どうしても勝てないトレーダーは「売りトレード」に徹底してみよう

テクニカル編

ほとんどのトレーダーは「買いトレード(円で外貨を買う)」がトレードの中心だと思いますが、なかなか結果が出ないのであれば、「売りトレード」にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

「売りトレード」で勝つためには、「売り」特有の性質を把握する必要があります。今回はそのあたりにも迫っていきたいと思います。

「売りから入る」とはどういう意味か

FXの取引には「買いで取引を始める(ロングポジション)」と「売りで取引を始める(ショートポジション)」という2つの手法があります。日本のトレーダーは株式投資からFXに参入するケースが多いためか、圧倒的にロングポジションを採用しているようです。株式投資にはほとんどショートポジションがないからです。

FXにおけるショートポジションは、信用取引でも用いられる「空売り」と同じです。ポジションを保有してから価格が下落すれば収益になり、価格が上昇すれば損失が発生します。

為替は「上がるのは遅く、下がるのは速い」

トレードを続けていくと気づくと思いますが、同じ値幅であっても上昇のペースに比べて下落するペースの方が圧倒的に早いことがわかります。これをたとえるなら遊園地のジェットコースターです。ジェットコースターは頂上まで上がるのに時間がかかりますが、下降に転じれば底までまっしぐらです。

相場の「上がるのは遅く、下がるのは速い」法則を理解していれば、FXで成功する可能性が高まる方法は思いつくはずです。「高く売って、安くなったら買い戻す」のが合理的です。

戦うための得意技をつくろう

FX初心者にとって、ショートポジションはどのように利益を上げるのかという感覚的なイメージを持ちにくいところが難点です。たとえば利益が出ている相場の下落場面で様子見をしてしまい、収益機会を逃してしまうこともあり得ます。このようなミスを防ぐためには慣れるより方法はありませんが、トレードを重ねることによって時が経てば解決できるはずです。

ショートポジションで戦うためには得意戦法を身につける必要があります。その基本となるのがチャート分析です。そこで、ショートポジションを建てるタイミングを見極めるための代表的な2つのテクニックを紹介します。

トレンドラインで見極める

トレンドラインによって下降トレンドを見極め、ポジションを建てるタイミングを見極める手法が挙げられます。トレンドラインには主に2種類があります。ローソク足の安値を結ぶ「サポートライン」と、高値を結ぶ「レジスタンスライン」ですが、下降トレンドを見極めるためにはレジスタンスラインを活用します。

レジスタンスラインの右下がりが大きければ下降トレンドが強くなっていると判断でき、右下がりがなだらかであればトレンドが弱まっている証拠です。当然ですが、下降トレンドが大きいときがエントリーチャンスです。

移動平均線で見極める

移動平均線」は、チャート分析に用いられるテクニカル指標のなかでも、扱いやすさから多くのトレーダーに愛用されています。移動平均線にはいくつかの種類がありますが、よく使われているのは「単純移動平均線」です。これは一定の期間における為替レートの終値の平均値を計算して、つなぎ合わせて線を引いたものです。

下降トレンドを判断する場合には「移動平均線の向き」と「移動平均線とチャートの位置関係」が重要です。移動平均線が右下がりになっていれば下降トレンドで、移動平均線よりも下側にチャートがある場合は、強い下降トレンドが訪れると判断できます。

勝つための手法はひとつで構わない

ショートポジションだけで勝負しようと思っても、何らかの武器がないと戦えません。どうやってエントリーしていくのかが重要なテーマですが、ここはシンプルに考えていくのがポイントだと思います。初心者へのアドバイスとすれば、水平線だけでも充分戦えると思います。

水平線のラインを引いて、サポートがレジスタンスに変わる瞬間を狙い撃ちするようなエントリーなら間違いは少ないはずです。そうそう訪れるチャンスはないので、エントリー回数はガクンと下がりますが、その分勝率はグッと上がります。エントリー回数と収益は無関係ですから、この考え方でOKなのです。

そして大きく稼ぐためには、大きく下がる場面の癖を知る洞察力が必要です。過去チャートを見ると、毎月どこかで大陰線をつけて落ちるタイミングがあります。このようなポジションを把握できるようになれば、大きく稼ぐことも可能になります。

そのテクニックを身に着けるまでは、キズが大きくならない堅実なトレードを続けていくのが勝利への近道です。ショートポジションでも、コツコツ利益を積み上げることが基本です。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP