを「デジタル遺品」といいます。

残されたデータのなかには、さまざまな個人情報のほかネットバンキングやネット証券の取引データなど、お金にかかわるものが残されているケースがあり、事情を知らない遺族としては処理に困ってしまいます。

そこで今回はデジタル遺品問題、とりわけお金に関わるトラブルを回避するための対策をアドバイスしていきたいと思います。


猫道場もランキングに参加しています。

デジタル遺品のトラブルへの対策

デジタル遺品のトラブル事例

インターネットの普及によって、さまざまな情報をパソコンやスマートフォンで管理する人が増えています。遺品となったデジタル機器には、SNSのアカウント、知人の連絡先や予定表、クレジットカードやネットバンクの情報、それらのIDやパスワードなど、データの種類は多岐にわたります。

持ち主が亡くなってしまうと、それらの情報がブラックボックスになり、そのデジタル遺品がもとで思わぬトラブルが発生することがあります。

・葬儀の連絡をしたいが、電話帳を見られず連絡先が一切わからない
・パソコンやスマホから遺族が見たくなかった写真やデータが出てくる
・株や投資信託などの金融商品やネット銀行の預貯金が見落とされてしまう
・クレジットカードや各種有料サービスが解約されずに支払いが継続してしまう

FXは大きなトラブルになるリスクも

実際に弁護士に持ち込まれた相談のなかには以下のようなFXに関連したものもあります。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

FX会社から追証を求められてから、やっと故人がFX投資をしていた事実を知った。長期保有していたために暴落に巻き込まれ、合計1000万円以上の損失を出してしまった。

FXについてまったく知識のない遺族としてみれば、なぜ証券会社からこのような多額な請求をされたのかについても理解できなかったでしょう。

デジタル遺品のトラブルを防ぐ方法

お金にまつわる情報は家族にわかるようにしておく

まずやっておきたいのは、デジタル遺品になる可能性のあるものは保管場所をまとめておくことです。銀行通帳やクレジットカードなどは、遺族が目につきやすい場所に保管しておきましょう。

ネット金融の口座、加入しているネットサービスについては一覧表をつくり、銀行や各種サービスのパスワードやIDも記載してノートに残しておきます。各種会費やサブスクリプション(定額支払いサービス)などの定額制サービスは、解約しない限り支払いが継続してしまうので、残された家族が解約できるように一覧表をつくっておくといいと思います。

見られたくない情報は別フォルダに入れてロック

データのなかには他人はもちろん、家族にも見せたくない情報もあるかもしれません。見られたくないデータは別フォルダに保管し、ロックをかけておきましょう。

フォルダロックをするフリーソフトやアプリなどのツールもあります。HDDやSDカードなど外付け媒体にデータを保存してロックをかけておく方法も有効です。普段から、見られたくないメッセージやメールの履歴、連絡先などはこまめに消していくのが、家族の平和のためです。

残された遺族はどう対応すればいいのか

本人の対策としては、上記のように、とくにお金にまつわるデータは遺族にわかるようにまとめておくことで、ある程度の対策はできるはずです。しかし、これらの対策が一切なされなかった場合、遺族としてはどう対応すればいいのでしょうか。

パソコンとスマホが開けるかどうかを確認する

遺族が最初になすべきことは、遺品のパソコンとスマホを調べることです。もし中身が見られる状態であれば、メールや閲覧履歴、お気に入りをチェックして、銀行や証券会社との取引の有無や、ネット通販やオークション、有料サイトの利用履歴の有無などを確認します。

利用履歴があれば早急に関係先に相談するか弁護士などの専門家に頼るのもいいでしょう。

ロックがかかっている場合の対処方法

パソコンやスマホのパスワードがわからず、ロックがかかっている場合であれば、データ復旧の専門会社に依頼してロックを解凍するという方法があります。

ただし、遺族といえども勝手にパスワードを破ればトラブルになるケースもありますので、事前に相続人全員の了解を得て、弁護士に立ち会ってもらったほうが無難です。

不測の事態に対応する方法(書籍の紹介)

日本セキュリティ・マネジメント学会理事・萩原栄幸さんは著作「デジタル遺品が危ない」(ポプラ新書)で、デジタル遺品の危険性について警鐘を鳴らしています。興味のある方は購入して読んでみてください。

お買い求めは楽天ブックスで。一冊でも送料無料です。


猫道場もランキングに参加しています。

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP