相場格言「頭と尻尾はくれてやれ」から初心者が学ぶこと

初心者を狙う罠

昔から投資の世界で語り継がれている「投資格言」は数多くあります。これらの格言は現代においても示唆に富み、参考になるものが多く、初心者トレーダーが知っておいて損のないものです。

今回紹介する「頭と尻尾はくれてやれ」も有名な投資格言です。投資家の心理には「最安値で買い、最高値で売りたい」という野心がありますが、実際にそのような理想的な売買が成立することは極めて稀なことです。したがって、無理に欲張らずに、買うときも売るときも上下は少し残す余裕があったほうがいいというのが、この投資格言の教えです。

欲張らずに腹八分目が理想的

相場が下向きに動いているときに買いエントリーしたケースで、結果論として「もう少し粘ればこの先にまだ底値があった」と後悔することも多々あるでしょう。

一足先に決断することにより、その先の利益をみすみす捨てる可能性もありますが、積極的に利益を放棄するのが「頭はくれてやれ」の考え方です。なぜなら「もう少し粘れば」というのはあくまでも結果論であり、その先には、大きく上向きに転じていた可能性もあったわけです。根拠のない「粘り」は危険だということを、この格言は教えてくれます。

同様に「まだ天井に達していない。まだ伸びるはずだ」と考えて売りをギリギリ我慢していた場合にも、実際にはそれ以上伸びずに下落に向かって利益を減らすパターンもあります。このような場合に、「まだ伸びるかもしれないが、この辺りが売り時だ。今後さらに値上がりするかも知れないが、それは買った人に差し上げよう」と考えるのが「尻尾はくれてやれ」の真髄です。

売り買いいずれも「腹八分目」に控えることによって、結果的にリスクを軽減させることに繋がるのです。

「くれてやれ」の具体的な実践方法

「逆張り」をしてはいけない

「頭と尻尾はくれてやれ」というのは、言い換えれば「下がっている途中で買わない」「上がっている途中で売らない」という意味になります。つまり「逆張り」ではなく「順張り」をしましょうということです。

ところが多くの個人投資家は逆張りをして失敗しています。為替が大きく下がると「今が買い時だ!」と買いに走るのですが、思惑通りに株価が反発せず、さらにそこから本格的な下げ相場に入ってマイナスを広げるというパターンをよく見かけます。

底値を確認しようとしてはいけない

どんなに為替が大きく下がったとしても、下がっている途中であれば、まだ底値は確認できない状態にあるといえます。このように、相場において底値を確認することが困難である以上、トレンドの途中で想定利益を「くれてやる」ことが無難なリスク対策になります。

「くれてやれ」の意味を解釈すれば、相場が下がっている最中に「底値」をピンポイントに狙うのではなく、「自分が納得できる価格まで下がったら買う」という割り切りが必要になります。

天井のタイミングも確認は難しい

その反対に、為替が上昇している途中で「そろそろ天井だろう」と思って売ると、そこから為替がさらに上昇し続けて悔しい思いをすることもあります。

どこまで下がるか予測できないのと同様に、どこまで上がるかわからないのが相場の特徴です。したがってこの場合は、ある程度の利益を確保できればそこで納得し、その先の想定利益は誰かに「くれてやれ」と思って売却するのが無難です。

「頭と尻尾はくれてやれ」の応用と限界

一本調子でうまくいかないケースもある

為替はジグザグの動きを繰り返すため、底値の手前で買ったつもりでも思惑が完全に外れてしまう場合が考えられます。

具体的には「下がり相場で買ったら、その先でさらに下落が加速した」というケースがあります。相場が揺れ動いている状況で損切りするのは勇気がいりますが、思惑が外れた以上、このような場合は損失を拡大させないために速やかに売却する決断をするべきです。相場が上昇するまで待っているとロスカットされてしまう危険があります。

相場が反転したところでエントリーする方法

「くれてやれ」の派生的なトレード方法として、底値から少し為替が上昇したところで、「これ以上下がらない」ことを確認してから買うという戦術が考えられます。もっとも、相場はそれほど単純なものでなく、実はまだ底打ちしておらず、エントリーした価格からふたたび底を割り込むケースもあるわけです。

このあたりの判断は非常に難しいのですが、相場分析の力をつけるとともに、為替が完全に下げ止まって上昇に転じるトレンドが確定するまでは手を出さないようにするといった慎重さが求められます。思惑が外れた場合は、やはり早めの損切りがリスク回避のポイントになります。

利幅ではなく「負けを減らすこと」に注目した教え

「頭と尻尾はくれてやれ」から学ぶことは「利幅よりも負けを減らすことに注力せよ」ということです。一円でも多く儲けることよりも、投資の資金を減らさないために損失額を抑えることに注目した格言であるといえます。

ガツガツと欲望のままに底値や天井で売買をしようとするのではなく、底値圏の動きを見て、「上昇トレンドに入ったな」と思ったらエントリーし、「そこそこ儲かったぞ」という所で利確をして、悠々と引き上げるというゆとりのある投資を心掛けたいものです。そしてなによりも、思惑が外れたときには決断よく損切りする姿勢が重要です。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP