FXトレーダーも投資信託を賢く学んで分散投資を目指そう

FXの基礎編

投資というと株式投資を思い浮かべる人が多いと思いますが、そのほかにも投資商品があります。そのひとつが「投資信託です。投資信託は投資のプロに資金を預けて運用してもらう仕組みの金融商品で、証券会社や銀行、郵便局でも購入できます。今回は投資信託の基礎を学習しましょう。

投資信託とはなにか

投資信託とは、多くの投資家から集めた資金をまとめ、投資を専門とする運用会社が株式や債券、不動産などに分散投資する仕組みの金融商品です。

投資信託の運用成績はマーケットの状況によって変動します。運用損益は資金額に応じて投資家に割り振られますが、「投資」と名がつく以上、元本は保証されません。

投資信託を運営するシステム

投資信託は運用会社」「金融機関」「信託銀行」の連携によって成り立っています。「(投資信託)運用会社」が商品をつくり、銀行や郵便局などの「金融機関」が販売し、集まった資金は「信託銀行」が保管します。運用会社は投資家それぞれの投資先を信託銀行に指示し、信託銀行が金融商品の売買をおこないます。

投資信託の種類

投資信託の投資対象

投資家の希望に応じて投資先を選択できるのが投資信託の魅力です。投資対象地域は国内、海外、いずれも可能で、債券、株式、不動産やこれらの複合系商品に投資することができます。

購入期間について

投資信託の立ち上がりの募集期間のみ購入できる「単位型」などの期間限定の商品や、いつでも購入できる「追加型」があります。

投資信託の特徴

投資信託のメリット

少額から投資できる

投資の代表と呼ばれる株式投資は、初期投資がそれなりにかかりますが、投資信託は1円単位から始めることもできます。

金融の専門家が運用してくれる

投資に必要な知識というのは、簡単に身につかないものです。投資信託は金融や経済に関する知識を身につけた専門家が、投資家の代表として運用してくれるので、投資初心者でも安心です。

分散投資ができる

投資の基本は「分散投資」ですが、個人投資家が自分で運用しようとしても手間がかかるうえ、有望な投資先を見つける技能も問われます。その点、投資信託は小口の資金を集約して大きな資金で運用することによって商品価値の高い金融商品への分散投資が可能になり、同時にリスクも軽減できます。

定額投資の有利性(ドルコスト平均法を発揮できる

投資信託では、定期的に一定額の資産を積み立てる投資方法を選ぶことができます。これを「ドルコスト平均法といいます金融商品の基準価額が低い時は購入口数が多くなり、基準価額が高い時は口数少なくなるので、結果的に平均購入額が割安になります。

透明性が高い

投資信託は「基準価格」を毎日公表しています。これによって、投資先の資産価値や値動きを随時確認することができます。また、決算ごとに監査を受けているので透明性も高いです。

投資信託のデメリット

元本保証がない

投資信託は元本保証しません。マーケットの動向によっては大きな利益を生むこともありますが、損失を被ることもあり得ます。

投資信託に組み込まれている「株式」「債券」「不動産」などの価格は、企業業績や経済情勢、政策によって変動します。外貨建て商品の場合は為替レートの変動に応じて損益が上下します。債券を組み込んだ商品の場合は、金利が下がると債券の価格は上がり、金利が上がると債券の価格は下落します。

金融商品というのはリスクが小さければリターンも小さく、リスクが大きなものほどリターンも大きくなります。「ローリスクハイリターン」という商品は存在しないといっていいでしょう。最悪のケースは企業の倒産や国のデフォルトです。簡単には起こりませんが、絶対にないとはいい切れません。

比較的手数料が大きい

投資信託の運用には、運用会社」「金融機関」「信託銀行」など複数の機関が絡んでいるため、手数料が結構かかります。この点は手数料が安いFXとは比較になりません。商品によって、また取り扱いの金融機関によって手数料が異なるので、購入時にはきちんと確認しておきましょう。

分散投資の重要性

卵はひとつのカゴに盛るべからず

資産運用の慣用句に「卵はひとつのカゴに盛るべからず」というものがあります。ひとつのカゴに全部の卵を入れていると、カゴを落とせば全ての卵が割れてしまいます。しかし、いくつかのカゴに卵を分けて入れておけば、ひとつのカゴを落としたとしても卵をすべて失うことはありません。

この警句のように、資産運用をする場合も分散投資が基本です。複数の種類の金融商品に分散したり、同時ではなく数回に分けて投資することによってリスク分散が可能になります。

FXとの親和性も高い投資信託

投資信託は比較的投資性が強い金融商品なので、FXとの親和性も高いといわれています。FXトレーダーも、分散投資先の候補として投資信託を検討してみてはいかがでしょうか。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP