過去の猫道場主の「必負パターン」から初心者トレーダーに学んでほしいこと

初心者を狙う罠

FXは勝ったり負けたりしながらも、最終的にプラスを残すのが成功の秘訣です。とはいっても、事前にトレード結果がわかるわけでもないので、後になってから間違いに気づく場合が圧倒的に多いでしょう。これは、FXに限らず投資一般に共通した難しさです。

間違いのない真実はただひとつ、投資には必勝法は存在しないということです。その一方で、「必負」ともいえる失敗パターンは確実に存在します。

今回は、過去の猫道場主の痛恨の「必負パターン」を紹介し、初心者トレーダーには他山の石として学んでほしいと思います。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

痛恨の必負パターンはなぜ生まれるのか

痛恨の必負パターンのあと、改めて気づかされるのは、FXには必勝法はないかわりに「必敗法がある」という事実です。

ビギナー時代、猫道場主は、トレードにあたって「やってはいけないこと」を決め、それを守れば勝てることを心に誓って、実戦に臨みました。トレード初期においては、その誓いを実践できていたのですが、少し負けが続いたときや、ラッキーがたまたま重なって調子に乗るなどして、ルールを破るトレードを繰り返してしまいました。

これは猫道場主に限らず初心者一般に共通する現象です。要するに戦うロジックが固まらない状態にあるため、目の前の状況に動揺したり、安易に流されてしまうのです。これがFXトレードの怖いところであり、ほとんどの初心者が1年未満に市場から撤退する最大の理由だと思います。

過去の猫道場主の痛恨の必負パターン

恥ずかしながら、猫道場主の必負パターンを振り返ってみましょう。

難しい通貨ペアで取引してしまった

猫道場では度々「英ポンド」の取引の難しさを伝えていますが、実は、過去に猫道場主は(英ポンド/円)で、痛い目に遭った経験があります。

英ポンドは派手な動きで知られ、うまくいけば大きく稼げる可能性がありますが、初心者がチャレンジするのは難しい通貨です。しかし、初心者時代の猫道場主は、チャートを少し見て、「行ける!」と勝手に思い込み、まんまと殺人通貨英ポンドの罠にはまってしまいました。何度も手痛いロスカットを喰らい、一日で50万円以上失ったこともあります。

市場環境を広く見ることができなかった

トレード初期は、できるだけ複数の通貨ペアの動きを俯瞰して監視するように心がけていたのですが、実際にそれらの通貨ペアの相関性を確認するまでの分析力があるわけでもなく、(英ポンド/円)の激しい値動きが気が気でなくなり、ほかの通貨チャートは見なくなってしまいました。この時点ではもう、平常心を失っていたのでしょう。

損切りルールを途中で変えてしまった

当初は損切り幅を(10pips)で設定していましたが、値動きが大きい相場では、すぐに損切りポイントにひっかかってしまうので、損切りラインを(30pips)まで広げました。その結果、当然ながら損失はさらに拡大してしまいました。これが英ポンドから撤退するきっかけとなったのです。

リスクリワードを理解していなかった

リスクリワードのセオリーとして、損切りを(10pips)に設定する場合、利益が(20pips)以上とれる状況でなければ、取引はしてはいけません。損切りラインを(30pips)に拡大させた時点では、利益は(60pips)見込める状況でなければならないわけですが、当時はリスクワード理論も知らず、おそらくそのような大きなプラスが望める相場ではなかったと思われます。

残念ながら、エントリーした段階で、すでに負けが確定していたのです。

希望的観測で値動きを軽視していた

損切り幅を変えた理由は、「時間が経てば、そのうちもとの位置に収束する」という思い込みでした。確かに長期で見ればその可能性は大きいのですが、長時間ポジションを持っているうちに激しい値動きが起これば、証拠金不足となってロスカットされるリスクがあります。しかし、実際にロスカットされるまで、恥ずかしながらそのリスクを意識していませんでした。

ファンダメンタルズの事象を無視していた

当時は、経済ニュースにはまったく注目していませんでした。アメリカの重要な経済指標発表前後のトレードが危険であることすら知らず、ただチャート形状だけをみてエントリーしていました。

猫道場主の必負パターンから学んでほしいこと

あらためてビギナー時代のトレード履歴を振り返ってみると、「やってはいけない」ことをすれば「必敗」することがわかります。

初心者トレーダーには、ぜひこの必負パターンを参考にして、市場で長く戦えるテクニックを身に着けてほしいと思います。長く戦うことはかならず勝ちにつながります。

猫道場主も、FXを始めたときは「必敗法」をほとんど理解できていませんでした。現在でも、ときどき間違った道に流されそうになるときがありますが、それが危険あることを理解している分だけ、ビギナー当時と比べて大きな進歩です。自分自身も気を取り直して、前向きに取り組めたらと考えています。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP