FX会社が提供するスプレッドが「原則固定」である理由を理解しよう

おススメのFX会社

FXトレードの基本用語である「スプレッド」について、本質を理解していない初心者が多いように感じています。通貨ペアを売買する際には、同じ通貨ペアでも買う時の価格と、売る時の価格が違うのですが、この価格差を「スプレッド」といいます。

今回は、スプレッドの変動のメカニズムを解説していきたいと思います。多くの国内のFX会社は固定スプレッドを提供していますが、その理由についての理解を深めることによって、トレードの幅も広がると思います。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

スプレッドとはなにか

外貨取引の際には、売るときの値段と買うときの値段が別々に設定されています。たとえば海外旅行に行くために空港に行くと、両替所に表示されている外貨価格の買値と売値の値が違うことに気がつくはずです。

FXにおいても売値(Bid)と買値(Ask)の差額が生じます。この差額がスプレッドです。基本的に、FXには取引手数料はないとされていますが、スプレッドはFXの実質的な手数料であるといえるでしょう。

スプレッドの表示単位

スプレッドの表示単位は2つあります。ひとつは「銭(1銭=0.01円)」という単位で、日本円を含んだ通貨ペアで使用されます。もうひとつが「pips(ピップス)」と呼ばれる単位です。円を含まない通貨ペアの場合のスプレッドは「pips」で示されます。

「pips」の計算方法

1pipsがいくらになるのかについては、通貨ペアによって異なります。たとえば(ドル/円)と(ユーロ/ドル)では以下のようになります。

(ドル/円) 1pips=0.01円(1銭)
(ユーロ/ドル) 1pips=0.0001ドル

初心者にとって「pips」の概念は理解しにくいかもしれません。添付の記事で理解を深めてください。

スプレッドが積み重なると無視できない

あるクロス円ペアの取引で、スプレッドが(10銭)の場合、100通貨の取引に対するコストは(10円)になり、1万通貨の取引であれば(1,000円)になります。微々たる額のように感じるかもしれませんが、実際のトレードでは通算10万通貨以上の売買をおこなうことも考えられるので、無視できる金額ではなくなります。

投資は日常生活の金銭感覚と違うので、取引のためのコストは忘れがちになります。ときどき振り返ってみて、自分のトレードの合計スプレッドを把握しておくことをおススメします。

FX会社が提供するスプレッド

スプレッドはFX会社によって異なります。外国為替市場のレートを基に、各社が独自に定めているからです。

スプレッドは原則固定されている

スプレッドには「固定スプレッド」と「変動スプレッド」がありますが、各FX会社は、原則的に固定スプレッドを提供し、各通貨ペアのスプレッドをウェブサイトで公開しています。「原則的に固定」とは、外国為替市場のレートにかかわらず、公開しているスプレッド以下にするという意味です。

国内の多くのFX会社は(ドル/円)のスプレッドを(0.2銭)で固定しています。(ドル/円)レートが変動しても、売値と買値の幅は(0.2銭)のまま、キープされています。

固定スプレッドの理由

外国為替市場(インターバンク市場)では、スプレッドはつねに変動しています。それにもかかわらず、固定スプレッドを提示できるのは、FX会社が変動スプレッド分のリスクを引き受けているからです。つまり企業努力です。

たとえば、国内のFX会社が提供する(ドル/円)のスプレッドは(0.2銭)という破格の低レベルに固定されています。日本国内の取引は(ドル/円)が圧倒的に多いため、FX会社間で顧客獲得のための価格競争がおこなわれました。その結果、スプレッドがこの低価格に落ち着いたというわけです。これとは逆に、マイナー通貨ペアでは競争原理が働きづらいので、各社のスプレッドにはかなりの差があります。

原則を外れるケースとは

ただし、「原則固定」というからには、原則から外れるケースもあり得ます。具体的には、次のようなケースで固定原則を外れてスプレッドが拡大します。

・不測の事態(戦争、クーデターなどの政変、国家のデフォルト、天変地異)
・市場の流動性が低下する状況(週頭や週末、年末年始、クリスマス休暇など)
・重要な経済指標が発表される時間帯

上掲のような不測の事態や相場急変が発生した際には、企業努力の範囲を超え、やむを得ずそのときだけはスプレッドが拡大してしまうのです。

FX口座選びの際の注目ポイント

スプレッドは単独ではわずかな金額ですが、取引を重ねていくうちに数千円、数万円と大きな金額になっていきます。したがって、マイナー通貨をトレードする場合は、狭いスプレッドを提供しているFX会社を選ぶことによって、費用を抑えることを検討しましょう。

ただし、猫道場がおススメする通貨ペアは(ドル/円)一択です。スプレッドの狭いFX会社を選ぶことが口座選びの基本ですが、(ドル/円)であれば、ほとんどのFX会社が(0.2銭)で同じなので、使い勝手や付帯サービスなど、スプレッド以外の条件によって有利な口座選びが可能になります。

例外的に発生するスプレッドの変動は、トレーダー側でコントロールできるものではありませんが、「このような可能性もある」という理解をしておくといいでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP