猫道場主は「テクニカル分析は無意味である」という意見に反論する

初心者を狙う罠

相場の動きを分析する上で「テクニカル分析」は非常にポピュラーな考え方です。しかし、テクニカル分析が有効とされる一方で、「競馬の予想屋と変わらない」「オカルトである」といったテクニカル分析を否定する意見も根強く多く聞かれます。

そこで今回は、テクニカル分析の有効性について解説していきたいと思います。

テクニカル分析は無意味だとされる根拠

最初に、テクニカル分析が無意味であるという主張の根拠について考えてみましょう。

ランダムウォーク理論

相場の値動きは、どの時点においても上昇と下降の可能性は同じ確率(50%)であり、過去のトレンドやデータによる将来の値動きの予測は無意味であるという考え方があります。これが「ランダムウォーク理論」です。

過去のチャートと似たようなパターンが現れたとしても、これから同じ動きをするとは限らないという考え方が、この理論の基本にあります。

テクニカル分析には科学的根拠がない

テクニカル分析には科学的根拠がなく、後づけにすぎないという意見もあります。よくいわれるたとえが、「猿」が適当に売買しても、「専門家」がテクニカル分析を用いて売買しても、結果に大差はないというものです。

たとえばトレンドラインなどは値動きの結果をなぞっているだけのことで、もしテクニカル分析が有効なら、「なぜ将来に対してトレンドラインを引かないのか?」という主張もあります。

テクニカル分析はオカルトである

テクニカル分析は「風が吹けば桶屋が儲かる」の類いの「こじつけ」にすぎないという意見も多く聞かれます。著名な投資家であるバートン・マルキール氏は、テクニカル分析もファンダメンタルズ分析も無意味な理論であり、「両者ともオカルトである」とまで語っています。

テクニカル分析には意味があると思う根拠

テクニカル分析否定派の根拠をいくつか紹介しましたが、一方でテクニカル分析には意味があると思う根拠について紹介します。

市場参加者達が意識しているポイントがわかる

相場の動きというのは、トレーダーの意識の集合体であり、テクニカル分析によって多くの市場参加者が意識すると思われるポイントがわかるようになります。

「サポートラインに差し掛かったら買いを入れる」「直近の安値を下回ったら売りを入れる」といった投資家の思惑の結果が、実際のチャートに現れるのは紛れもない事実です。

投資家の集団心理をパターン化できる可能性がある

為替相場は、世界中の為替市場で取引をしている投資家の集団心理を反映して動いています。多くの人が買いたいと思えば価格が上がり、売りたいと思う人が多いと価格が下がります。これらの集団心理をデータとして表しているのがチャートですから、チャートの分析に意味がないと断定するのは無理があると思います。

たとえば「雨が降ると外出する人が減る」という過去のデータがあったとして、次に雨が降ったときには、やはり外出する人が減る確率が高いと予想できます。これを相場に置き換えてみると、「〇〇というチャートの形になると買われる傾向にある」という過去データがあれば、同じようなパターンになった時に、また買われる可能性が高くなると予想できるわけです。

これはあくまでも「傾向」なので、予想が当たらない場合もあります。しかし、この「経験則」が当てはまる可能性が高いのであれば、テクニカル分析を無視すべきではないと思います。

チャート自体の絶大な影響力

チャートを見ないFXトレーダーはいません。チャートの影響力は強く、トレーダーの心理に影響を与えます。世界中のトレーダーがチャートを監視している状況は、「売る人が多いから自分も売る」「買う人が多いから自分も買う」といった集団心理を増幅して、相場の流れを大きくする効果があります。

テクニカル分析に意味があるか

テクニカル分析には意味があるはず

猫道場主としては、テクニカル分析には一定の意味があると考えています。

100%の相場予測ができないことは事実です。しかし、過去の値動きを検証したところで未来の予測はできない、したがってテクニカル分析には意味がないといった「100ゼロ」の考え方には賛同できません。相場の動きが人間心理の反映である以上、値動きに何の規則性もなく完全なランダムであるとはいえないからです。

猫道場主としては、たとえ(1%)であっても勝つ確率が上がる可能性があるなら、テクニカル分析を無視することは正しくないと思うのです。

自分に合ったテクニカル分析を見つけよう

テクニカル分析といってもその種類は無数にあります。しかし、ベストな分析方法というのは存在しません。有効と思われる分析方法を探すこともトレード技術向上のポイントです。

トレーダー自身の技能やトレードスタイルによって、マッチする分析方法があります。また、時間の経過とともにその分析方法も陳腐化する場合があります。したがって、自分が採用したテクニカル分析を妄信するのではなく、なぜその分析方法が有効なのか、納得がいくまで検証し勉強することが重要です。そのプロセスによって、自分に合ったトレードスタイルの発見に繋がるテクニカル分析に出会えるのだと思います。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP