エルドアン大統領が主導するトルコの金融政策の迷走とトルコリラの現在地

テクニカル編

2022年現在、トルコでは深刻なインフレが進行しています。その大きな要因は、エルドアン大統領およびトルコ中央銀行の金融政策の迷走です。エルドアン大統領は国内の経済成長を促すためには通貨安が必要不可欠であるとして、これまでも度重なる金利の値下げをおこなってきました。しかし、その反作用によって市民生活に深刻な影響が及んでいるのです。FXトレーダーにとっても、中期的なトルコリラの動向は気になるところです。

そこで今回は、トルコの金融政策による経済への影響と、トルコリラの今後の展望について解説していきたいと思います。

混迷を極めるトルコの金融政策

エルドアン大統領はなにを考えているのか

エルドアン大統領は金利を敵視し、自らの意に沿わないトルコ中央銀行総裁を次々と更迭するなどして、低金利政策を強力に推し進めてきました。大統領が金融緩和を求める背景には、2023年の次期大統領選及び総選挙を見据えた、「景気回復の実現」という大きな目標があるといわれています。エルドアン大統領は政権維持の目玉として、雇用回復や経済成長、輸出の拡大を掲げ、その目標を実現するために低金利政策を推し進めていくと強調しています。

それらの政策の反動として大きく問題化している、通貨リラの歴史的な下落やインフレ率の急騰などの経済現象については、「インフレは高金利が原因である」という経済学の定石では考えられないトンデモ理論を喧伝し、目を背けている状況です。

トルコリラ安の元凶

先進国におけるインフレ加速や金利政策の転換という厳しい圧力にさらされるなか、トルコリラの値下げ率は群を抜いています。

トルコリラ安の元凶は「金利の敵」を自任するエルドアン大統領であり、大統領の強権力の元、トルコ中銀が独立性を失っていることにあります。世界に目を向ければ、米FRBをはじめ主要国中銀が金融引き締めに舵を切っているなか、トルコの金融政策は逆走を続けています。

トルコの金融政策は深刻な物価高を招き、国民の負担は大きくなるばかりです。しかし、インフレはますます加速する勢いで、今後も市民生活の厳しさは増すとみられています。

市民生活の窮状

2021年に大きく価値を落したトルコリラ

トルコリラは過去20年間でも類を見ないほどの打撃を受けています。2021年の1年間で対ドル(40%)以上の価値を失いました。12月20日になって、エルドアン大統領が「損失は政府が補填する」と表明したことで、リラは一時急上昇したものの、いまだに混乱状態にあるといえます。

金や仮想通貨の売買に希望を見いだす中流階級

トルコ国民もトルコリラへの信頼を失っています。自国通貨がどうなるのかわからない状態にあって、市民はローンも組めない状態です。

自国通貨以外の資産を保有しようとする動きが顕著で、市民は生活を維持するために貴金属や外貨を売買しています。中流階級の間には金相場への注目が集まり、仮想通貨がブームとなっています。

今後のトルコ経済とトルコリラの動向

トルコ経済の展望

ゴールドマン・サックス・グループは、過去の「トルコリラ危機」と同じように、トルコ中銀が政策転換を迫られるかどうかに注視しており、2022年前半に大幅な利上げの可能性が高まりつつあるといった楽観的な分析をしています。しかし、エルドアン大統領が金利に関するスタンスを撤回する兆しはほとんど見られないことから、2022年もインフレ加速はそのまま継続するという予測が大半です。

トルコリラ安による輸出増が牽引して国内総生産(GDP)が膨むと予測されていますが、賃金上昇が物価高に追いつかず、公共料金の値上げも発表されていることから、市民生活への圧迫はさらに強まるとみられています。

トルコリラの今後の動向

トルコリラの対ドル相場は2021年の1年間で(40%)以上も下落しました。エルドアン政権は、インフレに対する国民の不満を解消するため、利上げ以外の方法でリラ安を食い止めようとしています。輸出事業者に対して、獲得した外貨の(25%)をリラに替えるよう義務づけると発表し、インフレで実質的な価値が目減りした分を国が補填する新たなトルコリラ建て国債の発行も検討しています。ただし、これらの施策がトルコリラ安にどの程度の影響を与えるのかは未知数です。

2022年1月現在のトルコの政策金利は(14%)です。かなり引き下げられたとはいえ、それでもまだ表面的には高金利です。ただし、インフレ率が政策金利を大きく上回るため、実質金利がマイナスになることには注目しておくべきでしょう。

トルコリラの動向は、トルコ中銀の金利政策に転換があるかどうかにかかっていますが、いずれにせよファンダメンタルズの要素があまりにも大きく、為替の中期的な動きを読むことは非常に難しいように思われます。とくに初心者は安易な取り組みを避けるべきでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP