納税トラブルにならないようにFXの収益に対する税金の仕組みを理解しよう

FXの基礎編

FXトレードは、先物取引やオプション、CFD(差金決済取引)などと同様に、利益の合算金額に対して税金がかかります。納税にあたっては、確定申告をする必要があります。今回は、FXの収益に対する税金の仕組みについてわかりやすく解説します。税制の仕組みを理解し、正しく納税しましょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FXに対する税金の内訳

国内のFX会社の場合

国内口座の場合、トレードの利益に対して(20.315%)の税金が課せられます。

・所得税⇒(15%)
・住民税⇒(5%)
・復興特別所得税⇒(0.315%) ※2013年1月1日~2037年12月31日限定

これらを合算した(20.315%)がFXトレードに対する税金です。給与所得とは異なり源泉徴収の制度がないので、利益が出た場合は「確定申告」をする必要があります。

国内のFX会社の場合、トレードの利益に対して「申告分離課税」という固定税率が設定されており、海外FXにおけるトレード収益に課せられる「累進課税」と比べて、優遇措置がされています。

海外FX会社の場合

海外のFX会社の場合は累進課税が適用されます。国内口座とは異なり、利益が大きくなればなるほど税率も上がっていきます。トレード利益は「雑所得扱い」となり、税率は最大で(55%)もの高率になります。

所得金額 税率(総合課税+住民税) 控除額
195万円以下 15% 0円
195万円超~330万円以下 20% 97,500円
330万円超~695万円以下 30% 427,500円
695万円超~900万円以下 33% 636,000円
900万円超~1,800万円以下 43% 1,536,000円
1,800万円超~4,000万円以下 50% 2,796,000円
4,000万円超 55% 4,796,000円

海外FXの場合は、利益が大きくなるにつれて税負担が重くなるというだけでなく、日本のFX口座との損益通算や損益繰り越しもできないというデメリットがあります。

FXトレーダーが法人化した場合

個人トレーダーが法人化すると、法人税と住民税が適用され、トレード収益は法人の所得として一括で課税されることになります。

法人税

法人税は法人形態によって税率が変わります。

・(年間所得800万円以下の法人)⇒(15%)
・(年間所得800万円以上の法人)⇒(23.2%)

住民税

法人には自治体ごとの住民税も加算されます。住民税は利益のおよそ(20~30%)となっています。

法人のメリット

個人と法人では、損失の繰越控除に関する取り扱いが異なります。個人では3年までしか認められませんが、法人の場合は最大9年間の繰越控除が認められています。他の事業との損益通算も可能なので、かりにFXで利益が出たとしても別事業の損失と相殺をすることが可能です。なお、赤字法人には法人税は課せられません。

確定申告をする際の注意点

年間のトレード収支を確認する

年間のトレード収支を計算して、確定申告の対象になるかどうかを確認しましょう。

サラリーマンの場合

FXの収益が以下の水準を超えた場合は、確定申告が必要です。

・FXの利益が年間20万円を超えた場合
・FXと給与所得以外の収入の合計が20万円を超えた場合
・FXの利益に関わらず、年間の給与所得が2,000万円を超えている場合

専業主婦、学生、フリーランスの場合

FXの収益が以下の水準を超えた場合は、確定申告が必要です。

・FXの利益が年間48万円を超えた場合
・個人事業主とフリーランスは、FXの利益に関わらず基本的に確定申告が必要

必要経費が認められることがある

課税対象となる「FXの利益」には、必要経費の除外が認められます。

・(FXに課せられる税金)=(収入-必要経費)×(20.315%)

つまり、費用の一部は必要経費として認められる可能性があります。その一部を紹介しましょう。

・電話代、インターネット代(プロバイダー料金)
・パソコン一式
・書籍代、新聞代(専門紙のみ。一般紙はNG)
・筆記用具、消耗品、プリンター、インク代(100,000円未満の物品)
・FXに関連するセミナーの参加費用
・FXのソフト(EA:自動売買プログラムなど)

これらは必要経費として認められる可能性があります。実際にどの項目が控除対象になるのかについては、事前に税理士か税務署に確認してください。

赤字の年でも確定申告すると得をすることがある

FXで利益が出ていなければ確定申告しなくても問題はないのですが、赤字の年にも確定申告をしておくと得をすることがあります。なぜなら、損失を確定申告しておくことによって、翌年から3年間繰越控除を受けることが可能だからです。今年の損失を翌年以降に繰越すことにより、たとえば翌年度に大きな所得を得た場合に課税対象額を少なくすることができます。なお、損失繰越の適用を受けるためには毎年確定申告をおこなう必要があります。

確定申告は絶対におこなうこと

税務署の管理は厳しくおこなわれているので、「申告しなくてもバレない」ということはありません。たとえば海外FX口座を利用している場合でも、日本に住んでいる以上、確定申告をしなければなりません。

面倒だからと、課税対象であるにも関わらず申告をせずに放置していると、悪質な所得隠しとみなされ、重加算税を課せられるだけでなく、最悪の場合、逮捕・起訴されてしまいます。このようなトラブルを避けるためには、収支が赤字の年でもかならず申告をする癖をつけておくといいでしょう。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP