今さら聞けないNISAの仕組みと分散投資の重要性を知る

初心者を狙う罠

NISA(ニーサ)とは、上場株式や投資信託などの投資に対して毎年決まった額の非課税投資枠が設定され、配当金(分配金)や値上がり益が非課税になる制度のことです。超低金利時代にあって、株式や信託系の資産運用に注目が集まっていますが、優遇税制を活用できるNISAにも多くの投資家から熱い視線が注がれています。

今回は、今さらきけないNISAの仕組みについて簡単に解説していきます。

NISAの種類

NISAには「一般NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類があります。年単位でいずれかの方式を選択することができ、それぞれの方式を併用することはできません。

一般NISA

NISA口座で購入した上場株式や投信などの配当金や分配金、譲渡益が年間の累積購入代金(120万円)まで、5年間非課税となる仕組みです。一度にまとめて投資したい人や、株主優待狙いや個別株式の値上がり期待など、株式投資を検討している人に向いています。

つみたてNISA

つみたてNISAは「長期」「積立」「分散」投資を支援するための非課税制度で、毎年(40万円)を上限として20年間、一定の基準を満たした投資信託に積立投資することができます。無数にある金融商品から投資先を選ぶのが面倒な投資初心者や、コツコツと将来のためにじっくり投資したい人に向いています。

ジュニアNISA

ジュニアNISAは未成年者のための少額投資非課税制度です。0~19歳の個人が対象で、非課税枠は年間(80万円)までです。投資利益や配当金にかかる税金は0%(非課税)です。

なお、ジュニアNISAは新規の口座開設が2023年までとされ、2024年以降は新規購入ができなくなりました。

NISAとは税金優遇制度である

累進課税制度の問題

NISAを活用することで所得税の節減が可能になります。所得税には所得が多いほど税率が高くなる「累進課税」という制度があります。

たとえばサラリーマンの場合、働いて得た給料の一部が所得税として徴収されますが、年間所得が195万円以下であれば所得税は(5%)ですが、900万円を超えれば(33%)、そして年収4,000万円を超えれば(45%)になります。

富裕層の金融投資が税金対策になるという背景

その一方で、株式などの金融商品から受け取る配当金(インカムゲイン)や売買益(キャピタルゲイン)は同じ所得でも「金融所得」という扱いになり、所得や資産の多寡にかかわらず一律で20%(所得税15%、住民税5%)となっています。ちなみにFXの収益も同じ税率です。

したがって、富裕層は所得に占める金融所得の割合が大きくなる傾向があります。金融所得課税は一律で(20%)なので、所得全体で見た場合、富裕層ほど税負担率が下がっていくことになります。この税制格差を是正するために、庶民にも税制優遇制度を活用してもらうべく、少額投資への金融所得課税の見直しが検討されました。それがNISAという制度なのです。

資産形成の3つの基本

いざ資産形成を始めようとしても、何から始めればいいかわからないという声もよく聞きます。その前に、資産形成には3つの基本があることを確認しておきましょう。

長期投資

短期間の投資で「儲けた損した」という話ではなく、10年20年という長期目線で複利効果を効かせて投資をするのが資産形成の基本です。だ。つみたてNISAによって非課税で保有できる期間は20年間ですから、まさにピッタリです。

分散投資

資産形成をするためには、単独の企業の株式に全額投資するのではなく、複数の企業の株式、あるいは投資信託や不動産など、さまざまなターゲットに分散投資してリスクヘッジを図ることが重要です。その点において、NISAそのものが分散投資のスタイルを形成しているところに優位性があります。

定額投資

「底値で買って天井値で売る」といったタイミングを計って投資するのではなく、毎月定額で淡々と積み立てることもリスクヘッジの面で重要です。定額投資は相場で一喜一憂することがないので、精神的にも平穏を保つことができます。

FXトレーダーにもNISAをおススメする理由

資産形成をするうえでは、NISAの活用はかなり有効です。一般NISAとつみたてNISAのどちらが得かという質問に対しては、投資家の目的や環境に適したプランを選ぶべきだと思います。毎月(3万円)ぐらいをコツコツと積み立てて投資をしたい場合は、年間投資上限額(40万円)のつみたてNISAがいいと思いますが、年間(100万円)以上、もしくは個別銘柄に投資したい投資家には一般NISAが向いています。

FXの運用利益には(20%)の税金が課せられますが、NISAに投資すれば年間(120万円)までであれば運用益に税金はかからず、資産の分散という意味でもNISAは有効に働くはずです。FXトレーダーとしても、少額ずつでもNISAを始めるメリットは大きいと思います。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP