投資初心者がビットコインや仮想通貨で大失敗しないために何が必要なのか

初心者を狙う罠

「ビットコイン」に代表される仮想通貨(暗号資産)投資は、相変わらず人気があります。ジェットコースターのように乱高下する仮想通貨相場は、株式投資やFXと比較して格段に刺激的であり、一攫千金の夢を実現する可能性を秘めています。

しかし、相場の激しい変動から、資金を失う投資家も後を絶たず、数々の悲劇を生んでいます。そこで今回は、仮想通貨で失敗したトレーダーの反省の弁から、これらの仮想通貨投資にチャレンジする際の注意点について解説したいと思います。

なぜこれほど多くの投資家が仮想通貨で撃沈したのか

金銭感覚が麻痺する

2018年当時、ビットコインをはじめ、ネム、リップルなどの仮想通貨は、購入すればすぐに数倍から数十倍に値上がりしました。一発勝負に挑んだ投資初心者である普通の主婦や大学生が、わずかな間に数億円もの資産を得たなど、いわゆる「億り人」の武勇伝は数知れません。

ただしこれは、たまたまタイミングよく「売り抜けた」人の話であって、多くの「億り人」の追随者は軒並み悲劇的な結末を迎えました。一旦は数倍まで投資資産の価値を増やした投資家も、億単位の資産拡大を欲張り、その後の大暴落でロスカットの憂き目にあいました。誰もが「金銭感覚麻痺」の状態にあったのです。

損切りすら知らないシロウト投資家

どんな投資においても、その基本戦略は「どこで損切りするのか」ということです。どんな投資先であっても100%勝てるはずはなく、そのための対策が重要なのです。しかし、仮想通貨投資に参入した多くの初心者は、その常識すら知らずに投資に飛び込んでいきました。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

スマホ画面をチェックすると、あっという間に2倍とか3倍になっていた。マジメに働くことがバカバカしくなってくるよ。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

目が覚めたら100万円プラスになっていたこともある。ビットコインは楽勝で儲かる!

このような異常な価格上昇を目の前にしてしまうと、「よもや下落することなどあるまい」という幻想に囚われ、多くの人がすぐに億万長者になれるという幻想を抱いたことでしょう。上昇する価格の上昇を目の当たりにして、さらに資産をつぎ込み、悲劇を拡大させてしまった例も多かったのです。

投資を結果論で語るようになってはオシマイ

仮想通貨で失敗した人の反省の弁

仮想通貨投資で失敗する理由というのは、結局のところ2つに収斂されます。

①投資に対する知識がなかったこと
②投資がマイナスになる想定をしなかったこと

実際にこのようなコメントをネット上で多く見つけることができました。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

際限なく儲かると思っていたので、最初から「損切りポイント」も「利確ポイント」も決めていなかった。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

値上がりしたときに、せめて元本だけでも抜いておけばよかった。ところが、急激な上がり方を目の前にするとそのような考えは吹き飛んでしまい、イケイケで投資資金を追加して傷口を広げてしまった。

https://catty-fx.com/wp-content/themes/muum_tcd085/img/common/no_avatar.png

いつか暴落するかもしれないという予感はあったけれど、一旦は手にしたこともない大金が見えてしまった以上、値下がりに転じて元本割れしたときに、その現実を認めることができなかった。

「取らぬ狸」を夢想し「死んだ子の歳」を数える

ビットコイン価格の高騰の瞬間を狙って1か月程度の短期間で運用を終わらせていたとしたら、間違いなく儲かっていたはずです。

当たり前ですが、投資においてこのような「取らぬ狸」を夢想し、「死んだ子の歳」を数えているようでは、破滅から逃れることはできません。

金銭感覚を麻痺させないために

仮想通貨の魔力から逃れるために必要なのは、金銭感覚を麻痺させないことだと思います。そのために何をすればいいのでしょうか。

宝くじを500万円買う人はいない

お金の使い道がないような大金持ちを除いて、宝くじに500万円突っ込む人はいないと思います。猫道場主は、仮想通貨投資も同じようなものだと考えています。見通しが立たないターゲットに対して全精力をつぎ込むことは避けるべきだからです。

理解できないものに投資してはいけない

株式には企業の業績や資産を基軸とした評価指標が存在します。為替相場においても、当該国家の経常収支や金利など、合理的な評価指標が存在します。しかし、仮想通貨は需給だけで価格が動くものであり、それが合理的であるかどうかを評価する指標もありません。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は「理解できないものに投資をするな」と、警句を発しています。たとえば「A社の株価が急騰している」という話を耳にしたときに、A社がどのような商品やサービスを提供して儲けているかも知らないまま、投資をすることは危険な行為だというのです。

仮想通貨投資との向き合い方

最低限の学習をしてから投資をスタートしよう

自分が一生懸命働いて貯めたお金を投じるのですから、せめて最低限の知識は身につけたうえで、冷静な判断ができるようになってから投資を開始しましょう。仮想通貨は円やドルなどの法定通貨や株式と異なり、その物自体には交換価値がないことについて、あらためて確認しておくべきだと思います。

投資詐欺が横行している

投資全般にいえることですが、「絶対に儲かる方法」は絶対に存在しません。昨今、仮想通貨をネタにした投資詐欺が横行しています。詐欺師は「あなただけ特別に」「絶対に儲かる」などと言葉巧みにすり寄ってきますが、もしそのような方法があるなら、自分で勝手に実践すればいいのです。

怪しい話には絶対に乗らないようにしましょう。詐欺師は、勧誘することでいくらかのマージンを得る仕組みになっています。知らない人が集まった投資LINEグループに招待されたら要注意です。

儲かったらかならず元本を回収する

わずかな期間で大金を儲けたという話を耳にすれば、「自分も一攫千金を」という気持ちになりますが、リスクヘッジだけは準備しなければいけません。たとえば自己資産の10%以内にするなど、ムリのない範囲内で楽しむ感覚で投資をすすめるといいでしょう。

リスクヘッジのためには「損切り」設定をかならずすることと同時に、もしプラスが出た場合は、元本を引き出しておくことをおススメします。その後のトレードですべて失ったとしても、赤字になることは避けられます。結局のところ、投資というのは余裕がある人が勝つものです。元本を回収できれば、余裕が生まれる効果があります。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP