初心者がテクニカル指標の組合せで勝率を高めることは可能か

テクニカル編

FXでは多くのトレーダーがテクニカル分析を活用しています。実際に利用されているテクニカル指標は千差万別ですが、インターネットや書籍などさまざまな場面では、複数の指標を組み合わせて成功率を高めることができるといわれています。

そこで今回は、初心者はどのように複数のテクニカル指標に向き合っていけばいいのか、わかりやすく解説します。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

なぜテクニカル指標の組合せが有効といわれているのか

テクニカル指標は、いずれもある一方向からの視点で相場の傾向を把握するアプローチであり、どんな場面でも機能する万能なテクニカル分析というものは存在しません。したがって、複数の視点から複層的に予測を立てる方法が有効であると考えられているわけです。

小さな落とし物を探す際に、一人ではなく複数人で協力したほうが見つかる確率が高まりますが、簡単にいうとそれと同じことです。

どのようなテクニカル分析を活用すべきか

メジャーな手法には多くの投資家が注目している

ネットでは「聖杯」といわれるような怪しげなツールが販売されていたりしますが、騙されてはいけません。冒頭でも紹介したように、どんな場面でも100%機能するような必勝法はありません。

テクニカル分析は過去のチャートから未来の値動きを予測する方法ですが、それを可能としているのはチャートが人の心理によって動くからです。メジャーな戦法は多くのトレーダーも注目しているので、その指標は機能する可能性が高まると考えられています。

テクニカル指標の特徴を把握する

テクニカル指標には大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」の2つの種類があります。トレンド系はトレンドの方向をわかりやすく表示したテクニカル指標で、オシレーター系は相場の中で「買われすぎ、売られすぎ」を判断する指標です。代表的な指標には以下のようなものがあります。

トレンド系 移動平均線・一目均衡表・ボリンジャーバンド
オシレーター系 RSI・MACD・ストキャスティクス

テクニカル分析の組合せは本当に有効なのか

多くのトレーダーは、テクニカル指標を2つ3つ、あるいはそれ以上の指数を複数組み合わせて利用しています。複数の指標を組み合わせて使うことを常識として解釈し、盲目的に実践しているトレーダーも少なくありません。

その指標のロジックを本当に理解しているか

複数のテクニカル指標を有効に組み合わせる前に、大前提として、それぞれの指標の「原理原則」をしっかりと理解しているかどうかが問われます。しかし、実際にテクニカル指標を組み合わせて利用しているトレーダーの大半は、本やインターネット、情報商材など、外部から得た情報だけを信じて、指標の原理原則をほぼ理解していないというのが実情だと思います。

理解していないものを組み合わせることの危険

多くのトレーダーは、最終的にチャート上に表示されるラインや曲線、数値などを目にする形でテクニカル指標を使っています。つまり「このチャートの形ならこうなる」といった結果論で活用しているに過ぎません。しかし、それ以前に、指標には一定の根拠があります。

たとえば、ボリンジャーバンドの計算式は以下のように示されます。

数学の高度な知識がなければ理解できないほど、大変複雑なものです。先立つひとつの指標の計算式の理解ですら困難なのに、さらに複数の指標の組合せを考えて、自分なりのロジックを構築する作業は可能なのかといえば、大いに疑問があります。

初心者が選ぶべきテクニカル手法とは

これと決めた方法を突き詰めるべき

結論からいえば、初心者トレーダーはひとつのテクニカル指標を追求して、相場を判断する力をつけるべきだと思います。

テクニカル指標を併用する場合、ただ組み合わせてトレードするのであれば難しいことでもありません。しかし、それが有効に機能するかどうかを検証する作業は容易ではありません。理論を理解せずに指標を適当に組み合わせて使っても、トレード結果は結果論でしかありません。「なぜ負けたのかわからない」という状況は、非常に危険な状態だと思います。

基本はトレンドフォロー

指標とは少し話題が離れますが、勝ち組トレーダーが必ずといっていいほど実践しているトレード方法は、トレンドの方向性に逆らわない「トレンドフォロー(順張り)」です。その意味では「移動平均線」などのシンプルなトレンド系指標がテクニカル指標の王道です。初心者が最初に採用すべき価値も充分あると思います。

指標が示すシグナルを無視してはいけない

FXで勝ち続けるために最も大切で、絶対に守るべき大原則は「シグナルがなくなったら必ず手仕舞う(損切り・利確)」ことです。テクニカル指標のシグナルをエントリーの基準とする以上、シグナルがなくなった時点に手仕舞うことが鉄則です。機械的にトレードをおこなうことが、テクニカルトレードを正常に機能させるポイントです。必ず実践してください。

信じた指標がうまくいかなくなったときは

ひとつの手法を続けていっても、なかなか成果が出ないこともあるでしょう。最初は機能していても、相場環境が変われば通用しなくなることもあります。上手くいかないと感じたら、思い切ってトレードを中断する勇気も必要です。そのうえで、あらためてトレード手法について学習し直し、現在の相場に合うと思われるあらたな手法にシフトしましょう。

トレードの中断は機会損失ではなく、勝てるトレーダーに成長するためのステップであることを自覚してください。


猫道場もランキングに参加しています。応援よろしくおねがいするにゃ!

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FX超初心者専科 猫道場 道場主H

FXトレードは知識や経験の差によって、結果に大きな差がでます。 多くの人が1年以内にトレードから撤退していますが、その原因の多くはやはり知識や経験の少なさによるものです。 FXはボードゲーム(将棋やチェスなど)に例えられることがあります。 どんなゲームでも基本が身についていなければ、相手に勝つことはできません。 孫子の兵法に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」という言葉があります。 戦いに勝つためには、まず相手のことを知らなければならないという意味です。 FXにおいて、みなさんが戦う相手は、「市場(しじょう)」という大きな敵です。 市場と戦うための知識の入り口として、ぜひこのサイトを役立てていただきたいのです。 そして、経験についてはトレードを積み重ねることによってしか得られません。 みなさんにはご自分の資力の範囲で、無理のないトレードを開始していただきたいと思います。 「はじめに」でも触れましたが、FXトレードは奥が深いものです。 将来の勝ち組を目指して、また、その過程で経験するであろうFXの怖さやワクワク感をぜひ堪能してほしいと思います。 どんなゲームにもビギナーズラックがありますが、そのような幸運は長くは続かないことを知り、くれぐれも丁半博打のような無謀なトレードをしないように気をつけてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP