初心者トレーダーに知ってほしい草コインに投資する際の注意点

初心者を狙う罠

「保有している仮想通貨がもし1000倍に値上がりしたら」。このような妄想が現実に起こり得るかもしれないのが「草コイン」投資です。大儲けの誘惑の一方で、破綻するコインや詐欺コインにまつわる事件は後を絶ちません。2022年7月には、韓国産仮想通貨「ルナ」の破綻がニュースでも大きく取り上げられました。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

草コインとは

草コインの定義

草コインに正確な定義はありませんが、一般的には世の中にあまり知られておらず、時価総額が小さいアルトコインを草コインと呼んでいます。草コインは高騰すれば巨大な利益を得られる可能性がある一方で、流動性が低いために価格が乱高下したり、破綻するケースも散見します。草コイン投資は、ハイリスクハイリターンなのです。

2022年に大化けした草コイン

それでは2022年に大きく値を上げた2つの草コインを紹介します。

Green Satoshi Token (GST/グリーンサトシトークン)

GST」はMove to Earnゲーム「STEPN」の基軸通貨です。STEPNは全世界に67万人のユーザーを誇る人気ゲームで、GSTはゲームの中でプレイヤーが歩いたり走ったりすることでトークンを稼げる仕組みによって、人気を集めました。値動きは以下のような経由をたどっています。

・2022年12月23日⇒(117円)
・2022年1月6日⇒(310円)
・2022年4月29日⇒(1016円)

GSTは約4か月で10倍近い値上がりをしています。もっともこれ以降は、ルナ破綻などによる仮想通貨バブルが弾けたため、市場の低迷に影響される形で暴落しています。ゲームに早い段階で参入して売り抜けた人は、大きな先行者利益を獲得できたはずです。

Dogecoin (DOGE/ドージコイン)

ドージコイン」は、2013年につくられた「ミームコイン」です。ミームコインとは「ジョークのネタのコイン」という意味で、日本の柴犬「かぼすちゃん」がモデルとなっています。ドージコインを支持しているのは、SNSネイティブと呼ばれる若い世代です。

ドージコインを一躍人気コインに仕上げたのは、たびたびその言動で物議を醸しているイーロン・マスク氏の存在です。マスク氏はTwitter上でたびたびドージコインに言及しています。ドージコインによるテスラ社商品の決済を認める旨の発言などにより、ドージコインは2021年から爆発的な価格上昇を見せました。

・2021年12月21日⇒(0.49円)
・2022年5月7日⇒(74.68円)

約半年弱の期間に80倍もの値上がりを見せたドージコインでしたが、現在は、やはり仮想通貨市場全体の下落の影響で価格は下がってしまいました。ドージコインが気になるトレーダーは、マスク氏のツイートをチェックしてみるといいかもしれません。

草コインを見分ける視点

詐欺コインに注意しよう

草コインのなかには、ICO(仮想通貨新規発行)で多額の資金を集めたあと、音信不通となってしまうといった詐欺コインも存在します。詐欺コインを見分けるために必要な視点は、その目的が魅力のあるものかどうかという点です。

目的が仮想通貨の発展に関わるものや社会システムの課題解決などの目的であれば、多くの需要が見込める可能性がありますが、中身がよくわからないものは注意しましょう。

ホワイトペーパーで内容を確認する

草コインが健全なものかどうかについては、公式サイトや「ホワイトペーパー」で確認する方法があります。ホワイトペーパーには、仮想通貨の仕組みや技術的な内容が書かれています。

開発者情報を確認する

コインの開発者情報は非常に重要です。仮想通貨の開発者情報は公式サイトに記載され、通貨の目的や概要が詳しく記載されているはずです。しかし、怪しげな草コインの場合は、開発者情報の記載がないものや、情報が曖昧なものがあります。このような草コインは資金が集まらないだけでなく、実態のないものもあるので注意が必要です。

目的が多くの共感を得られるものを選ぶ

コインの目的が魅力のあるものかどうかも重要な視点です。開発プロジェクトが万人に理解できるものかどうかはコインの将来性にとって大きなキーポイントです。

仮想通貨は使われる目的や用途が明確でないと価値は上がりません。たとえば、ビットコインであれば「国際送金」、イーサリアムは「取引や契約のブロックチェーンによる自動化」など、開発用途が決まっています。

コミュニティ活動の有無を確かめる

コミュニティ活動がおこなわれているかどうかも、草コインの状況を見定めるための参考になります。コミュニティが形成されているということは、草コインの活動が活発におこなわれている証拠になります。直近の情報更新の様子を確認してみましょう。

草コインの稼ぎ方

草コインの6つの稼ぎ方

草コインに限りませんが、仮想通貨のトレードには以下の6つの類型があります。

現物投資 コインの値上がりで利益を狙う。短期保有と長期保有がある
レバレッジ取引 買い(ロング)も売り(ショート)も可能。
ポイントサイト 電子ポイントを仮想通貨に交換できる
積立投資 自動積立方式でリスクを抑えた投資が可能
貸仮想通貨 仮想通貨を貸して収益を得る。長期保有
POS通貨保有 仮想通貨を保有するだけでステーキング報酬を得られる

リスクを抑えた稼ぎ方

余剰資金で投資する

余剰資金とは、「最悪なくなってもいいお金」のことです。投資では100%勝てる保証はどこにもありません。生活費を削ったり、借金をしてまで投資をしてはいけません。あくまでも余剰資金の範囲で余裕を持った投資を心がけましょう。

損切りの徹底

損切り」は損失を拡大させないための基本的なテクニックです。適切な損切りをしなければ、大きな損益を受ける可能性があります。こうした事態を防ぐためにも、損切りは必ず入れるようにしなければなりません。

草コインの危険性を理解して投資しよう

仮想通貨は、うまくいけば購入価格から数百倍に跳ね上がる可能性もあります。国内仮想通貨取引所でレバレッジ100倍以上の取引はできないので、その魅力は無限大といえます。しかし、それと同等のハイリスクな投資であることも理解すべきです。

また、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの主要な仮想通貨はほとんどの取引所で購入できますが、ほとんどの草コインは国内取引所では購入できず、海外の取引所でしか購入できません。

草コイン投資は、うまくいけば小額でも爆発的な利益を得ることができます。ただし、プロジェクトが失敗すれば無価値になるリスクがあります。猫道場としてはあまりおススメできないのが実際のところです。それでも、どうしても草コインにチャレンジしたい場合は、最悪すべて失ってもいいという覚悟でおこなってください。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP