「FXは投資かそれともギャンブルなのか」という疑問に答える

初心者を狙う罠

FXにつきものの話題といえば「FXは投資か、それともギャンブルか」というフレーズです。FXで資金を投じると、それが「増えるか減るか」というどちらかの結果が出る以上、ギャンブルであるという主張に一理あるといえるかもしれません。しかし、猫道場の考え方は異なります。

先に結論をいえば、FXをギャンブルと考える人にとってはギャンブルになり得るし、投資だと考える人にとっては、それは投資になります。

FXはパチンコや競馬と同じか

考え方は人それぞれ

資金を増やす方法としては、競馬・競艇・オートレース・パチンコなどのギャンブルのほか、株式投資・投資信託などの投資が考えられます。これらをギャンブルや娯楽と考えるか、投資あるいは仕事としてとらえるかは人それぞれだと思います。

しかし、真実としていえるのは、どれもが、かならず資金が増えるわけではなく、場合によってはお金を失ってしまうリスクがあるということです。

FXに否定的な人はFXのことをよく知らない

FXに否定的な考え方をもっている人は、「FXはパチンコや競馬、競艇と同じギャンブルだ」というでしょう。しかし、FXに対する悪い印象や過剰な恐怖心をもっている人のほとんどは、「FXをやったことのない人」か「やってみて儲からないのですぐにやめてしまった人」のどちらかだと思います。

世間の人はFXをどのように考えているのか

FXのイメージがギャンブルと同一視される理由として、為替の動きが「上がるか下がるかの二択」であるところにあります。FXをまったく知らない人がトレードしても(50%)の確率で勝ってしまうことがあるわけです。実際にトレードしたばかりの初心者がビギナーズラックで勝ってしまうことは少なくありません。

FXがギャンブルではないと考えられる理由

ギャンブルだと考える人にとってはギャンブルになりうる

感情にまかせてトレードをする人にとっては、FXはギャンブルになり得ます。最初からムリなレバレッジ(掛け率)でトレードし、負けると熱くなって「一か八か」の勝負に出て、結果的に大損すれば「なんて効率の悪いゲームなんだ!」と思うかもしれません。このように、トレードの基本から逸脱した方法で臨むのであれば、それはもうギャンブルでしょう。

自分でルールを決めて、そのルールに当てはまった時だけ取引をする。もちろん資金管理もきちんとする。こうすることでFXはギャンブルではなく投資になります。

勝敗は誰が決めているのか

ギャンブルか投資かという基準のひとつは「誰が勝敗を決めるのか」という点にあると思います。たとえばパチンコの勝敗は機械がランダムに決めています。競馬の勝敗を決めるのは騎手と馬で、競艇は人とボートです。

それに対して、株式投資やFXは人間の思惑によって値が動きます。株価の価値や外貨の価値を決めるのは人間なのです。これがギャンブルや娯楽と投資の決定的な差だと思うのです。ちなみに勝敗を機械が決める「宝くじ」の場合は、ギャンブルというのは語弊があると思うので、娯楽ということになると思います。

FXをギャンブルにしないための心得

FXはあくまでも余剰資金で

FXは余剰資金でおこなうようにしましょう。FXでもっとも重要なのは適切な判断力です。トレードは勝ち負けの繰り返しなので、ときには損失を受け入れる判断が必要になる瞬間が訪れます。この状況において全ての資産を突っ込んでしまうと、冷静な判断ができなくなり、必ず負けます。

本来なら借金をする場面はない

FXには「ロスカット」というシステムがあるので、借金を背負うことはほとんどありません。ロスカットは、証拠金維持率が著しく低くなった時点で強制的に取引を終了させ、損失を確定させるシステムです。その場合には損失は出ますが、元金の範囲内に収まるので借金を背負う事態にはなりません。

したがって、過度に借金の心配をする必要はありませんが、それでも借金を背負ってしまう可能性はゼロではありません。それは、為替の急変によってロスカットが作動しなくなるケースです。このケースでは、損失額と元金の差額分をFX口座に入金しなければなりませんが、過大なレバレッジを掛けてトレードしなければ、損失を最小限に抑えることが可能でしょう。

そもそもギャンブル脳の人はFXをやってはいけない

FXで大きく負けているのは「ギャンブル脳」の人です。パチンコ中毒の人にFXをすすめるサイトなどもありますが、猫道場主はこれには反対です。

FXの戦略の基本は、コツコツ地道に利益を重ね続けることによって最終的に収支をプラスにすることです。したがって、負けた時に感情的になってしまう人にはFXは向いていません。通常のギャンブルであれば自己資金が尽きればそこで終了ですが、手持ち資金以上のトレードが可能なFXではギャンブル以上の悲劇が起こるでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいします!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP