仮想通貨の「キムチプレミアム」と「裁量取引」の可能性について

初心者を狙う罠

韓国では投資熱が強く、とりわけ仮想通貨の人気が沸騰しています。仮想通貨をめぐる詐欺事件も後を絶たず、2022年には仮想通貨「ルナ」の破綻が大きなニュースになりました。韓国の仮想通貨は他国と比較して価格が高くなるという特徴があり、この現象は「キムチプレミアム」と呼ばれています。
今回はキムチプレミアムの解説と、「裁量取引(アービトラージ)」を使った投資方法の可能性についても探っていきます。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

キムチプレミアムの背景

アジア通貨危機

自国経済を守るために、外国からの投資の水準や影響力を管理する対策として新興国で多くおこなわれているのが、海外からの資本制限政策です。韓国では、2008年に発生したアジア通貨危機のあと、経済の安定性を確保するために大規模な資本規制が強化されました。これにより、仮想通貨市場にも変化が生まれたのです。

韓国国内でビットコインの希少性が高まる

この規制強化によって、ビットコインなどの仮想通貨を大量に韓国国内に移動させることが難しくなり、手続きのための時間も多くかかるようになりました。
韓国では、市民経済の悪化によって、特定の世代に限らず一発逆転の投機熱を高めることとなり、ビットコインには希少性から韓国国内限定のプレミアがつくようになりました。この現象(キムチプレミアム)は2016年頃に初めて観測されました。それ以来、仮想通貨市場における注目すべき特徴となっています。

キムチプレミアムと裁量取引

裁量取引の可能性

韓国のビットコインの国内価格は一貫して国際価格を上回っています。そこで注目されているのが「裁定取引(アービトラージ)」という取引手法です。裁量取引とは、同じ商品の価格差を利用して、同量の売買によって利ザヤを稼ぐ手法です。韓国におけるビットコインの裁量取引には、このような手法が考えられます。

・ビットコインを韓国以外の国の取引所で購入して、韓国で売却して利益を得る

ところが、そもそも外国でビットコインを大量に買って韓国国内に持ち込むことが難しいのです。韓国人が外国で仮想通貨を購入するためには韓国ウォンを外貨に交換しなければならず、その際に関税を支払わなければなりません。このほかにも、手続きにも時間がかかることから、その間の価格変動性リスクも避けられません。

韓国居住外国人の存在

韓国人が国内で裁量取をすることが難しいことはわかりましたが、かつては、韓国在住の外国人が裁定取引をする際に非常に有利な時期がありました。
以前、韓国政府は韓国国内から中国への資金の流れが劇的に増加したことを発表しましたが、その要因のひとつが、韓国在住の中国人トレーダーがビットコインの裁量取引で利益を得ていたことが原因であるとしています。かれらは中国国内で人民元建てでビットコインを購入し、韓国で韓国ウォン建てで販売して利益を得ていたのです。
しかし現在は、外国人による韓国国内における仮想通貨取引が禁止され、このような取引は成立しなくなりました。

日本人が韓国法人を設立して裁量取引することは可能か

韓国のビットコイン価格は日本と比較して(20%)程度割高です。したがって、日本国内でビットコインを購入すると同時に、韓国で同量のビットコインを売却すれば、それだけで(20%)の収益が発生します。しかし、先述のように外国人による仮想通貨取引が禁止されてしまったので、この手法は成立しません。
それでは、個人ではなく韓国国内で法人を設立して裁量取引をおこなうことは不可能でしょうか。その場合の基本的なスキームは、以下のようになると考えられます。

1)韓国法人を設立し、法人名で韓国取引所に仮想通貨口座を開設する
2)日本でビットコインを購入する
3)購入したビットコインを韓国法人の口座に送金する
4)韓国でビットコインを売却し、ウォンで回収する
5)回収したウォンを円に換算して日本に送金する

このスキームは可能なように思えますが、結論としては、残念ながら成り立たないでしょう。その理由は韓国の「外為法」です。
韓国の外為法によると、法人が海外送金をおこなうためには、「貿易取引」「役務サービス取引」「資本取引」のいずれかがなければ認められません。ビットコインの裁量取引には資金の流れがあるだけで、その対価となるべき役務の提供が存在しないと解されるため、当該資金送金は外為法上認められないという解釈になるのです。つまり、法人がおこなう仮想通貨代金決済のための海外送金には「外為法違反」の疑いがかかることになります。

キムチプレミアムはこれからも続くのか

キムチプレミアムはこれからも続くと考えていいでしょう。最大の理由は、韓国では国際的な取引所へのアクセスが制限されているからです。国内における流通量が限定的である以上、需給バランスが平衡化することはなく、いつまでも国際価格との差は埋まらないのです。
そもそも、仮想通貨市場には韓国人気質が大きな影響を与えています。投資好き、バクチ好きという韓国人気質が変化しない限り、これからもキムチプレミアムは存在し続けるでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP