初心者にとってスキャルピングは参入障壁が低く難易度がおそろしく高い

テクニカル編

FXでスキャルピングを極めることができれば、おそらく最強のトレーダーになれるでしょう。スイングトレードやデイトレードでは勝てる局面は限定されてしまいますが、スキャルピングであれば、レンジ相場でもトレンド相場でも、為替が上がっても下がっても、どの局面でも勝負ができるからです。

そうはいいながら、スキャルピングで勝てるようになるというのは大変に難しいことです。初心者が安易にスキャルピングに手を出すと破滅のきっかけになり得ます。なぜスキャルピングが大損の元になるのか、今回は猫道場主の経験を元に話していきます。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

スキャルピングが難しい理由

かつて猫道場主もスキャルピングに挑んだことがあります。しかし、如何せん技量が及ばず、一旦はトレードを休止せざるを得ないほどの手痛い損失を被ったのです。

「1分足」の弊害

猫道場主はローソク足の「1分足」だけを見てスキャルピングをしていたのですが、あとから考えれば、これが最大の失敗の原因でした。

短い時間足のチャートはパソコン画面で自動調整されて拡大表示されるので、実際にはそれほど大きく動いていないにも関わらず、激しく値動きしているような錯覚をしてしまいます。

パソコン画面を見て「買いだ!」と反射的に飛びついてしまうのですが、冷静になって振り返ってみると、エントリーの判断基準となった「大陽線」はたったの(5pips)しか動いておらず、無理にエントリーするようなチャンスではなかったということが何度もありました。

視野が極端に狭くなる

このように、スキャルピングでトレードをしていると視野が極端に狭くなってしまうのです。上昇トレンドだと誤認してレントリーしたものの、そのチャートを1時間足で見れば下降トレンドだったということも珍しくありませんでした。まさに「木を見て山を見ず」という状態です。

ポジポジ病を発症する

スキャルピングはエントリー回数が激増します。やがて、常にトレードをしていないと落ち着かない状態になり、無駄なエントリーが大量発生してしまいます。いわゆる「ポジポジ病」の発症です。

無駄なエントリーが増えれば当然ながら損失が増え、マイナスを取り返そうとすれば、さらにエントリーが増えていきます。最終的には1発で全ての損を取り返そうとして大ロットでのギャンブルトレードをするようになります。これでは破滅まで一直線です。

仕事や精神面にも悪影響が出る

仕事への悪影響

スキャルピングには中毒性があります。四六時中、FXのことが頭から離れなくなり、仕事にも支障をきたすようになります。仕事中にスマホでトレードするようになってしまえば相当の重症です。これでは仕事もうまくいくはずがありません。

サラリーマンの場合、本来はFXを「副業」や「投資」として活用すべきだと思うのですが、仕事が手に付かない状態になってしまうのであれば本末転倒です。

体調悪化の原因にもなる

仕事から帰宅後にもすぐにパソコンに向かい、適当にエントリーしてしまいます。少し勝つと「もう少し取れそうだな」と、結局負けるまでトレードを続け、逆に損切りになると「取り返さなければ」と考えて、さらにトレードを続けてしまうようになります。

結局どちらに転んでもパソコンから離れることができなくなり、夜中じゅうトレードし続けるような状態になってしまうのです。当然ですが、翌日の仕事にも悪い影響が出ます。そして、仕事が終われば、またぞろ「昨日の損を取り返す」などと考えて、また遅くまでスキャルピングを続けてしまうことになります。生活リズムがどんどんおかしくなって体調を壊し、やがて心も体も資金もボロボロになってしまいます。

初心者はスイングトレードを極めるべき

基本はスイングトレード

初心者がスキャルピングに手を出すと、猫道場主がそうであったような状況に陥る可能性が高まります。基本的に、昼間仕事をしている人にとって、スキャルピングは不向きなのです。初心者トレーダーは、まずはスイングトレードを極めるべきです。

・トレンドを読み間違える
・ポジポジ病になりやすい
・値動きに翻弄されやすい
・損小利大のトレードが身につかない

スイングトレードでトレードの基本を学び直すことによって、これらのスキャルピングの悪癖を一掃し、安定した結果を出すための基盤を作り上げるように精進しましょう。実際に猫道場主も、スキャルピングで大損をしたあと、トレードスタイルをスイングトレードにスイッチし、ポジポジ病を克復することができました。

スキャルピングの誘惑に惑わされるな

スキャルピングと聞くと「短時間のうちに簡単に利益が取れる」というイメージをもつ初心者がいるかもしれませんが、とんでもない話です。実際にやってみると、スキャルピングはものすごく難しいトレードスタイルであることがわかるはずです。取引方法が単純であることと、勝ちやすさとは関係がありません。それだけでなく、スキャルピングはポジポジ病などの悪癖がつきやすいのです。

まず初心者は、スイングトレードでしっかり結果を出せるようになるべきです。スキャルピングだけでなく、デイトレードについても、定職があるトレーダーには不向きであることを知りましょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP