ビットコイン投資では暴落のリスクを避けることが難しい

初心者を狙う罠

ビットコイン投資が賑わいを見せています。ビットコイン相場はFXや株式投資とは趣が異なる点が多々あります。実態のないものに値段がつくという仮想通貨の成り立ちには、どのような秘密が存在し、なぜ多くの人がビットコインに熱中するのでしょうか。

ビットコインの相場は継続的に右肩上がりに大きく上昇しているイメージがあるのですが、常に価格が上がっているわけではありません。過去には何度も相場が急落する場面があり、大きな痛手を被った投資家も多数存在します。そこで今回は、ビットコインが暴落するメカニズムと、対応策について解説します。

ビットコイン暴落につながる4つの理由

ビットコイン相場は、大きく上昇することもあれば一気に暴落することもあり、株やFXとは比較にならないほど、価格が激しく上下します。

各国の仮想通貨規制

仮想通貨に関するルールが整備されないため、これらの仮想通貨を利用したマネーロンダリングや詐欺行為が横行しているという現状があります。仮想通貨が犯罪に利用されることを防ぐために、世界各国で仮想通貨に対する規制強化の流れが生まれています。規制強化は自由な取引を阻害する要因になるため、市場が一時的に不安定になり、仮想通貨相場にも影響が及びます。

2021年5月には中国政府がビットコインのマイニングや取引の規制を発表し、市場は大きく下落しました。日本でも、仮想通貨の証拠金(レバレッジ)取引が改正金融商品取引法の規制対象となりました。今後も各国の取引規制が広がる可能性があり、ビットコイン市場への影響が懸念されています。

市場規模の問題

ビットコインの価格が変動しやすい理由として、市場規模が小さいという点が挙げられます。市場に参加する投資家や取引量が少ないと、売買のバランスがわずかに崩れるだけで価格が大きく動いてしまうのです。また、仮想通貨市場には株式市場のような「ストップ高」「ストップ安」の仕組みがないため、一度暴落が起こると際限なく価格が下がってしまうリスクがあります。

ハードフォークの発生

仮想通貨における「ハードフォーク」とは「仕様の変更」という意味です。ハードフォークによって互換性がなくなると、分裂して新しい仮想通貨が誕生します。

これまでもビットコインは、幾度となくハードフォークを繰り返して分裂し、「ビットコインキャッシュ」「ビットコインゴールド」「ビットコインダイヤモンド」「ビットコインシルバー」などの新通貨が誕生しました。ハードフォークを控えた仮想通貨は、ハードフォーク実施の前後で相場が大きく変動します。

最近の事例から

乱高下を繰り返すビットコインの状況を、2021年を例にとって説明します。この1年間だけでも、ジェットコースターのように激しく相場が動いたことが確認できると思います。

2021年上期の状況

2020年12月にこれまでの最高値である(200万円)を超えたビットコインはそのまま上昇を続け、2021年4月には(600万円)を突破しました。

しかし、5月に米電気自動車大手テスラがビットコインを使った決済の停止を発表したことや、中国政府によるビットコインのマイニングや取引の取り締まり強化の発表を受けて、5月下旬から6月上旬にかけてビットコインは(300万円)付近まで暴落しました。しかし、その後は反転して4月の価格近くまで回復しました。

2021年下期の状況

9月20日には中国の大手不動産会社中国恒大集団の債務問題に端を発して金融市場に不安が広がり、ビットコインは(548万円)まで下落しました。しかし、その後は目覚ましい価格上昇を見せて11月上旬には(770万円)に到達し、史上最高値を更新しました。

そして、年末年始にかけて再び下落に転じ、2022年1月末時点では(400万円強)で取引されています。

ビットコイン暴落の対策を考えてみる

このように乱高下をするビットコイン相場に対応するためには、どのような対策が有効でしょうか。

情報収集に注力して危険を察知する

ビットコインは「暗号資産の基軸通貨」と呼ばれ、ビットコイン関連のニュースは日々飛び交っています。これらのニュースは、ビットコインの相場を予測するうえで重要な意味を持ちます。たとえば、特定の国における仮想通貨規制やハードフォークの予定が発表されると、それだけで価格変動が起こる場合があります。日ごろから仮想通貨関連のニュースに注目しておくことで、ある程度暴落のリスクを予測できるかもしれませんが、一般の投資家が事前に危険度をキャッチできるかどうかといえば、現実的ではないでしょう。

分散投資が基本

資産の大量投下をしないことが最大のリスクヘッジになります。ビットコインは値動きが激しいので、多額の資金を投資するのは危険です。あくまでも余剰資金を使って取引をするように心がけましょう。また、仮想通貨ではない複数の投資先に資産を分散投資することでリスク管理しましょう。

損切りを適切に決断する

ビットコインが暴落した場合、すぐに日本円に交換して損切りをするか、そのまま保有を続けるかの判断をしなければいけません。

FXにも通じる対策ですが、これ以上の損失を増やさないために、損切りをすることが重要な対策です。暴落した時点の価格が底値であれば、塩漬けにしておく選択もあると思いますが、ビットコインの場合、暴落が起きたあとに二段階で値崩れが起こるケースも少なくありません。

高等テクニックだがFXのように「空売り」も成立する

レバレッジを掛けてビットコインを取引する場合は「空売り(ショート)」を選択できます。空売りとは売りの新規注文から入り、価格が下がってから買い注文をおこなうトレード手法です。

ビットコインを買う前に

ビットコインにチャレンジする場合は1万円から10万円以内の余剰資金でスタートしましょう。ビットコインにおけるレバレッジ取引はリスクが高いため、投資初心者にはおススメできません。レバレッジ取引では投資資金を上回る損失が発生する可能性がある点に注意しましょう。レバレッジ取引をしない限り借金を背負う可能性はないので、最低限その点だけは安心です。

仮想通貨はボラティリティ(相場の動き)が大きいので、大きく儲けることが可能ですが、リスクも大きい投資方法です。「増えたらラッキーだけどなくなってもいい」くらいの気持ちの余裕をもてる金額の範囲で投資することが望ましいと思います。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP