猫道場主が初心者トレーダーに安易な逆張りをすすめない理由

FXの基礎編

初心者がトレードを始めるときには「順張り」が基本になりますが、「逆張り」という手法もあります。「逆張り」とは相場の流れと逆方向のポジションを持つことです。もう少し詳しくいうと、相場が上昇しているときに売りでエントリーする、または下落しているときに買いでエントリーするという投資方法を指します。

「順張り」「逆張り」ともに、それぞれ特徴があり、うまく活用すれば収益をアップさせる可能性が広がります。しかし、これまでも猫道場では、初心者トレーダーに逆張りを推奨していませんでした。

そこで今回は、FX初心者が逆張りを避けるべき理由と、逆張りで失敗しないための必要な基礎知識や注意点について詳しく解説します。

FXトレードの勝ち方には2通りある

順張りの勝ち方

「順張り」はおもにトレンド相場で威力を発揮し、レンジ相場では利益を伸ばしにくいとされています。上昇トレンドのときに買い、下降トレンドのときに売って差益を狙うのが基本です。トレンドが長く継続する場面で利益を大きく伸ばすことができます。

「順張り」ではトレンド転換のタイミングでエントリーすると損失が大きくなるため、利益を出すためにはトレンドの見極めが重要です。

逆張りの勝ち方

一般的に「逆張り」はレンジ相場で有効なトレード手法だといわれています。「レンジのサポートラインで買い、レジスタンスラインで売る」ことを繰り返して効率よく稼ぐことができます。

その一方で、トレンド相場では、トレンドが継続すると損失が膨らむリスクがあるため、順張り同様にトレンド転換の見極めが重要になります。

初心者にとって逆張りトレードは難易度が高い

逆張りはリスクが大きくなる傾向がある

逆張りでは相場の流れに逆らって取引することになるので、トレンド転換を見極めることが難しく、FXトレードに慣れていない初心者にとっては難易度が高い手法です。

また、逆張りは相場のピークを掴むことによって大きな利益を見込めますが、予想が外れた場合の損失も大きくなります。

逆張りは損切りの決断を鈍らせる

初心者のうちはどうしても「損を出したくない」という気持ちが優先してしまいます。その結果、含み損が出ても損切りを決断できずに損失を膨らませてしまう傾向があります。

逆張りは損切りのタイミングを計ることが難しいため、初心者のトレードでは、それまで含み益が出ていても、結局利益が消えてしまったりマイナスになるという失敗パターンがときどき見られます。

往復ビンタに注意

相場が大きく動いたために保持ポジションを損切りし、逆のポジションを注文したところ、さらに相場が逆に大きく動いてダブルパンチで損失を出してしまう状態のことを「往復ビンタ」といいます。これは同じ局面で「順張り」と「逆張り」を併用することによって発生します。

具体的には「往復ビンタ」には以下の2つのパターンがあります。

パターン①

1.為替が上がると思って「買いポジション」を持ったところ、さらに相場が下がる
2.さらに下がると思い、「買いポジション」を損切りして「売りポジション」を持つ
3.すぐに反転して上がり始め、「売りポジション」でも損失を出す

パターン②

1.為替が下がると思って「売りポジション」を持ったところ、さらに相場が上がる
2.さらに上がると思い、「売りポジション」を損切りして「買いポジション」を持つ
3.すぐに反転し下がり始め、「買いポジション」でも損失を出す

「相場はもっと上がるかもしれないし、下がるかもしれないが、上がるような気がするので買ってみよう」といった曖昧な理由でエントリーすると、往復ビンタを受けやすくなります。

エントリーする際に上がる可能性も下がる可能性も感じている時点で、そもそもエントリーすべきではないのですが、確信をもてないままエントリーしてしまうと、どちらかに少し振れただけで「やっぱり逆だった、逆張りしよう」という心理に陥ってしまいます。

少なくとも順張りと逆張りを併用してはいけない

もちろん(パターン①②)のケースが思惑通りにがっちりハマれば、利益は倍になって返ってきます。しかし、リスクも通常の2倍であることを忘れないようにしましょう。

ネットでは実際に両張りで大きな利益を出したという内容の記事もみられますが、少なくとも初心者が参考にすべきではありません。根拠のないトレードは丁半博打と同じことです。

トレードに慣れてくると逆張りにも挑戦したくなるときがあるかもしれません。そもそも、相場の70%以上がレンジ相場だといわれていますから、トレンドが発生するまで待たなければならない順張りと比べて、レンジで力を発揮する逆張りは魅力的です。しかし、逆張りをおこなう場合、基本を身につけておかないと大ケガをするリスクがあることにも注意しましょう。

また、初心者のうちは「往復ビンタ」を避けるために、順張りと逆張りを併用しないようにしたほうがいいでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP