国内のFX会社でほとんど「MT4」が使えない理由について

おススメのFX会社

MT4」は、ロシアの「MetaQuotes社」が開発した世界で最もメジャーな「チャート分析&自動売買ツール」です。

MT4はバージョンアップを繰り返し、現在はMT4の後継バージョン「MT5」が登場していますが、MT4で開発されたインジケーターやEAなどの資産をそのまま引き継ぐことができないうえ、機能的にはMT4とさほど変わらないため、ユーザーはあまり広がっていないようです。

日本の国内業者のなかでMT4が使える会社は10社前後しかありません。そのかわり、どのFX会社も自前の分析ツールをもっています。MT4を導入したほうがコストも安くなると思うのですが、国内のFX会社がわざわざ開発費をかけて自社のトレードシステムを維持している理由は何でしょうか。

国内FX会社が採用している「DD方式」とは

本題から少し脱線しますが、国内FX会社の「DD方式」について少し解説していきます。この点に触れないと、国内会社がMT4を採用しない理由が理解できないからです。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

「DD方式」とはなにか

DD方式というのは、顧客の注文をそのままインターバンク市場に発注するNDD方式(多くの海外口座が採用している方式)とは異なり、一旦FX会社が注文を保留する仕組みのことです。

DD方式では、FX会社にとって有利になる(つまり顧客が損をする)注文はそのままインターバンクに通し、不利になる(会社が損をする)注文はインターバンクに注文せずに、最終的にFX会社内で相殺するなどの処理がおこなわれます。この仕組みは上手くできています。かいつまんでいうと、顧客が損をすると会社が儲かる仕組みというわけです。

FX会社によってレートが異なる

DD方式は顧客とFX会社との相対取引なので、顧客はFX会社の「言い値」で売買をすることになります。為替レートはそれぞれのFX会社が裁量で決めるため、同じタイミングであってもA社では(ドル=100円)、B社は(99.99円)、C社は(100.02円)など、価格が異なることもあります。

DD方式の会社がスキャルピング制限をしている理由

余談になりますが、多くのDD方式の会社がスキャルピングを禁止しているのは裁定取引(アービトラージ)を予防するためです。

DD方式の会社間で発生する価格差を利用して顧客にアービトラージ取引をされてしまうと、FX会社の利益の期待値がマイナスになってしまうため、スキャルピングを制限しているわけです。

DD方式の会社はスプレッドが狭い

ここまで解説すると、DD方式というのは顧客にとって不利な面だけがクローズアップされてしまいますが、顧客にとって有利なポイントがあります。それはスプレッド(実質的な手数料)です。DD方式の会社はスプレッドを狭くできるのです。

DD方式ではFX会社はインターバンクへ顧客の注文をそのまま流さずに、顧客同士の注文を相殺することができます。Aさんが100円で買い注文を出している同じタイミングで、Bさんが100円で売り注文を出している場合、FX会社はわざわざインターバンクへその注文を流さずにAさんとBさんの注文を相殺することができます。このように、インターバンクへの注文にかかる手数料を省くことができるので、その分スプレッドを狭くすることが可能になるのです。

スプレッドに利益を依存しているNDD方式の海外業者は、DD方式の会社の低スプレッドには追随できません。

国内FX会社がMT4を提供しない理由

MT4を導入するための規制のハードル

2013年に国が投資に関するルールを定め、「投資判断のアドバイスをおこなうサービス」を営業するためには投資助言代理業者という資格を取得しなければならないことになりました。正式な司法判断はないようですが、MT4の自動売買ロジックである「EA」は投資判断のアドバイスに含まれるという見解が有力です。

なお、投資助言代理業者の資格を得るためには、以下のような条件が課せられています。

・500万円の営業保証金
・投資判断者、内部監査官、コンプライアンス担当者の3名を役員として任命すること
・投資助言をおこなうためのオフィスの設置

MT4の導入に際してはこのような高いハードルが設けられているため、国内のFX会社はMT4を採用せず、取引ツールの自社開発をすすめていったと考えられています。

手数料値下げ競争の結果

一方で、日本国内のFX会社はスプレッド(手数料)の値下げ競争の真っ只中にあります。MT4を導入すると、取引量が増えるほど「Metaquotes社」に支払う手数料が大きくなり、この費用は顧客が負うことになります。

したがって、ほとんどの日本国内の会社は、MT4に手数料を払うよりも独自の取引ツールを開発してスプレッドを抑制したほうが、他社との差別化もでき、顧客を多く集めることができるという判断をしたのだと思います。

MT4を導入すべきかどうか

MT4が優秀であることは疑いないが

MT4は世界中のユーザーを対象にしたツールなので、使い勝手にクセはありますが優秀なツールであることは疑いありません。

ただし、国内FX会社の取引ツールもかなり進化しているし、なによりこれらの取引ツールは日本国内のユーザーを対象にした使い勝手になっていることを考えると、MT4とも見劣りしないように感じます。ただし、分析ツールはトレーダーの感性にも関わる問題なので、実際に試してみないとわからないというのは事実です。

独自にダウンロードすることが可能

MT4はインターネットから無料でダウンロードすることが可能です。手順に従えば簡単にインストールできますので、興味のあるユーザーは一度試してみてください。時間に余裕があれば、国内口座のツールと使い比べをしてみるといいでしょう。

☞MT4のダウンロードはこちら


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP