副業としてFXを選んで成功する人の性格とその戦い方について

おススメのFX会社

副業を検討している際に、FXを第一候補として想定している人も多いと思います。ネットなどでいろいろと情報を集めてみると、FXを紹介する記事を多く目にします。そこでは儲かる話ばかりが目につき、信憑性が疑わしい内容のものも無数に並んでいます。「FXは怖い」「FXは難しい」といったイメージから、FXを副業にすることについて二の足を踏んでいる人も多いと思います。

そこで今回は、FXを副業として成り立つのかどうかを解説します。猫道場としては、無責任にあらゆる人にFXを副業として推奨することはしません。FXはすべての人におススメできる副業とはいい難く、適性がある人が正しいやり方で始めることが成功への道だといえるからです。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FXは副業として成立するか

FXが副業として成立するかどうかは、運用できる資金と目標収益のバランスで決まります。副業としての重要な考え方として、「安定性を基本に置くべき」というのが猫道場の立場です。

目標収益率=月間(5~10%)

堅実にトレードを重ねていけば、FXで上記の収益率を達成することは可能です。あとは運用資金をどの程度用意できるかということになります。

運用資金 月間収益
10万円 (5,000~10,000円)
50万円 (25,000~50,000円)
100万円 (50,000~100,000円)

目標収益の(10~20倍)の軍資金があれば副業として成立しますが、上記の表でも確認できるように、副業としてのFXは思ったほど儲かりません。

(10%)以上の収益率を目指す場合は、それだけギャンブルトレードの可能性が高まることになるし、ギャンブル率を上げずにこれ以上の収益額を目指すのであれば、軍資金をもっと大きくする必要があります。

生存率(10%)のカラクリ

そもそもFXトレードが成立するのは、「買う人」がいて「売る人」がいるからです。勝ち負けでいえば(50%)の確率ですから、確率論からいって「生き残る確率10%」というのはあり得ない数字ではないでしょうか。

要するに、このことが示しているのは、勉強せずにいきなり市場に飛び込み、あるいは無謀なトレードで玉砕する初心者があまりにも多いという事実です。

FXを副業としておススメできる人

少し話がそれましたが、それでは具体的に、どのようなタイプの人がFXを副業とすることに向いているのか考察していきましょう。

トレードの時間を確保できる人

時間的な制約がある中で、トレードのための時間を確保できないと副業として成立しません。もっとも、FXは平日24時間取引できます。したがって、時間的な制約は限定的ですが、できれば毎日決まった時間にトレード時間を確保することが理想です。

注意しておきたいのは、毎日かならずトレードをしなければならないという意味ではないことです。エントリーするチャンスがなければ、その日は取引せずにチャートをチェックするだけの場合もあるはずです。

お金に厳しい人

基本的にFXはケチな人のほうが向いているように思います。お金に厳しい人はあまり欲張らず、慎重なトレードができるからです。収益向上に貪欲なので、トレード手法の改善や取引口座の見直しにも熱心です。

それとは反対に、お金に無頓着な人は日々のトレード収支についても関心が薄く、一発逆転を狙ったギャンブルトレードに走りやすい傾向があるように思います。

投資やお金に興味がある人

仕事でも遊びでも、興味のないことに集中して取り組むことは難しいものです。ビジネスマンであれば、普段から経済ニュースに興味をもち、FX以外の投資にも興味をもっているタイプの人は、実際のトレードにおいてもその知識を生かすことができるでしょう。

コツコツ努力できる人

日々、専門書などを読んでチャート分析を研究し、経済ニュースをチェックするなど、投資の勉強をすることによって、初心者は勝てるトレーダーへと成長していきます。

努力型」の人は、すぐに結果が出なくても、かならず勝てるようになりますから、それを信じて勉強を続けていけば好結果が出るはずです。トレーダーとして成長するためには、実戦を長く続けるために博打的なトレードをしないことが肝心です。

FXの副業にはこんな特典がある

小さな資本で始めることができる

FXトレードは最大25倍までのレバレッジを掛けることができます。将来的にスキルを積んで勝てるようになれば、資本を大きくして大きなリターンを狙うことも可能です。ただし、その場合でも収益率は(5~10%)に設定して、堅実なトレードを心がけてください。

収益に対する税金が安い

FXは税制の優遇措置が設けられています。FXの収益に対する税率は一律(20%)です。所得税の最高税率は(55%)ですから、その差は歴然です。しかも、FXの収益は本業の給与所得などと合算されない「分離課税」なので、いくら利益が出ても税率は変わりません。

FXで年間20万円以上の利益が出たら忘れずに納税して下さい。

副業として運営するためには口座選びも重要なテーマ

FXを始める際の重要なテーマのひとつが口座選びです。口座選びはトレード収支にも直結する重要な要素です。

スポーツや遊びなど、あらゆることに共通するのは、よい道具を選ぶことが成功のための第一歩になるということです。FX口座はトレードのための道具です。

そうはいっても実際に多くのFX会社があり、比較するテーマも多岐にわたるので、比較サイトなどをみても結局どれがいいのか判断できないのが実情だと思います。猫道場としても「ここが一番」とは断定できませんが、考え方として、以下のポイントを比較してみるといいと思います。

・スプレッド(実質的な手数料)が狭いこと
・約定力(指定したレートで成約する力)が高いこと
・ニュース配信が豊富なこと

猫道場でもおススメのFX口座を紹介しています。猫道場主の個人的な経験ですが、取引量の大きい口座は、多くのユーザーに支持されているので、安心して取引できるはずです。あとはいろいろと実際に試してみて、トレードツールや操作性について自分の感性に合ったものを選ぶといいでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP